困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

コロナ対策 |  Teams |  ARK |  Satisfactory |  フォートナイト

スポンサーリンク


【ワード】目次のついたPDFを作るには?

ワードでは見出しを設定して目次のついた文書を作ることができます。PDFにエクスポートした場合、目次機能や目次からのリンクはそのままPDFのほうにも適用されるため、目次付きPDFを作るのは結構簡単です。

目次のついたPDFを作るには?

Index

ワードで作成したドキュメントはPDFとして出力することができます。

 

ワードで目次機能を使って目次を文書に入れてからPDFにエクスポートすると、ちゃんと目次もPDF文書として機能します。

目次を挿入する

目次を入れるには「参考資料」のリボンのところの「目次」を使います。

目次から「自動作成の目次」を選ぶと...

f:id:apicode:20200730141204p:plain

 

以下のように「スタイルの適用」を進められますが...

f:id:apicode:20200730141205p:plain

 

目次の部分が文書へ挿入されます。ただし、まだ作ってないので「目次項目が見つかりません」と出てしまいます。

f:id:apicode:20200730141209p:plain

 

見出しを設定する

特定の行を見出し行として設定するには「参考資料」のリボンにある「テキストの追加」から行えます。

文字を選択してから、レベル1、レベル2などの設定をします。

f:id:apicode:20200730141211p:plain

 

設定すると黒いぽっちがつきます。

f:id:apicode:20200730141214p:plain

 

目次を更新する

これだけでは目次には反映されていません。

目次の部分を選びクリックすると「目次の更新」というボタンが出てきます。

f:id:apicode:20200730141217p:plain

 

「更新」を実行すると、無事目次に反映されました。

f:id:apicode:20200730141219p:plain

 

PDFにする

では、目次のついた状態でPDFにできるか試してみます。

PDFにするには「エクスポート」から「PDFドキュメントの作成」を実行します。

f:id:apicode:20200730144217p:plain

 

作ったPDFを見ると無事目次も入っています。

また目次内の行をクリックすると自動でその先のページへ移動してくれました。

f:id:apicode:20200730141222p:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ