困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

マイクラ攻略フォートナイトDVDUSBPDFエクセル2020

イーデザインの自動車保険 更新で爆上げの理由は?

うちは昨年より自動車保険をネット専用格安へと切り替えました。半額とまではいかないものの、大きく保険料が下がったのでよかったです。

更新時期がきたのでみてみたらなんとかなり値上がりしてました。理由をいろいろ調べたのでまとめていきます。

イーデザインは更新時から爆上げ?

Car Accident 063


今まで東京海上日動で自動車保険に入っていたのですが、昨年よりイーデザインへ切り替えました。

 

イーデザインはネット保険であり、従来の自動車保険よりはかなり保険料を下げることができます。

 

保険比較サイトを使って調べたところ、最安値なのはS社でした。

が、あまり安すぎてサービスが限定的すぎるのもいやだな...などいろいろ検討。

 

イーデザインなら今まで使ってきた東京海上日動のグループ企業であることの安心感もあります。

そこで最終的にはイーデザインへ依頼しました。

 

更新手続きについて

更新についてはメールおよびハガキによる通知が送られてきたため、時期については把握しやすいと思います。

 

また更新日の45日前ならば、500円さらに早期割引が適用されます。

金額は多くはありませんが、それでもさっさと更新しておけばお得です。

 

更新自体は、ネット上で完結します。

契約内容を変更しない場合は、現在の自動車の距離を入れ直す作業がある程度です。

 

イーデザイン更新費用の推移

さて、イーデザインにしてから初めての更新です。

事故は起こしておらず、条件も変更していませんでした。

 

しかし価格をみてみると、なんと約16%も上昇しています。

 

500円、1000円あがった...ぐらいならそんなでもないかなとは思います。

保険は年間分一括払いです。その16%ですから予想外に高い印象です。

 

日本の年間インフレ率は黒田バズーカをいくらうとうが増えず、0.98%です。日本のインフレ率の16倍もの値上がりということになります。

 

(更新2019/10)

この記事を書いてから1年(記事移転のため投稿日時とは異なります)。

更新のハガキが来ました。

前回同様ぐらいの価格が目安として書かれていたのでひとまず安心です。

 

で、再度ログインしてみて試算してみると...

 

な、なん、な、なんと14%アップでした(条件変更は無です)。

 

他社へ移行しようかと思いましたが、そうなるとこの記事の続きが書けなくなります。

 

ということで(?)泣く泣く更新することにします。

 

果たして来年は何パーセントの上昇なのでしょうか。

 

こうなってくるとある意味自虐的な楽しみしかありません。

 

 

 

他のネット自動車保険も更新で爆上げする?

調べてみるとイーデザインでも以下のようなツイートがあります。

爆上げするケースは他の人でもあるようです。

 

 

このような更新時の大幅値上げはイーデザインに限ったことではありません。

ある方はS社の自動車保険を利用していて更新時に20%近くも増えていたようです。

参考:

自動車保険の更新のお知らせ…。事故がないのに値上がりしたので見直しました。 - *フクロウと出納帳*

 

まさか初年度はめちゃくちゃ安くしておいて、あとは殿様商売でがっつり上げていき....ってことはないでしょうね、各社さん。 

 

 

 

なぜ自動車保険更新料は爆上げする?

Modeling networks as connection surfaces

まずはイーデザインへ問い合わせです。

 

イーデザインにはチャット機能があるため、その場で「条件が変わってないのに価格が上がっている理由」について聞いてみました。

 

残念ながらチャットでは、オペレータは契約内容を直接見ることはできないとのことでした。

 

イーデザインで用意されている以下のページを紹介するにとどまりました。

 

https://www.edsp.co.jp/faq/search_direct01Detail.asp?id=196

f:id:apicode:20181022150641j:plain

 

このページによると、保険料が上がるのは以下のケースがあるとのことです。

 

事故を起こした

この場合、ドライバーの評価が下がるため保険料が上がることになります。

今回は起こしていません

 

条件変更

車自体が変更されたり、運転手が変更など、保険の前提条件の変更で値上げとなる場合があります。

今回は変更ありません

 

契約の前年走行距離区

走行距離が大きく増えた場合、値上げ対象となる場合があります。

今回はそういうことはありません。

 

新車割引

新車の場合に適用されていた割引が適用外となるため、保険料が上がる場合があります。

うちの車はもう新車ではないので今回はあてはまりません

 

「料率クラス」変更

自動車に適用される保険区分が変更されるケースです。

上記に当てはまらないということは、今回はこの料率変更がすべてと考えられます。

 

 

保険料自体の改定

保険料自体は定期的に見直されるためそもそもの保険料産出額が変更された可能性はあります。

 

「増加する保険金支払額」などのファクターによって、保険料自体は値上げされるケースがあるようです。

参考:

自動車保険の値上げが続く理由と対処法 | 自動車保険 オリコン顧客満足度ランキング

 

運転者が29歳以下または70歳以上の契約では保険料が高くなる可能性があるようです。

今回はうちは対象外ですが。

参考:うちの自動車保険が更新で値上がりした理由を調べてみた。 | 元保険会社社員が明かす得する自動車保険選び

 

 

「初年度は下げておいてから次年度はあげるぼったくりのようなシステム」でない...と仮定すれば、「保険料自体が値上がった」ということではないかと思われます。

 

であれば、その旨を通知してくれればこのようなモヤモヤ感にはなりません。

 

ブラックボックス化されている点でユーザとしては納得がいかない部分が多々あります。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 ご利用にあたっては、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとしますん。あらかじめご了承ください。