餓鬼人(がきじん)

ゲーム、グルメ、気になる人物

【STEAM】Inside the Backrooms 日本語化は?感想は?

Inside the Backroomsは、インディ系のホラー作品。VRにも対応しています。

Inside the Backroomsとは?

インディ系のホラー作品です。

 

おそらく元ネタは、ユーチューブで大ヒットしたホラーのショートムービー。

www.youtube.com

 

ゲームはVRデモプレイ可能。PCでも遊べます。

store.steampowered.com

 

日本語化は?

いまのところ日本語対応していません。

 

ただユーザの評価にもあるように、なんとかプレイはできるレベル。

 

そんなにストーリーを文字説明で追うような作品ではありません。

 

MODは?

WeMODが対応しています。

 

体力やスタミナ無限、移動速度の変更などが可能となります。

Inside the Backrooms PC向けのチートとTrainer - WeMod

 

 

Inside the Backroomsの序盤プレイ

メニュー・設定

協力プレイにも対応しているようです。

 

設定は言語選択はないようです。

 

でははじめてみましょう。

 

ゲームプレイ

仕事中にうたた寝してたら...

 

気づくとガラーンとしたフロアに。

 

矢印を追っていくと、

 

はしごが!Eキーで登ります。

 

するとアイテムのある部屋に。

 

Eキーで取得。Iキーでインベントリが見れます。

 

アーモンド水もあります。

 

通路に出ると番号の書かれた柱が。。。

 

4つ押すと反応するので、4桁の数字をおすみたい。

 

近くにヒントの紙があります。そういえば、1,2,3,4の柱の裏には#マークが。

数字の順番に、その反対側の柱の番号を並べると.....。

 

 

 

全攻略はこちら。

www.youtube.com

 

 

感想は?

内容以前に歩くと、こちらの想定外の視点移動が多発。おそらく不安と恐怖の心理状態を表現したものだとは思いますが、かなり3D酔いしやすいです。PCでこれだと、VRはもっときついかもしれません。

(最初は動作おかしかったですが、2度めは大丈夫でした)

 

謎解き要素もあったりして、メリハリは効いてます。

 

 

無料、有料含め、いろんなバックルームゲームのおすすめはこちら。

apicodes.hatenablog.com

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ