困ったー

政治・経済から野球・ゲームまで困ったことを調べたブログ

政治・経済からゲーム・野球まで、困ったことを調べたブログ。

スポンサーリンク


今こそ聴きたいプリファブ・スプラウト!おすすめ10曲

ニューカッスル出身のバンド、プリファブ・スプラウトのおすすめを紹介します。

プリファブ・スプラウトとは?

ラングレー・パークからの挨拶状

プリファブ・スプラウトは1982年に自主制作盤「Lions In My Own Garden: Exit Someone」でデビュー。

 

トーマスドルビーをプロデューサーに迎えた「スティーヴ・マックイーン」「ラングレー・パークからの挨拶状」などからはヒットシングルも連発させました。

 

中心はパディ・マクアルーンで、彼の作曲センスを評価する声も多いです。

 

アルバムは

1984 スウーン

1985 スティーヴ・マックイーン(のちTwo Wheels Good)

1988 ラングレー・パークからの挨拶状

1989 プロテスト・ソングス(録音自体は1985で実質サード)

1990 ヨルダン:ザ・カムバック

1997 アンドロメダ・ハイツ

2001 ガンマン・アンド・アザー・ストーリーズ

2009 レッツ・チェンジ・ザ・ワールド・ウィズ・ミュージック(ヨルダン:ザ・カムバックのころの未発表音源)

2013 クリムゾン/レッド(作詞・作曲・演奏はすべてパディ・マクアルーン)

 

 

今こそ聴きたいプリファブ・スプラウト!おすすめ10曲

10位 The Best Jewel Thief in the World

www.youtube.com

プリファブとしては今のところ最後のアルバムであるクリムゾン/レッドの1曲目。

 

久々のスタジオアルバムですが、曲のイメージはスウーンのころのようなピュアで勢いのある楽曲に仕上がっています。

 

9位 Lions In My Own Garden: Exit Someone

www.youtube.com

デビューシングル曲。

サウンド的に青々しくてピュアな印象。

 

8位 Cowboy Dreams

www.youtube.com

ガンマン・アンド・アザー・ストーリーズ収録曲。

ウェスタンのテーストを入れつつも、相変わらずのパディ節が健在です。

 

7位 Let There Be Music

www.youtube.com

レッツ・チェンジ・ザ・ワールド・ウィズ・ミュージック収録曲。

いかにもプリファブらしい楽曲。

 

6位 All The World Loves Lovers

www.youtube.com

ヨルダン:ザ・カムバック収録曲。

おさえめな演奏で、しっとりときかせる曲です。

 

5位 Life of Surprises

www.youtube.com

プロテスト・ソングス収録曲。

 

 

4位 Cars and Girls

www.youtube.com

ラングレー・パークからの挨拶状収録曲。

MTVなどでもよくかかっていたので知っている人が多いかも。

 

3位 Appetite

www.youtube.com

スティーヴ・マックイーン収録曲。

どの曲も魅力的でいい作品が多かったアルバムで、このAppetiteも独特の緊張がはりつめたようなサウンドが魅力でした。

 

2位 Don't Sing

www.youtube.com

スウーン収録曲。

デビュー当初の作品で、若さがはじける初々しさが魅力です。

 

 

1位 When Love Breaks Down

www.youtube.com

スティーヴ・マックイーン収録曲。

スローテンポなバラード部分と、アップテンポのはじける部分の対比も魅力的な楽曲。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ