困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

コロナ対策 |  Teams |  エクセル |  VisualStudio | 

スポンサーリンク


GeForce NOWの始め方 フォートナイトはプレイできる?評判は?

GeForce NOWは、nVidiaのクラウドゲーミングサービスです。ゲームはネット上でレンダリングされて送られるなど、インストール不要でプレイできるのが特徴です。

スマホでの利用テストも始まっています。一般化してくると、アプリのインストールしたり、ゲームデータの受信待ちなどの不便さが解消されそうです。

GeForce NOWとは?

f:id:apicode:20200302132042p:plain

nVidiaのクラウドゲーミングサービスです。

 

日本ではソフトバンクと提携しており、ソフトバンクIDでのテストプレイが許可されると利用可能となるようです。

 

「GeForce NOW (TM) Powered by SoftBank」クローズドベータテストに登録し、利用可能となったため早速試してみました。

 

 

GeForce NOWの始め方

アプリ版は以下となります。 
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nvidia.geforcenow

 

PC版は以下よりソフトをダウンロードします。

https://cloudgaming.mb.softbank.jp/download/

 

PC版を起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20200302133003p:plain

 

ログイン

ソフトバンクからテスト参加IDが作れていればログインできます。

f:id:apicode:20200302133005p:plain

 

では入ってみましょう。

f:id:apicode:20200302133012p:plain

 

メールが登録できない?

アカウント登録ではメール登録が必要です。

f:id:apicode:20200302133019p:plain

 

ただし既にnVidiaに登録したメアドだとNGでした。違うメールアドレスを使ったほうがよさそうです。

f:id:apicode:20200302133024p:plain

 

ゲーム

まずはゲームを探してライブラリに追加します。

f:id:apicode:20200302133321p:plain

 

基本的には自分があらかじめ購入したゲームをプレイするということになります。

f:id:apicode:20200302133322p:plain

 

フォートナイト

なので無料ゲームとしてあったフォートナイトを試してみます。

f:id:apicode:20200302144047p:plain

 

実行すると最初にネットワーク分析が始まります。

f:id:apicode:20200302144052p:plain

 

結果、あまり早くないようということになり、「スタッター(カクツキ)の発生や待ち時間が長くなる可能性があります」と出ます。

f:id:apicode:20200302144058p:plain

 

が、とりあえず続けられます。

f:id:apicode:20200302144103p:plain

 

最初はEPICランチャーのログインからです。

f:id:apicode:20200302144106p:plain

 

で、やっとフォトナがスタート。無事遊べました。

f:id:apicode:20200302144134p:plain

 

アンインストールしてからフォートナイト 

クラウドゲーミングといいつつ、実はすでにいんすとーるされてるフォートナイトが起動したんじゃないの?と思ったのでうちのPCからフォートナイトをアンインストールします。

 

で、アクセスするとちゃんとプレイできました。

フォートナイトのインストールはそれなりに時間がかかりますから、ちゃんとクラウドから配信されていることが確認できました。

f:id:apicode:20200302144159p:plain

 

STEAMゲームは?

ゲームが起動すると、STEAMログインから開始になります。

おそらくSTEAMで購入しているゲームはそのままGeForce上でプレイ出来るのではないかと思います。

 

操作が一定時間ないと終了となります。

f:id:apicode:20200302144112p:plain

 

 

評判は?

通信環境にも左右されるため、FPS(ファーストパーソンシューティング)のようなリアルタイム対戦で’数秒の遅れが命取りとなるものは厳しいかもしれません。

 

しかし最近のゲームはインストールベースで50GBぐらいするのがいくつもあります。こうなるとSSDにいれきれず、遅いHDDで我慢ということもあります。

フォートナイトなどのようにシーズンごとにインストールが起きるのも面倒です。

 

クラウドゲーミングならその辺の不満は解消できるように思います。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ