困ったー

マインクラフト、ARK、ROBLOX、7 days to die、ディアブロ、necesse、Meta Quest 2など、サンドボックス・クラフトゲームを中心に攻略紹介。

今こそ聴きたいピートバーンズ(Dead Or Alive)!おすすめ10曲

ピートバーンズといえばデッドオアアライブで一躍スターになった伝説のボーカリスト。ただ後半は、「整形を繰り返すへんなおっさん」キャラとしても話題になりました。

ピートバーンズとは?

エヴォリューションDVD

Dead Or Aliveのボーカリスト。

 

「You Spin Me Round」は、日本でも大ヒット。そのルックスとハイエナジーな楽曲で一世を風靡しました。

 

2016年10月23日、急性心不全のため死去、57歳という若さでした。

 

 

ピートバーンズ(Dead Or Alive)!おすすめ10曲

ブレーク前

1978年にNightmares in Waxとして活動。アングラパンクといった感じです。

 

1980年にデッドオアアライブ(DOA)が結成。1984年ファーストアルバム「Sophisticated Boom Boom」。日本タイトルはなぜか「美醜の館」。

 

Black Leather

DOAの前身、Nightmares in Wax時代の作品。

 

この頃は、地下系パンク...といった感じの強くて荒々しいスタイルでした。

 

なぜか楽曲の後半にはThat’s the wayも入ったりしてアングラ的カオスに。

www.youtube.com

 

That’s the way

1984年リリース作品。

 

KC&ザ・サンシャイン・バンドをカバーし、Dead Or Aliveがうぶ声を上げたころの作品です。

 

DOAの存在が注目されるきっかけとなった作品です。

www.youtube.com

 

 

ブレーク期

1985年にストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースのセカンド「ユースクエイク」が世界的に大ヒットしました。

 

サードアルバムの「ブランド・ニュー・ラヴァー Mad, Bad, and Dangerous to Know」も成功し、日本でも武道館ライブが行われました。

 

ちなみにうちは2階席から楽しみました。

 

You Spin Me Round

ピートバーンズの活躍の場が世界に一気に広がった名曲。

 

大ヒットの秘密は、ピートの独特のビジュアルセンスや張りのあるボーカルにくわえ、ストック・エイトキン・ウォーターマンチームによるサウンドプロデュースにあると思います。

 

このチームはバナナラマの「ヴィーナス」、リックアストリー、カイリー・ミノーグなどと組んでヒット作を連発。

 

その秘訣は、わかりやすいメロディーと、ダンサブルで強烈なリズム。

 

この時代をもっともうまく表現したサウンドメイキングでした。

www.youtube.com

 

In Too Deep 

アルバム「ユースクエイク」収録曲。

 

ハイエナジーな曲が多い中、ミディアムテンポなポップなナンバーとしてシングルカット。UKチャートでも上位に入っています。

 

DOAの芸風の広さを感じさせる名曲です。

www.youtube.com

 

My Heart Goes Bang (Get Me to the Doctor) 

「ユースクエイク」収録曲。

 

ハイエナジーなのに超ポップ!で非常にキャッチーナ仕上がり。DOAファン以外にもお勧めできる作品です。

www.youtube.com

 

 

セルフプロデュース期

1988年はセルフプロデュース路線へ変更。

 

Nude、Fan the flameなどのアルバムをリリース。

 

楽曲は甘ったるいユーロディスコ的な曲が多くなりました。

 

個人的にはピートのボーカルはいいですが、アレンジはあまり好みではなかったです。

Turn Around and Count 2 Ten

ストックエイトキンらのプロデュース時代を終え、DOAがセルフプロデュースする路線へ舵を切ったアルバム「Nude」のシングルカット曲。

 

アレンジなどかなり気合の入った作品。

www.youtube.com

 

Sex Drive

1995年Nukleopatra収録作品。

 

ウィキを見るともともとは1994年にうたわれており、リミックス版が収録されたようです。

 

甘ったるいユーロディスコ路線が多かったDOA後期のなかにあって、非常にパワフルでハイエナジーなサウンドにリミックスされています。

www.youtube.com

 

 

後期

1990年代後半になるとピート・バーンズが過剰な整形手術・体調悪化などで停滞。

 

1995年はアルバム「Nukleopatra」、2000年は日本ファンとAvexの後押しで「Fragile」が製作されました。

 

そんなピートが再ブレークします。

 

きっかけは、テレビ番組で「整形を繰り返すへんなおっさん」キャラ。というのもピートは何度も何度も整形をしており、原形をとどめない?ほどになっていました。

 

日本でも 2010/09/08に海外番組を紹介するザ・ベストハウス123で取り上げられて話題となりました。

 

2021年はデッド・オア・アライヴの未発表アルバム「Fan the Flame (Pt. 2) [The Resurrection]」が発売。ファンにとっては、久々新作が聴けるといういい年になりました。

 

jack + jill party

2005年リリース。

 

楽曲提供はペットショップボーイズ(PSB)。

 

PSBらしいダークで渋いエレクトロポップですが、ピートの声と組み合わせるとインパクト強いです。

www.youtube.com

 

 

 

Hit And Run Lover

Avexが企画したアルバム「Fragile (2000年)」用の新曲。

 

FragileはDOAの過去名曲をリメイクするというコンセプトの作品でしたが、新曲がお披露目されたのがこの作品です。

 

まさにDOA全盛期の頃を思わせる、骨太なダンスソングに仕上がっています。

www.youtube.com

 

Tonight....

2021年、「Fan the Flame (Pt. 2)」としてリリースされました。

 

「Fan the Flame (Pt. 2)」は未発表曲を中心にまとめたもので、デッドオアアライブ後期の甘いユーロディスコといった芸風の仕上がりです。

 

これ以上ピートの新作がないかと思うと残念ではありますが...。

www.youtube.com

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ