困ったー

マイクラ・フォートナイト・オキュラスで困ったことを調べたブログ

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Oculus Quest 2】ダウン・ザ・ラビットホールの序盤プレイ、感想は?

ダウン・ザ・ラビットホールは、オキュラスクエスト対応のVRアドベンチャーゲームです。不思議の国のアリスをモチーフにしたファンタジックな作品です。

ダウン・ザ・ラビットホールとは?

ルイスキャロルの不朽の名作「不思議の国のアリス」をモチーフにしたアドベンチャーゲームです。

 

比較的ストーリーは忠実に再現されており、わかりやすい物語展開となっています。

www.oculus.com

 

ダウン・ザ・ラビットホールの序盤プレイ

日本語対応されています。

f:id:apicode:20210116100021p:plain

 

ゲームスタート。アリスはスティックで移動できます。

展示施設のジオラマのようなサイズ感ですので、非常に見ていて楽しいです。

f:id:apicode:20210116100025p:plain

 

で、ウサギの穴に落下。ものによってはコントローラでタッチできます。

f:id:apicode:20210116100032p:plain

 

地面の根っこを使って舞台全体を移動できます。

f:id:apicode:20210116100037p:plain

 

会話モード?ではこのようにフルサイズの画面となります。移動はジオラマ調で酔わず、会話はフルモードで迫力があり...とメリハリが効いています。

f:id:apicode:20210116100042p:plain

 

最初は時計のパズル。周りのクローバーやハートなどの物体をいろいろと押してみましょう。

f:id:apicode:20210116100049p:plain

 

今度は時計の針をコントローラで動かしましょう。

f:id:apicode:20210116100102p:plain

 

近くの机の上にはランチ時間のスケジュール表を発見。カレンダーを見ると今日は月曜日のようだが...

f:id:apicode:20210116100056p:plain

 

各地に暗号で開ける箱があります。はたして。。

f:id:apicode:20210116100107p:plain

 

 

感想は?

ビジュアルデザイン、システムデザインとも非常にセンス良く作られている作品です。

 

移動はジオラマのなかで、会話ではフル画面で展開。VR酔いがないことと迫力があることとうまく両立したスタイルだと思います。

 

ヒントがないので謎解きが若干つまるところもありますが、総じて良質なアドベンチャーゲームに仕上がっていると思います。

 

マイナス点としては、ボリュームはやや短めです。

 

(更新)

とりあえずENDまでいきました。

 

途中いくつかわかりにくい箇所はありましたが、全般的なボリュームは短め。

 

ただし「招待状」を全部探すという趣向があるため、トータルではもうちょい長く遊べると思います。

 

ヒント機能があればよかったかなとは思いました。

 

フル攻略はこちら。

www.youtube.com

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ