困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

マイクラ攻略フォートナイトWin10DVDUSBPDFエクセル

【ピックスアーク】攻略!ゲームの進め方は?

ピックスアークも自由度の高い箱庭ゲームです。序盤にやっておくことややっておきたいことなどをまとめていきます。意外に操作はわかりにくいです。最初はステップを経ながらプレイして、徐々に慣れていきましょう。

😀ピックスアークの始め方

最初の始め方については以下にまとめてあります。

PC版はこちら。

【Windows 10】ピックスアークのレビュー 起動しない?音が鳴らない? - 困ったー

スイッチ版はこちら。

【任天堂スイッチ】ピックスアークのレビュー・操作一覧 - 困ったー

 

アイコンの意味は?

アイコンにはヘルスの残量など重要な情報があるため、これらの状態をチェックしながらゲームを進めたほうがよいでしょう。

f:id:apicode:20190620151521p:plain

体温の上昇を示します。上がりすぎると体に良くないので、水場を探してみずにつかることで体温を下げるといいです。

 

f:id:apicode:20190620151522p:plain

荷物の量?

 

f:id:apicode:20190620151524p:plain

水の量。減ってきたら水場へ行って水を飲みましょう。

 

f:id:apicode:20190620151527p:plain

食料の量。減ってきたらちゃんとお肉やベリーを食べましょう。

 

f:id:apicode:20190620151529p:plain

?

 

f:id:apicode:20190620151532p:plain

ヘルス。これがなくなると大変です。

少なくなったら、恐竜に襲われないような場所へ退避し、早めに食料を取ってしばし安静にしましょう。

慣れてきたら回復ポーションがあるといいかもしれません。

 

f:id:apicode:20190620151533p:plain

水に潜ったい場合にこの「肺」のアイコンが表示されます。

これは息がどれだけ続くかを表し、キレてしまえば溺れてしまいますので注意しましょう。

 

腐った肉を食べると体によくありません。

間違えて食べないように早め早めに処分しておきましょう。

f:id:apicode:20190622232104p:plain

 

 

レベルをあげる

経験値をどんどんあげて、いろんなものが作れるようにしていきましょう。

同時に、インベントリ(I)からアクセスし、増えたポイントを割り当てていきましょう。これによって好きな能力を強化していくことができます。

 

パラメータとしては、

  • 体力
  • スタミナ
  • 酸素量
  • 食料
  • 重量
  • ダメージ
  • 勇敢
  • 制作スピード
  • 移動速度

などがあります。

 

f:id:apicode:20190611212231p:plain

 

 

サバイバル重視なら体力スタミナを増強していきましょう。

食料もアップしておくと、これらの不足によるダメージを回避しやすくなります。

クラフトのウェートを高めるなら、重量を強化して持ち上げることができたり、制作スピードをアップさせていくのもいいかもしれません。

 

 

😀素材・食料を集める

序盤は素手でとれるアイテムを集め、そこから斧などの道具を作りましょう。

 

雑草は「わら」をとれます。 

f:id:apicode:20190611212205p:plain

 

小木は「繊維」や「ベリー」がとれます。 

f:id:apicode:20190611212217p:plain

 

木は何度かクリックすると粉砕して木材にできます。

f:id:apicode:20190611212503p:plain

 

スキャンする

スキャンすることで、どんな鉱石なのか調べることができます。

PCの場合素手の状態で右クリックをします。

f:id:apicode:20190715160855p:plain

 

 

道具を作る

「インベントリ>制作」で「木の斧」や「木のツルハシ」を作ります。

これで木材や鉱石を採取しやすくなります。

f:id:apicode:20190611213722p:plain

 

武器として最初は「木のこん棒」などを作っておきましょう。

f:id:apicode:20190611223857p:plain

 

 

肉をゲット

こん棒ができたら、弱そうな生き物をターゲットに攻撃しましょう。

f:id:apicode:20190611230709p:plain

 

倒した後はこのようにインベントリになります。

f:id:apicode:20190611230711p:plain

 

インベントリで「インベントリへアクセス」を実行します。

f:id:apicode:20190611230719p:plain

 

するとインベントリに含まれているアイテム(生肉)が表示されるので取得しましょう。

f:id:apicode:20190611230721p:plain


火をたいて肉を焼く

キャンプファイアを作り、肉を調理しましょう。

 

まずは制作で「キャンプファイヤー」を探し、「キャンプファイヤー」というアイテムを作ります。

f:id:apicode:20190611230014p:plain

 

作ったら地面に配置。

f:id:apicode:20190611225948p:plain


配置後に焚火のインベントリを開きます。

まずは燃料をセット。続いて「点火する」を実行します。

f:id:apicode:20190611225908p:plain

 

生肉があれば、焼けるお肉の種類が選択可能となっています。

では選んで焼いてみましょう。

f:id:apicode:20190611231054p:plain

 

焼き終わると、隣においしそうな焼き肉が完成。あとはそれをゲットして食べましょう。これでお腹も満腹になります。

f:id:apicode:20190611231056p:plain


 

😀銅や鉄

銅資源を取得

武器や工具はよりいいモノを作って作業効率を上げていきましょう。

木のピッケルで、岩石を採掘。

f:id:apicode:20190616211224p:plain

 

岩石から「石のピッケル」を作成。

 

次に「銅(カッパー)」が見つかったら「石のピッケル」で採掘。

f:id:apicode:20190616211228p:plain

 

精錬する

精錬設備を作ったら...

f:id:apicode:20190616213159p:plain

 

燃料を入れて点火。銅のインゴットやガラスなどを精錬することができます。

f:id:apicode:20190616213203p:plain

 

またエングラムで銅のピッケルや銅の剣などを作れるスキルをゲットしておきましょう。

f:id:apicode:20190616213207p:plain

 

作業台を作る

素材があり、エングラムを取得しただけでは銅製品は作れません。

まず「作業台」を作ります。

作業台は革や粘土などから作ります。

f:id:apicode:20190617222849p:plain

 

ちなみに粘土は水のあるところの下側にあります。

f:id:apicode:20190617223143p:plain


 作業台のインベントリへアクセス。

銅のインゴットや木材が足りていれば、これで銅のピッケルを作ることができます。

f:id:apicode:20190617222950p:plain

 

😀アタッチメントを作る

服を強化することで倒されにくい状態を作りましょう。

アイテムをクラフトしたらインベントリで割り当てます。

f:id:apicode:20190715161130p:plain

 

ヘルメット

ヘルメットは頭部を守ります。

便利なアイテムとしては、ライト付きヘルメットがあります。

これは巻きなどの材料をくべなくても、常時ライトがついてくれるため夜間の行動には頼もしいアイテムです。早めに作れるようになると便利です。

f:id:apicode:20190715155845p:plain

 

 

😀拠点を作る

拠点づくりは大事です。

拠点には集めた物資を置いたり、マーキングして地図からも場所がすぐわかるようにしたりして活動しやすくしましょう。

 

家を作る

マイクラのように取得した木材を自由に配置する...というわけではありません。

ピックアークでは、床・壁・天井ごとにパーツを作る必要があります。

最初は藁か木材で「木の床」パーツを作成し、配置します。

f:id:apicode:20190616201636p:plain

 

床ができたら「木の壁」を作って配置していきます。

f:id:apicode:20190616201708p:plain

 

「木のドア」を作ったら、壁の合間に配置します。

置いたドアはEキーで開いたり閉じたりできます。

これで恐竜さんとかが勝手に入ってくる危険性はなくなります。

f:id:apicode:20190616201754p:plain

 

 

明かりを作る

松明は火打石と木材から作ることができます。

夜間はアイテムとして手に持っておくと周りが明るくなります。

f:id:apicode:20190616201420p:plain

 

粘土があれば、壁掛けの松明が作れるようになります。

 

 

ベッド

ベッドはマイクラのように寝る...という感じではなさそうです。

復活ポイントにはなるようです。

木材、わら、革で作りましょう。

f:id:apicode:20190616211033p:plain

 

収納する

収納箱を作っておくとアイテムのストックに便利です。

作ったら地面に配置しましょう。

f:id:apicode:20190611213852p:plain

 

場所がわかるようにする

チェックマークを作ることで、地図上からも位置を確認できるようにすると、戻るときに便利です。

 

レベルがあがって作れるようになったら「チェックマーク」を製作します。

f:id:apicode:20190612170657p:plain

 

地面に置きます。

f:id:apicode:20190612170659p:plain


マップボタンを押して地図上からも確認してみるとよいでしょう。 

 

 

😀テイムする

テイムすると、恐竜たちを飼いならすことができます。

クエストでも「フィオミア」という恐竜をテイムするよう指示が出てますので、テイムしてみましょう。

 

テイムする

「フィオミア」はこんなやつ。スロットの最後に紫ベリーをセット。

さらにEキーでテイムを実行すると...

f:id:apicode:20190616203555p:plain

 

名前を付けてペットにできます。

f:id:apicode:20190616203723p:plain

 

テイム後はTキーでフォロー、Uキーで指示を支持できます。

Tキー長押しで円形メニューを出すこともできます。

f:id:apicode:20190623123439p:plain

 

恐竜にサドルを付けて乗る

ペット可したら背中に乗ることができます。

 

乗るためのサドルが必要なので作りましょう。

 

サドルを作るには「わら」と「革」が必要です。「革」は、恐竜を倒し、さらに肉を斧でたたいて分解することで入手できます。 

f:id:apicode:20190616204002p:plain

 

サドル作りの注意点は、 恐竜別に必要なサドルが異なる点です。

例えばフィオミア用なら「サドル(フィオミア)」というサドルを作ります。

f:id:apicode:20190616204035p:plain

 

できたらサドルをフィオミアのスロットにセットすれば装着されます。

f:id:apicode:20190616204004p:plain

 

これで無事乗っかることができるようになりました。

快適!快適!...といっても遅いですが。

f:id:apicode:20190616204006p:plain

 

 

 

肉食恐竜

肉食恐竜もテイムできます。

とはいえ、襲ってきますので普通に接触すると大変です。

 

そこで「ねむり矢」などでいったん気絶を失わせます。

その状態でエサをインベントリに与えてテイムしてみましょう。

f:id:apicode:20190622232024p:plain




😀さらに探索する

コマンドを使う

コマンドを使うと、効率よくいろんなアイテムを入手したり、いろんな場所へテレポートしたりできます。

短時間でピックスアークの世界をみてまわるならぜひコマンドは使いたいものです。

【ピックスアーク】コマンド一覧 おすすめは? - 困ったー

 

MODを使う

MODを使うことで面白いアイテムを入手したりできます。

【ピックスアーク】Modを使うには?おすすめModは? - 困ったー

 

いろんなサーバを訪問する

ピックスアークは、ARKやマイクラ同様プライベートなサーバを立ち上げることができます。 

公式マルチだといろんな人がいますので、内輪だけで遊んだり、相性のいいプライベートなサーバを見つけてみるのもよいでしょう。

【ピックスアーク】サーバー一覧 おすすめは? - 困ったー


PixARK(ピックスアーク) -Switch
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 5,179*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア
このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 ご利用にあたっては、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとしますん。あらかじめご了承ください。