困ったー

政治・経済から野球・ゲームまで困ったことを調べたブログ

政治・経済からゲーム・野球まで、困ったことを調べたブログ。

スポンサーリンク


河野太郎の名言・失言のまとめ

次期総裁候補として注目されている河野太郎さんの名言・失言をまとめてみました。

河野太郎の名ツィート

Taro Kono & Yukiya Amano (01911020)

ツイッターの達人でもある河野さんの神ツィート。

洒落た返しのセンスがいいですね。

 

こ、これは、まさに、こ、こいずみ...

 

2chみたいなかえしですね。ひょっとしてちゃねらー?

 

人生相談も。

 

 

河野太郎の名言

「ブラック化した霞が関をホワイト化すると号令を掛けたが、気が付いたら自分の足元が一番ブラックだった」

Blacks

労働改革、3密回避など言ってる割に、実は足元が...ということ。意外にわかってない政治家が多いですけどね。

「足元が一番ブラック」 河野行革担当相、直属部署の仕事増を反省 - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

 

 

「自分で言うのもなんですけど、言っちゃいますけど、やはり河野太郎でなかったらここまで来なかっただろうと正直、思っています」

Superman

総裁選へむけていろんなインタビューでワクチン行政について自画自賛。

ただ、実際にかなり突破されてはいるんで、これはこれでいんじゃないでしょうか。

ワクチン行政を自画自賛「河野太郎でなかったら…」 - 産経ニュース (sankei.com)

 

 

「これから人口が減る我が国で人のぬくもりを大切にしていくためには、デジタル化やオンライン化で省人化を進めたり、人がやらなくてもよいことはロボットやAIに任せていかなければなりません。」

robot

DX化をすすめる意義についてブログで解説しています。

DXがめざすもの | 衆議院議員 河野太郎公式サイト (taro.org)

 

 

「日本を前に進める」

総裁選立候補のキャッチフレーズ。

 

 

「ドリアンと言われている...『丸くしたい』という人はいるかもしれないが、主張するところは主張する」

Centra Food Market 320 Bayfield Street Unit M101 Barrie Ontario L4M 3C1 Canada

仲間から硬いとげに覆われているドリアン呼ばわりされていることを紹介。

自らのたとえとして使っているところは面白いですね。

河野太郎氏、自らを「ドリアン」と表現 周囲との調和にも言及 | 毎日新聞

 

 

 

河野太郎の失言

「お答えは差し控えたい」

Making the front page !

領土問題への質問についてこのワードを繰り返し連発したことに対して。

「質問を無視したかのように 反省しおわびを申し上げたい」河野外相 | 注目の発言集 | NHK政治マガジン

 

 

「私はよく地元で雨男と言われました。私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」

Rainman

不快な思いをされた方へ謝罪をしています。

河野防衛相が「雨男」発言を謝罪 「不快な思いを」:朝日新聞デジタル

 

 

「恐らく10月のどこかで行う」

hand

解散は首相の特権であり、軽々しくそれいについて言及したことを謝罪しました。

河野防衛相、解散「恐らく10月」 新内閣発足直後 米シンクタンクのイベントで | 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

 

「日本語わかる奴、出せよ!」

河野さんに向けての文春砲で、官僚に対するパワハラだとしてリークしたもの。

音声はユーチューブでも公開されています。

 

ただこれをパワハラだとする人と、官僚とのやりとりではこのぐらいやらないと変えていけない!ととる人と温度差はあるようにも思います。

《総裁選出馬表明》河野太郎大臣パワハラ“音声公開” 官僚に怒鳴り声で「日本語わかる奴、出せよ!」と… | 文春オンライン (bunshun.jp)

 

 

「堂々とブロックします」

ツイッターのブロック機能は、今後もするとして。

ブロック機能を使うのはいかがなものか、という声も一部にあります。

河野太郎氏「堂々とブロックします」 ネット番組で宣言:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

 

「国会で説明責任を果たすのは政府だから、政高党低でないと困る」

自民部会を軽視した発言をしたとして陳謝。「不適切だったと反省している。おわびして訂正したい」としました。

河野氏、「不適切」発言を陳謝 自民部会を軽視:時事ドットコム

 

 

「メディアは反省して」

テレビでの質問が安直だったことに対して。

河野氏「メディアは反省して」 「政治家としてどうか」と野田氏:時事ドットコム (jiji.com)

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ