困ったー

マインクラフト、ARK、ROBLOX、7 days to die、Meta Quest 2など、サンドボックス・クラフトゲームを中心に攻略紹介。

【7 days to die】電力の使い方 つながらない?

7 days to dieで電力の使い方です。最初はちょっとわかりにくかったですが、発電機でエネルギーを作り、配線ツールで電気製品をつなげていきます。

7 days to dieの電力の使い方

7 days to dieでは、電力と組み合わせることで迎撃武器を自動化することができます。

 

電力源

以下の方法で電力を作ります。

 

太陽充電バンク

 

太陽充電バンクは太陽が出ている間有効。

クリエイティブメニューでは「プレイヤーブロック>電化製品」で入手可能。

 

Eキー長押しで「開く」を選ぶと、スロットに「太陽電池」をセットできます。

「太陽電池」はクリエイティブメニューでは「アイテム>資源」で入手可能。

 

発電バンク

 

発電バンクは燃料を使って発電します。

クリエイティブメニューでは「プレイヤーブロック>電化製品」で入手可能。

 

Eキー長押しで「開く」を実行。

スロットに1つは「エンジン」を入れます。

「エンジン」はクリエイティブメニューでは「アイテム>資源」で入手可能。

「エンジン」が多いほど、発電出力が上がります。

 

「ガソリン缶」を持っている状態で「燃料補給」を押すとガスが追加されます。

「ガソリン缶」はクリエイティブメニューでは「アイテム>資源」または「アイテム弾薬」で入手可能。

あとは「オンにする」で開始します。



 

バッテリーバンク

バッテリーで動く発電です。

クリエイティブメニューでは「プレイヤーブロック>電化製品」で入手可能。

 

「車両用蓄電池」をセット。

「車両用蓄電池」は、はクリエイティブメニューでは「アイテム>資源」で入手可能。

 

あとは「オンにする」を実行します。



 

 

配線

つなぐには「配線ツール」を使います。

クリエイティブメニューでは「アイテム>道具」または「アイテム>科学」で入手可能。

 

「配線ツール」を持った状態で電力にフォーカスがあうと、ソケットのアイコンが出るので「右クリック」。

 

続けてつなぐ先にフォーカスがあると、コンセントのアイコンとなるので右クリック。

わかりやすいように電球で試します。

 

配線がつながると、電気の流れが黄色いラインで表示されます。

 

発電機からは出力が足りていれば、複数の電化製品につなぐことができます。

 

つながらない?

出ない場合は、発電機の出力が足りているかチェックしてみましょう。

 

また、発電機と電気製品の間が遠すぎると線が赤く表示されます。

 

 

こういう場合は「配線リレー」を使います。

クリエイティブメニューでは「プレイヤーブロック>電化製品」で入手可能。

 

一度発電機から「配線リレー」へつなぎ、「配線リレー」から電化製品へつなぎます。

 

「スイッチ」でオンオフできます。

クリエイティブメニューでは「プレイヤーブロック>電化製品」で入手可能。

 

「トリガープレート」はプレート上にのることでトリガーとなります。

クリエイティブメニューでは「プレイヤーブロック>電化製品」で入手可能。

 

「人感センサー」は気配を察知して動くトリガーになります。

クリエイティブメニューでは「プレイヤーブロック>トラップ」で入手可能。

 

 

 

7 days to dieの基本攻略はこちら。

apicodes.hatenablog.com

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ