ヒット商品ブログ

グルメからゲームまで

【中国株】中国共産党大会と株価のアノマリーは?

中国共産党全国代表大会は5年に一度開催されます。大会では、共産党のトップを選出します。

現在は習近平さんが2期務めており、通例2期までとされていた慣例を打ち破っていよいよ3期目選出となりました。

ここでは大会の開催年と投資パフォーマンスの関係などを調べてみました。

中国共産党全国代表大会とは

MG Motor UK Limited - Lowhill Lane, Longbridge - Chinese flag
MG Motor UK Limited - Lowhill Lane, Longbridge - Chinese flag / ell brown

中国共産党全国代表大会は5年に一度開催される中国政治の一大イベントです。

 

アメリカで言えば大統領選挙に匹敵するものといえるでしょう。

 

 

1997年第十五回全国代表大会、

2002年第十六回全国代表大会、

2007年、第十七回全国代表大会、

2012年第十八回全国代表大会、

2017年第十九回全国代表大会

...と開催されています。

 

胡錦涛さん引退に伴い、2012年からは習近平さんがトップに選出。 通例2期という制約を打破し、2022年には習さんが3期目に入りました。

 

 

全人代とは?違いは?

毎年3月に開催され、日本でいう国会のような位置づけです。

 

「全人代」は毎年開催されています。

 

 

 

中国共産党大会アノマリーは?

中国共産党大会の年のパフォーマンス

こちらの記事によれば、党大会の年は平均の年よりは株価パフォーマンスはいいとされています。

全人代と中国共産党大会の違いと株価への影響、今年の注目議題 | F-Style Magazine

 

 

上海のインデックスを見てみると以下のようになります。

 

2002年の終値 1357.654053 17.5%

2007年の終値 5261.560059 96.7%

2012年の終値 2269.12793 3.2%

2017年の終値 3307.172119 6.6%

 

 

サンプルは少ないですが、中国の躍進は21世紀以降ですから、あまり前の年だと参考にならなかもしれません。

 

おおむねプラスな年が多いです。

 

 

中国共産党大会から1年目のパフォーマンス

2003年の終値 1497.043945 10.3%

2008年の終値 1820.805054 -65.4%

2013年の終値 2115.978027 -6.7%

2018年の終値 2493.895996 -24.6%

 

2008年はすさまじい暴落となりました。リーマンショックなどがありましたので、一概に中国だけの経済事情とはいえません。

 

ただ過去の傾向を見るとマイナスの年が多いです。

 

 

中国共産党大会から2年目のパフォーマンス

1999年の終値 1366.579956 19.2%

2004年の終値 1266.495972 -15.4%

2009年の終値 3277.138916 80.0%

2014年の終値 3234.677002 52.9%

2019年の終値 3050.124023 22.3%

 

総じてパフォーマンスはいいです。

 

なんか関係あるんでしょうか。

 

 

中国共産党大会から3年めのパフォーマンス

2000年の終値 2073.477051 51.7%

2005年の終値 1161.057007 -8.3%

2010年の終値 2808.076904 -14.3%

2015年の終値 3539.181885 9.4%

 

プラス2マイナス2と半々です。

 

 

中国共産党大会から4年めのパフォーマンス

2001年の終値 1645.970947 -20.6%

2006年の終値 2675.474121 130.4%

2011年の終値 2199.416992 -21.7%

2016年の終値 3103.636963 -12.3%

 

4年目、つまり党大会からは前年にあたる年となります。

2006年はプラスでしたが、意外に?マイナスの年が多いです。

 

ちなみに執筆時の来年にあたる2021年がこの前年の年となります。

 

サンプル数は少ないですが、2022年は党大会開催の年となり、いいパフォーマンスが期待できるかもしれません。

 

 

中国株、季節のアノマリーは?

中国株の月次リターンを見てみると、5月、6月、8月など初夏からはパフォーマンスが悪く、比較的欧米の季節性サイクルに近いのかなという印象です。

 

(ただインドは9月は高く、何か別の要因があるようにも思います。)

 

1月はインドや中国とも下げ、7月は中国やインドともかなりの上げとなっています。

 

中国で1月といえば、中国のお正月である春節の時期となります。

 

1月下旬の時期が春節となり、その時期は大型連休となります。

 

当然春節に向けて、民族大移動が始まります。

 

そこで、ある程度春節が始まる前に利益を確定する...ということが多いのかもしれません。

 

中国株であれば、1月の安値を狙っていくのも手かもしれませんね。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ