困ったー

マイクラ・フォートナイト・オキュラスで困ったことを調べたブログ

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【任天堂スイッチ】Dead Cellsの始め方・感想は?

「Dead Cells」は、スイッチ対応のインディーズゲームです。ローグライクなシステム、何度死んでも楽しい仕掛けなど非常に評判のいい作品。

実際プレイしてみて、思った以上にはまれるゲームでした。

Dead Cellsとは?

f:id:apicode:20190101092102j:plain

スイッチ版もリリースされたインディーズゲームです。

「ローグライトとメトロイドヴァニアを合わせたアクションゲーム」とされ、何度死んでも復活。少しづつアイテムや強化要素していくと、倒せなかった相手を倒せるようになります。

 

Dead Cellsの操作方法

Bでジャンプ。

f:id:apicode:20190101092129j:plain

 

プライマリ(第一)の武器はYにアサインされています。

左下にL,Y,X,ZL,ZRへ配置されたアイテムが確認できます。

f:id:apicode:20190101092126j:plain

 

Rでドアをあけます。

f:id:apicode:20190101092119j:plain

 

ジャンプ技はよく使うので慣れておきましょう。

Bボタンを連打で通常より高い場所へ移動できます。

f:id:apicode:20190101092116j:plain

 

会話もこのように日本語化されており、プレイには支障はまずないでしょう。

f:id:apicode:20190101092112j:plain

 

武器のカスタム化はもちろんのこと、「変異」といったカスタム化も可能です。

「変異」では、ダメージやクールダウンの時のパラメータが変化されます。

f:id:apicode:20190101092137j:plain

 

f:id:apicode:20190101092139j:plain

 

所持しているセルを使って、死亡時のマイナス要素を打ち消していくこともできます。

これで何度死んでも安心?になります。

f:id:apicode:20190101092141j:plain

 

戦っていくと、死亡してセルをなくしたりします。

しかしすぐ復活するので安心です。

f:id:apicode:20190101092133j:plain

 

Dead Cellsの感想は?

グラフィックはオールドスタイルなので、それほど見栄えがいいというわけではありません。

 

しかし、武器の配置や強化・カスタム化要素が非常に使いやすくなっています。

いくらカスタム化要素が面白くても使うのを覚えるのが大変だと興ざめしてしまいますが、本作はそのようなことはありません。

 

死んでもやり直しがききますし、どんどん強くなっていくのは結構快感です。はまる人が多いのも納得です。

 

価格的にそんなに高くないですし、ニトリでなくても「お値段以上」と思わせる作品になっています。


Dead Cells|オンラインコード版【Nintendo Switch 年末年始インディーゲーム スタンプカードキャン
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 2,186*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ