困ったー

マイクラ・フォートナイト・オキュラスで困ったことを調べたブログ

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Oculus Quest 2】VR音楽作成「Virtuoso」のレビュー

Virtuosoは、VR空間で3Dオブジェクトを操りながら音楽を奏でるアプリです。

Virtuosoとは?

Virtuosoは、オキュラスクエストでプレイできる音楽アプリです。

AppLab(審査未完了)作品ですがストアから無料でダウンロードできます。

Oculus Questの「Virtuoso」 | Oculus

 

Virtuosoの使い方 

起動するとこんな感じ。色遣いはSynthRidersっぽいです。

f:id:apicode:20210314202711p:plain

 

Yボタンを押しっぱなしでメニューが出ます。ここから楽器を選びます。

f:id:apicode:20210314202655p:plain

 

こちらはドラムセット。両手のバチでたたきます。

f:id:apicode:20210314202719p:plain

 

こっちはハープ風の物体。場所によって音色が変わります。

Effectをセットすると、ビブラートの激しい変わった音色になります。

f:id:apicode:20210314202627p:plain

 

これも位置によって音色が変わります。高さや左右だけでなく、奥行きでも変化。

f:id:apicode:20210314202634p:plain

 

こちらは水槽のような物体。こちらも場所によって音色が変わります。

f:id:apicode:20210314202649p:plain

 

ループのアイテムを取り出すと、音色をループ録音できます。

RECORDにして、別の楽器を出しておいて音色を奏でるとループされたときには自動で再生されます。

f:id:apicode:20210314202659p:plain

 

感想は?

Virtuosoは無料アプリなので、今後有料化されるかどうかはわかりません。

が、VR空間の面白い音楽玩具...といった感じで遊びやすいです。

 

現時点では英語表記のみ。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ