困ったー

マイクラ・フォートナイト・オキュラスで困ったことを調べたブログ

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

ARK |  7 Days To Die |  フォートナイト |  マイクラ |   

スポンサーリンク


ロブロックスのようにゲームが作れるゲームサービスは?

ロブロックスが上場し、ゲームをユーザーに作らせるタイプのゲームプラットフォームにますます注目が集まっています。

ロブロックスのようにゲームサービスは?

今までもゲームを作るためのいわゆるオーサリングソフトのようなものはありました。

また、ゲーム制作でよく使われるユニティは、プロユースだけでなく、比較的初心者でもとっつきやすいゲーム開発環境です。

 

しかし従来のゲーム開発環境は、作ったゲームを個別にリリースします。そのため、集客・宣伝などは自前で一からやる必要がありました。

 

一方ロブロックスでは、作ったゲームをロブロックスのサーバへアップします。ロブロックスのサイトやアプリから各ゲームへ移動します。

 

ユーザはゲームがだれが作ったかは意識しなくてもよく、コインや会員システムなどはロブロックスのものが使えます。

 

開発者は基本的にはゲーム開発に専念すればいいので、作りやすいです。

 

ロブロックスの成功を受けて、ロブロックス風のサービスも徐々に登場してきました。

 

Core Games

まさにロブロックスの大人版のようなサービスを目指す筆頭格がCore Gamesです。フォートナイトのEpicGamesなどから資金調達をしています。

 

起動後、メニューを開くとゲームがたくさん。

アクセスするとそれぞれ個別にゲームを楽しむことができます。

f:id:apicode:20210402160759p:plain

 

開発モードも組み込まれています。ロブロックスの場合、開発はロブロックススタジオという別ソフトが必要ですが、Coreの場合はまた別途ダウンロードする必要はありません。

以下はテンプレート画面で種類も豊富です。

f:id:apicode:20210402160922p:plain

 

こちらが開発画面。ユニティ風のデザインです。

f:id:apicode:20210402160936p:plain

 

Core Gamesのレビューはこちら。

apicodes.hatenablog.com

 

Crayta

Craytaもロブロックスの大人版のようなサイトです。

 

ゲーム開発画面はロブロックス風で、しかもプログラミング言語はロブロックスと同じくLUAが採用されています。

 

このあたり、ロブロックス開発の経験者もターゲットにしているのかなという感じです。

 

EPICゲームズで無料で配布されていますが、今のところ日本からはダウンロード不可のようです。 

apicodes.hatenablog.com

 

REC ROOM

REC ROOMはVRをターゲットにしたサービスです。

 

ミニゲームがたくさん用意されており、まさにロブロックスのVR版といっていいようなサービスとなっています。

 

ゲームアイテムを自分で作れる機能があり、作ったアイテムを販売することもできます。

 

ゲーム開発機能自体は(たぶん)まだないとは思いますが、ユーザをクリエイターとして参加させていこうという意図は感じられます。

 

無料で利用できますし、VRがなくてもPCからアクセス可能です。 

apicodes.hatenablog.com

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ