困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

ARK |  7 Days To Die |  フォートナイト |  マイクラ |   

スポンサーリンク


【Windows 10】ビデオエディターのテキスト使い方 スタイル一覧は?文字を複数入れる?

ビデオエディターで文字を入れる場合のまとめです。

文字は用意されたプリセットを使うしかないので、どんなものがあるか知っておけば使い分けやすいでしょう。

文字を入れるには

「ビデオエディター」はウィンドウズ10標準でついている動画編集ソフトです。

ビデオエディターの使い方については以下参照ください。 

apicodes.hatenablog.com

 

ビデオエディターで文字を入れるには、動画を選び「テキスト」メニューをクリックします。

f:id:apicode:20200131093645p:plain

 

すると文字編集画面となります。

右上には入れたい文字を、左下のゲージでは文字を入れる時間範囲を指定できます。

f:id:apicode:20200131093729p:plain

 

あとは用意されたテキストスタイルとレイアウトを切り替え、好みデザインに設定しましょう。

 

 

テキストスタイル一覧

シンプルな文字表示

簡易

f:id:apicode:20200131091154p:plain

タイトルが出るだけのシンプルな文字セットです。

 

サイレント

f:id:apicode:20200131091637p:plain

文字が中央に出るだけなので「簡易」と同じようなスタイルです。

ただしこちらのほうが明朝系の細い弱弱しい文字であり、より質素な文字表示といえます。

 

映画

f:id:apicode:20200131091858p:plain

こちらもシンプルに文字が出るだけ。ただし文字位置はコンパクトにぎゅっとまとめられています。

 

太字

f:id:apicode:20200131092132p:plain

その名の通り、太字の文字ががっつり出てきます。

インパクトのある強いタイトルにしたい場合にぴったりです。

 

フレッシュ

f:id:apicode:20200131092211p:plain

文字自体は簡易に近い表示となります。

ただしこちらは半透明の座布団が後ろにつきます。

 

影響

f:id:apicode:20200131092457p:plain

縁取りで文字が読みやすいです。

白い風景の動画画面の場合には、このようなスタイルを選ぶとタイトル文字がよりくっきりと表示されてわかりやすいものになるでしょう。

 

マンガ

f:id:apicode:20200131092600p:plain

文字に黄色の色がついており、影付きの文字装飾となっています。

ビデオエディターでは文字色を選べないので、色を付けたい場合はこのようなスタイルを選ぶしかありません。

 

細則

f:id:apicode:20200131093028p:plain

画面に小さく出るため、タイトル文字というよりはちょっとしたふきだしや注釈のように文字を表示させるのに使ったほうがよいでしょう。

 

 

背景がぼけるもの

クラシック

f:id:apicode:20200131091452p:plain

このスタイルは「簡易」表示で背景にぼかしがはいったものです。

 

スイート

f:id:apicode:20200131091145p:plain

思わず「あまーい」といいたくなるような料理動画にぴったりのプリセットです。

 

この場合、背景がぼかし動画となり内容が水らくなります。使うタイミングに注意しましょう。

 

ポエム

f:id:apicode:20200131092339p:plain

表示形式で言えば「映画」に近いコンパクトなレイアウトですが、背景全部にぼかしが入ります。

 

その他

ジョイ

f:id:apicode:20200131091354p:plain

出だしのアニメがかわいいプリセットです。

ただし座布団(背景の塗りつぶし部分)が大きいため、背景はがっつり隠れてしまいます。

 

 

アドベンチャー

f:id:apicode:20200131091515p:plain

出だしのアニメーション効果がインパクトのある活劇調のテキスト表示です。

スポーツや冒険ものなどにぴったりです。

 

 

ブーム

f:id:apicode:20200131091743p:plain

文字の部分だけ映像を切り抜いて表示したような効果のスタイルです。

最初にどんな映像があるのか期待感を膨らませるようなビデオに効果的です。

 

ピクセル

f:id:apicode:20200131092723p:plain

オープニングはセンターから開くようなアニメーションで始まるスタイルです。

ピクセルとあるようにゲーム動画などに向いたスタイルといえるでしょう。

 

エレクトリック

f:id:apicode:20200131092835p:plain

画面全体を赤のフィルターを通したような色調へ変換します。

 

クール

f:id:apicode:20200131092943p:plain

背景を白で飛ばしたような色調へ変更します。

 

 

文字のTIPS

文字を2つ入れるには?

残念ながらまだ対応していないようです。

 

工夫するとすれば、1つの文章で改行を多く入れて分けておくという方法があります。

以下は改行を多く入れて表示したものです。

f:id:apicode:20200131093413p:plain

 

凝るのであれば、一度文字を入れて動画をエクスポート。

その文字を入れた動画を読み込んで違う文字を乗せる...という方法もあるでしょう。

 

同じ動画の違う時間の場所に違う文字?

未対応のようです。

 

そこで分割の機能を使って1本の動画を分けていきます。

分割された1つ1つの動画に、それぞれに別の文字をあてがえていくことで、場面に応じた文字を入れれるというわけです。

f:id:apicode:20200131093910p:plain

 

文字位置は変えられる?

残念ながら右下のレイアウトで6パターンに切り替えられる程度となります。

f:id:apicode:20200131091232p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ