困ったー

マインクラフト、ARK、ROBLOX、7 days to die、Meta Quest 2など、サンドボックス・クラフトゲームを中心に攻略紹介。

【Steam】トレーディングカード売買方法のまとめ

スチームではゲームでの実績に応じてバッジがアンロックされます。 またそれに伴ってカードをゲットすることができます。 カードは全部そろえてもいいですし、マーケットで販売してもOKです。 ここでは、カードの価格を調べるのに便利なサイトを紹介します。

トレーディングカードを売る

Steam Trading Cards

スチームでゲームを購入し、プレイします。  

 

するとゲーム実績に応じてトレーディングカードがもらえます。 このトレーディングカードは、全部集めてもいいですし、販売してもOK。   売るとスチームウォレットに入金され、ゲームの購入にも使えます。 

 

まずは自分のインベントリを確認します。

steam tradingcard     

 

カードなら右下に「販売」ボタンがあります。

steam tradingcard    

 

クリックすると、価格推移が見れます。 トレーディングカードは自由に値を付けられ、時価で売買されます。 そのため高く売れる場合もあれば、安く売れてしまって損した気分になることもあります。

steam tradingcard    

 

安値にするとすぐ売れます。   一方、すぐ売れなくてもいいから高く売りたい人は、売れている価格帯の高めのゾーンに設定しておくとよいでしょう。 価格を設定して「OK」で売りに出せます。

steam tradingcard      

 

売れていないときは、販売を取り下げたり、また売値を変更したりすることができます。   

 

トレーディングカードの価格を調べる

スチームトゥールズ

スチームトゥールズではカード価格の一覧を見ることができます。  

 

「Card Avg」の欄をクリックすると、平均価格順でソートされます。 昇順、降順を指定するには同じ場所をもう一度クリックしましょう。  

 

現在「Phantasmal」というゲームのカードが、45ドル、約5000円前後で取引されていることがわかります。 すごい額ですよね。   steam.tools   

スチームカードエクスチェンジ

このサイトも同様にゲームごとの価格をチェックできます。  

 

「Price」欄をクリックすると、価格順にリストを見ることができます。

 

やはりこちらでも高値は「Phantasmal」というゲームです。 http://www.steamcardexchange.net/index.php?badgeprices  

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ