困ったー[ゲーム攻略]

マインクラフト、ARK、ROBLOX、7 days to die、Meta Quest 2など、サンドボックス・クラフトゲームを中心に攻略紹介。

【Netflix】ウヨンウ弁護士が完結!メイキング・裏話は?シーズン2の考察など

Netflixの最近のドラマでは傑出してよかったのが「ウ・ヨンウ弁護士」もの。自閉症スペクトラムの主人公が、裁判や、そして恋愛に励む姿は、面白さや感動を運んでくれました。全16エピソードが終わったので、感想やシーズン2への期待をまとめてみました。

ウ・ヨンウ弁護士完了!感想は?

ホーム - Netflix

感想

「ウヨンウ弁護士は天才肌(Extraordinary Attorney Woo)」は、今年のネトフリの韓ドラでは「今日わたしたちの学校では」「未成年裁判」などと並んで「ついつい一気に見てしまうドラマ」でした。

 

自閉症スペクトラムという難しい役どころをパク・ウンビンが熱演。やりすぎると同症状人を馬鹿にしているのかと捉えられかねない難しいところですが、しっかりやりきっているのが印象的です。

 

制作陣はドラマ「恋慕」が終了するまで本作の制作を1年も待ったそうですが、そのかいがあったことは誰もが認めるところでしょう。

 

また、法廷ドラマとしては、法律の盲点をついて見事に逆転。法定者としても非常に見応えがある作品担っていたと思います。

 

ヒューマンドラマとしても、上司や同僚との葛藤、ジュノ氏との恋愛の行方など、いくつもテーマがうまく消化されて行った印象でした。

 

www.youtube.com

 

マイナス点としては、韓ドラのフォーマットにあわせたために1話がやっぱり個人的には長いなあという点は否めません。ま、これは多少しょうがないところなんでしょうけど。

 

個人的にはネガティブなポイントはそれぐらい。

 

 

ネットの評判

ネトフリの国内ドラマランクでもここんところはずっと1位ですし、肯定意見のほうが多いんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

メイキング・裏話は?

ちなみにシーズン1は撮影8ヶ月だそうで、シーズン2が決まったとしてもそれなりに製作期間はかかるのでしょう。

 

撮影現場は和気あいあい。

www.youtube.com

 

演出は「浪漫ドクターキム・サブ」などをてがけたユ・インシク(Yu In-sik)。

 

本作がこんなに評価されるとは想定していなかったそうです。最初の視聴率は0.9%。しかし、第8話では13.1%にもなりました。

 

ちなみに最終話は17.5%。

Director, writer of 'Extraordinary Attorney Woo' dumbfounded by drama's success | Yonhap News Agency (yna.co.kr)

 

脚本は「無垢なる証人」などを手掛けたムン・ジウォン。

 

インタビューでは、この成功のおかげで「連絡してくる人が増えた」と話しています。

 

本作誕生のきっかけは、制作会社から「映画『無垢の証人』のジウが大人になったら弁護士になれると思うか、そんな話がドラマ化されたら面白いのでは」というところからはじまったそうです。

Director, writer of 'Extraordinary Attorney Woo' dumbfounded by drama's success | Yonhap News Agency (yna.co.kr)

 

 

シーズン2はある?

これだけいいドラマだとシーズン2にも期待してしまいます。

 

シーズン2情報は流石にまだないだろう....と思っていたらありました。

 

 

制作会社によれば、2024年にはシーズン2は作りたい意向としています。

 

とはいえ、そのための調整は大変になりそうです。

 

シーズン2が決まったとしたら、その場合には現行のキャスト、監督、脚本家、制作チームのかなりの部分は維持されるようにしたいとしています。

“Extraordinary Attorney Woo” In Discussions For Season 2 | Soompi

 

 

 

ちなみに主役のパク・ウンビンは次回作を決めるために本格的な台本の検討を始めたところだそうです。

 

本作の人気もずば抜けており、多方面からオファーが殺到中とのこと。

 

ひょっとすると当分シーズン2の時間を作るのも難しいかもしれませんね。

ファン急増中!パク・ウンビン、ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」の大ヒットでオファーが殺到…驚きの出演料とは(Kstyle) - Yahoo!ニュース

 

 

 

シーズン2考察ですが、以下ネタバレあるのであけます。

 

 

 

 

 

 

 

シーズン1では、あまりシーズン2へつながる前フリが少ないのが惜しいです。

 

長官をめざしていたテスミは断念へ追い込まれ、ハンバダ代表のハン・ソニョンの思惑は達成されました。

 

クォン・ミヌとチェ・スヨンの同僚コンビもいい感じになってます。

 

なによりもウヨンウとジュノは復縁してしまっています!

 

 

 

可能性としては、ハンバダとテサンとの大手法律事務所の対立は続くのかなというぐらいでしょうか。

 

シーズン2でも法律ものとしてのフォーマットは引き続き期待したいので、今度はウヨンウとジュノの新婚生活・子育て?の葛藤や、嫌味な弁護士スンジュンが上司となって苦労するとかでしょうか。

 

いっそ、ハンバダが日本事務所を開設し、舞台を日本にして展開してもらうと新味があっていいかもですね。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ