困ったー

マインクラフト、ARK、ROBLOX、7 days to die、Meta Quest 2など、サンドボックス・クラフトゲームを中心に攻略紹介。

【SCUM】クラフトの仕方は?使いにくいわけは?

SCUMのクラフトの仕方はちょっと癖がつよいので、なるべくわかりやすくまとめてみました。

クラフトの仕方

アイテムを入手するには?

手順通り作る

アイテムを収集後、「服→布切れ→細い布切れ→即席ロープ」のように加工して作ります。

 

コマンドを使うと時短ですが、「実績」は反映されなくなります。

apicodes.hatenablog.com

 

お店で買う

セーフゾーンなどにお店があります。

 

こちらか購入可能。

 

メカニック屋さんでは車のパーツなども。

 

SALOON(サロン)では食べ物も。

 

救援物資を入手する

定期的に救援物資が来ます。

 

しかし鍵が!

 

クロウバーで強制的に出すか、ロックピック+ドライバーで鍵を解錠しないといけません。

 

銃やビールなど貴重なアイテムがたくさんみつかります。

ただし、残り26秒まで待てばアンロックされますが0秒で爆破されるので注意!

 

 

クラフトの手順は?

シェルターの制作手順でみていきましょう。

 

建物のクラフトは、先に設計図で完成予想図を作り、あとから素材を追加して完成させる手順となります。

 

まず「タブキー>Building」でしたのほうにShelterがあるのでクラフト。

 

それを置いたときに「青く」なる場所に設置します。

 

実はシェルターづくりはこれからが本番。

必要なアイテムが表示されるのでそれを投入してはじめて完成となります。

 

  • 小さい木の棒x6
  • 長い木の棒x10
  • 即席のロープx3束
  • 丸太

が必要です。

 

木の棒は茂みや木を切って、丸太は木を切って、

即席ロープは、服から布切れ、布切れから細い布切れ、細い布切れx5から即席のロープとなるので結構時間がかかります。

シェルターへもっていくとFキーで投入できます。

 

最後の1品を入れ終わると、このようにやっとシェルターが完成します。

 

 

SCUMクラフトが使いにくいわけは?

SCUMのクラフトが使いにくいポイントがわかれば、慣れやすいと思います。

 

周辺のアイテムが表示されます。

SCUMのインベントリは独特で、まだ持っていない周辺にあるアイテムも表示されます。

 

インベントリの上部で「周辺」とあるところに近くのアイテムが表示されます。

 

これはこのままクラフトで利用できるので、いちいち一度バックに入れる必要はありません。

 

ただ格納しなければ、その場に置いてきたことになります。場所を離れると利用できません。

 

アイテムは右クリックのメニューから実行します。

 

 

クラフト可能アイテムがわかりにくい

クラフトメニューですが、いまいち区分けがわかりにくいです。

 

「グレーですべてオフの表示」のものは、まだレベルが達していないので作れないことを表します。

 

「赤背景」のものは、「素材や道具がゼロ」。「オレンジ背景」のものは、「素材や道具の一部を所有している」ことを表します。

 

「灰色背景」のものが作成可能となっています。

 

 

アイテム作りに不足している素材がわかりにくい

クラフト可能アイテムを選択すると左側にレシピが出ます。

 

「材料」には必要な素材が、「所持品」には該当している素材が表示されます。

ただ不足している素材がぱっとみわかりにくいです。

 

また、左右ボタンがある場合代替可能な素材があることがわかります。

必要な素材がそろっていれば右下の「クラフト」ボタンから作成できます。

 

 

耐久度が低いとだめ?

素材がそろっていても作れない場合があるようです。

 

ネット情報によれば、素材の耐久度をチェック。極端に消耗しているものはだめかもしれません。

 

 

先にアイテムを指定してからメニューを実行する

火をおこす場合、先に火起こし棒を選択状態にしてからでないと「火をつける」メニューが実行できません。

 

このように「アイテムを先に選択状態にしてから〇〇」というのが多いので注意。

 

 

手順が多い

即席ロープを作るだけでも、「服→布切れ→細い布切れ→即席ロープ」と何度もステップを経る場合があります。

 

また、銃の場合には弾丸入手し、マガジンに装着し、それを銃にセット...となります。

 

このように何かをする場合に、いくつかステップが必要なケースがあります。

 

 

 

 

SCUMの攻略はこちら。

apicodes.hatenablog.com

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ