困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

コロナ対策 |  Teams |  ARK |  Satisfactory |  フォートナイト

スポンサーリンク


Deathgarden: BLOODHARVESTの序盤プレイ 感想は?

「Deathgarden: BLOODHARVEST」は、マルチプレイヤー対戦のネットゲーム。1人で複数人を追いかけて倒すというスタイルです。 フリープレイ提供中なのでお試ししてみました。

「Deathgarden: BLOODHARVEST」とは?

f:id:apicode:20190825092227p:plain   鬼ごっこ系のオンラインマルチプレイヤーゲームです。  

 

ユーザはハンター、または逃げ回るスカベンジャーに分かれます。 ハンターは時間内に5名すべてを倒すことがゴールです。  

 

一方逃亡者側は、各地にある血を集めて血の塔に送ることで脱出ポートを開かせるべく動き回ります。 時間内に脱出できれば逃亡チームの勝ちとなります。     

 

「Deathgarden: BLOODHARVEST」の始め方

オンライン対戦

マッチメイキングの画面でEボタン長押しで参加します。 f:id:apicode:20190825092306p:plain  

最初のロビー?ではカスタム用の商人たちもいます。 f:id:apicode:20190825092310p:plain

 

でマッチが終わるといよいよ対戦開始!今回はハンターです。 f:id:apicode:20190825092324p:plain   こ

の塔に血が集まると脱出ゲートが開きます。 f:id:apicode:20190825101554p:plain  

スカベンジャーたちはこの血のスポットから血を集めて塔へおくります。 f:id:apicode:20190825101602p:plain  

この赤いのがエネルギー回復のようです。 E長押しで発動。 f:id:apicode:20190825092328p:plain  

バンバン打ってたら弾切れに。 この黄色いのが弾の補充っぽいです。E長押しでセットします。 f:id:apicode:20190825092337p:plain  

またハンター用にドローン?があって、発動するとその付近のスカベンジャーがすぐわかるようになるっぽいです。 f:id:apicode:20190825101619p:plain  

というまに血が十分集まると塔が脱出地として稼働します。 しかしここからが勝負。こうなると相手の姿はすべて赤で表示されるので見つけやすくなるからです。 少しでも倒してゲーマーとしての意地をみせましょう! f:id:apicode:20190825101627p:plain

 

で、まけちゃいました...。 f:id:apicode:20190825092341p:plain 

捕まえるテクは?

ハンターとしてプレイしましたが、敵を見つけるのは結構手間取りました。  

 

よくよくチュートリアル動画を見てみるとハンター用の技が用意されていました。   こりゃ知っててやらんとなかなか捕まえられません。  

 

動画によれば、各地にはドローンが設置されています。 これをまず発動させることでドローン付近のスカベンジャーが見つかりやすくなるようです。  

 

弾倉やヘルスの箱をハックする技もあるようです。 ハックした補給ポイントをスカベンジャーが利用すると、赤いマーキングがスカベンジャーにほどこされるようになります。   左アルトでスーパーチャージが可能。スタミナがあるうちは動作が快適ですから、敵を見つけたら使ってみましょう。  

また、近くに敵がいる場合にはQキーで電気ショックをかますこともできます。

www.youtube.com 

操作

Qを押すと電磁ショック?左アルトキーでスタミナがあるうちは俊敏に動きます。  

移動:WASD

がかむ:左コントロール

走る:左シフト

スペース:ジャンプ  

E:アクション

攻撃:左マウスボタン

狙い:右マウスボタン

武器切り替え:マウスホイール

ボルトショット:1,2   コ

ミュニケーション:Q

エモート:矢印キー

プッシュトゥトーク:Z

スコアボード:タブ

パネル切り替え:N

f:id:apicode:20190825092231p:plain f:id:apicode:20190825092238p:plain f:id:apicode:20190825092243p:plain 

感想は?

2018年リリースの作品で、マッチングの待ち時間は結構かかりました。    

 

この辺はネット対戦ゲームのジレンマで、人が多いとマッチがはかどり好循環となります。 逆に人がすくないとマッチ成立が大変で、余計ユーザ離れを招いてしまいます。   悪くはないゲームですので、BOTの組み合わせみたいなことでマッチを改善してくれてもいいのかなとは思いました。      

 

ルールは比較的シンプルなのですが、アナウンスは英語です。

やはり日本語になってくれるとプレイしやすいと思います。    

 

改善してほしい点はいろいろありますが、個人的には好きなタイプの作品です。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ