困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

コロナ対策 |  Teams |  エクセル |  VisualStudio | 

スポンサーリンク


【Steam】Dream Car Builderのレビュー 感想は?

Dream Car Builder(ドリームカー・ビルダー)は、その名の通り夢の車を自分で作れるというサンドボックスゲームです。 レースで稼ぎながらカスタマイズする以外に、好きなだけつくれるサンドボックスモードがあるので、乗り物作りだけでも遊びやすいです。

Dream Car Builderとは?

パソコン用のサンドボックスゲームです。   タイトルからもわかるように乗り物を実際に作ることができるゲームです。 乗り物は、いろんな支柱やタイヤなどを自分好みにカスタマイズでき、自由度は高めです。

 

Dream Car Builderの使い方

起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20181007170327j:plain  

「サンドボックスモード」を選ぶと、すべてのパーツがコインなしで利用可能となります。

f:id:apicode:20181007170330j:plain 

エディタ

こちらがエディタ画面。

上にある車のアイコンをクリックしてカメラ視点の向きを切り替えることができます。

f:id:apicode:20181007170332j:plain  

あとはフレームの支点を自由に移動したり、タイヤを追加したりして車を編集していきます。 f:id:apicode:20181007170335j:plain  

エディタの操作の感じはこんな感じ。 youtu.be 

シミュレーション

実際に作った車を走らせましょう。 通常のPCゲームのようにWASDキーで進行方向を制御できます。 f:id:apicode:20181007170345j:plain  

レース画面をキャプチャしたのがこちら。 www.youtube.com   

3Dインポート?

ツイッターを見ていたら、ブレンダーで作ったデータをドリームカービルダーへ取り込んでいる人もいました。

 OBJファイルならいけるようです。  

幅が広がってよさそうです。

 

Dream Car Builderの感想

乗り物が作れるゲームタイトルのなかでは、乗り物づくりが結構楽しめるタイプの作品だと思います。  

 

操作性はまずまずで、支柱の移動ではオートでシンメトリックに移動できたりして細かいところの使い勝手もいいです。  

 

マイナス点としては、現段階ではマルチプレイヤーに対応していないのが残念なところ。作った車のアップロードなどにもぜひ対応してほしいものです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ