困ったー

政治・経済から野球・ゲームまで困ったことを調べたブログ

政治・経済からゲーム・野球まで、困ったことを調べたブログ。

スポンサーリンク


【任天堂スイッチ】アガルタエスの始め方 感想は?

「アガルタエス」は、箱庭性のあるパズルゲームです。画面デザインはレトロな8ビット風の作品ですが、プレイしている感覚は今っぽいです。

アガルタエスとは?

ドット1つ1つが物理属性を持っている本格的なサンドボックスゲーム。

例えば水のドットであれば下に隙間があればどんどんしみこんでいくことになります。

 

基本はステージごとに出口まで到達すればOkというパズルゲームに仕上げられています。

 

  • 価格:990円
  • メーカー:メビウス
  • サイズ:237MB

 

アガルタエスの始め方

起動するとこんな感じ。

わざとこういうレトロな洋風ゲームのデザインになっていると思います。

英語メニューですが、中の説明などはちゃんと日本語になっていますのでプレイは大丈夫だと思います。

 

「START」で開始。

f:id:apicode:20190101200219j:plain

 

ステージセレクト(STAGE SELECT)で、ステージを選択します。

f:id:apicode:20190101200223j:plain

 

石板のところを通るとこのように説明文が出てきます。

これ1つ1つがチュートリアルとなります。

f:id:apicode:20190101200225j:plain

 

操作はBdeジャンプ、Yで攻撃をします。

Yで土を粉砕して掘り進んでいくことができます。

ゴール地点まで到達すればクリアとなります。

f:id:apicode:20190101200228j:plain

 

ステージが進んでいくと、こんな大きな敵?も登場します。

f:id:apicode:20190101200238j:plain

 

Yボタンで攻撃。Aで時々浮上して息継ぎをしましょう。

 

黒い水は石油。LやRで武器を切り替え、燃やして進みましょう。

 

 

アガルタエスの感想

自由度が高そうで、マイクラやテラリアなどのサンドボックス大好きなうちからすると個人的には好きなラインの作品です。

 

 

ただし横方向に砂場を破壊しても、そのまま通り抜けられません。

ちょい上のブロックをも壊したりしないといけません。

このようなちょっとした面倒くささが、プレイの爽快感をなくしている気がします。

 

武器の弾数制限があったり、敵が出てきてすぐやられたり...と箱庭を楽しむことよりは昔ながらの何度もやり直してクリアするゲーム...という要素が強いのがちょっともったいないかなと思いました。

 

 

ただし価格は安いですし、ディスクサイズもそんなにとりません。

気になる人は、とりあえずプレイしてみてもいいのでは...とは思います。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ