困ったー

困ったことを調べたブログ

【Windows10】ウィンドウズ・ディフェンダーのまとめ これで十分?定義エラーの場合は?

ウィンドウズにはウィンドウズディフェンダーというアンチウィルスソフトが入っています。他のウィルスソフトを入れなくも大丈夫でしょうか。もしくは入れた方がいいのでしょうか。

 

ディフェンダーとは?

Female Soldiers of the Field Intelligence Corps Train

ウィンドウズではディフェンダーというセキュリティアプリが初期状態から搭載されています。

最近では「セキュリティはディフェンダーだけで十分」といったブログ記事が話題となりました。

以前は頼りなかったディフェンダーですが、ずいぶん改良されてきており、確かにこれで十分となりつつあるかもしれません。

 

 

起動する

スタートメニューでWの項目へ移動すると「Windows Defender セキュリティセンター」というのがあります。

それをクリックすると起動します。

f:id:apicode:20170331095218p:plain

 

 起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20170331095900p:plain

 

ウィルスと脅威の防止

こちらではディフェンダーのスキャンの履歴が見れるようです。

そのためディフェンダーをオンにしておく必要があると思います。

f:id:apicode:20170331095907p:plain

 

デバイスのパフォーマンスと正常性

こちらはウィンドウズのOSやハードウェアまわりの状態が確認できます。

最近うちではウィンドウズアップデートすると止まるので更新できていません。そのためWindows Updateがxになっています。xはわかるので更新できるようちゃんとしてくださいw。

f:id:apicode:20170331100037p:plain

 

ファイアウォールとネットワーク保護

ファイアウォールの状態が確認できます。うちでは特に設定していません。

不具合の場合にはトラブルシューティングツールを使って調べましょう。

f:id:apicode:20170331100342p:plain

 

 アプリとブラウザーコントロール

ウェブサイトやウィンドウズストアでのアプリやファイルのダウンロード時の処理を設定できます。

 

例えばエッジを利用時にはスマートスクリーンによる警告がよく出ます。

ここではブロックするか、警告するか、オフにするか設定できます。

「安全であることがわかっているのに警告がうるさい」...という場合にはオフにすることもできます。

f:id:apicode:20170408091359p:plain

 

ファミリのオプション

家族(ファミリー)のアカウント管理です。

f:id:apicode:20170331100608p:plain

 

ただし設定を押すと、マイクロソフトのアカウントサイトへ移動してから設定を行うようです。

f:id:apicode:20170331100603p:plain

 

設定

サイドバーの下にある歯車アイコンで設定を開きます。

こちらでは、ディフェンダーやファイアウォールでの通知機能のオンオフが設定できるようです。

f:id:apicode:20170331100738p:plain

 

ウィンドウズ・ディフェンダーで十分?

ウィンドウズディフェンダーは無料ですし、ウィンドウズには標準でついてきます。

 

もうほかの会社のアンチウイルスをいれなくても大丈夫なのでしょうか。

 

実際のところ、いくつもアンチウィルスを入れると結果的にパソコンの動作・パフォーマンスへ影響します。

というのも随時(アプリインストール、ネット閲覧時)ウィルスをチェックするわけですから、それが2つも3つもあると無駄な動作が増えることになります。

 

AV-Testという評価サイトがいろいろ性能をしらべたところ、ディフェンダーは15製品中7位となりました。

(上位にはカスペルスキー、トレンドマイクロ、McAfeeなど)

 

しかし動作パフォーマンスは低かったものの、肝心の保護自体はよかったようです。

 

この結果からすると、ディフェンダーだけでもそろそろ十分なのかなという気もしないでもないです。

 

参考:

「Windows Defender」は低評価?--MSがウイルス対策ソフト比較テストの結果を検証 - ZDNet Japan

 

 

ウィンドウズディフェンダーでフリーズ?

スキャンをかけるとフリーズするといったケースが報告されています。

 

イメージをチェックする

ディフェンダーはウィンドウズイメージで提供されるため、ディフェンダーが正しく入っているか確認するためにはコマンドプロンプトを管理者から実行し、「sfc /scannow」で問題がないか確認しましょう。

 

定義ファイルをリフレッシュする

コマンドプロンプトを管理者で実行します。

cdコマンドなどで以下へ移動します。

「C:\Program Files\Windows Defender\」

以下のコマンドを入れて実行します。

「MpCmdRun.exe –removedefinition」

f:id:apicode:20161105162733p:plain

処理が「Done!」になるまでしばし待ちます。

 

参考:Fix: Problems While Scanning in Windows Defender (Windows 8.1/10)

 

 

定義の更新の不具合

定義ファイルをアップデートできない?

ウィンドウズアップデートで「ディフェンダーの定義(KB2267602)」があるにもかかわらず、実行すると更新できないといことが起きています。

 

対策としては、コマンドプロンプトを起動。ディフェンダーのディレクトリへ移動し、MpCmdRun.exeから定義の消去のコマンドを実行するとよいようです。

実行コマンドは以下となります。

cd C:\Program Files\Windows Defender

MpCmdRun.exe -RemoveDefinitions -All

 

ただしうちではエラーとなり、消去できていません。

参考:

【0x80070643】Windows Defender の定義の更新 – KB2267602 - マイクロソフト コミュニティ

 

途中で止まる場合は?

ディフェンダーでは、ウィルス及びスパイウェアの定義更新して最新版にしておく必要があります。

そうでないと古い情報でスキャンしても、最新のウィルスには対抗できません。

 

しかし「更新」タブから「定義の更新」を実行しても、途中で止まっているようになる場合があります。

果たして対策は?

 

たまたまですが、ディスクのクリーンアップをしようとしていたらディフェンダー関連のキャッシュ?を削除できることがわかりました。

 

まずドライブを選び、ディスクのクリーンアップを右クリックから選択します。

この段階ではまだ表示されません。

「システムファイルのクリーンアップ」というボタンをクリックします。

f:id:apicode:20161121202614p:plain

 

しばらくすると今度はこのような画面になります。

ここで「Windows Defender」をチェックしてから「クリーンアップ」を実行しましょう。

f:id:apicode:20161121202610p:plain

 

この後、デフェンダーを再度起動し、定義ファイルが更新できるか試してみました。

うちではこれで無事更新できました。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。