困ったー

困ったことを調べたブログ

オリンピック特集👉👉👉 😊チケット申し込みは5/28まで。

10連休でお金が無くなったところへ、この攻撃は卑怯!👉👉👉 😊エピックストアで、 WorldWarZ 3880->2330円、サティスファクトリー 3380->2380円。 😊マイクロソフトストアで、 Minecraft Windows 10 スターター コレクション 3500->2350円。 😊任天堂ストアで、 2本でお得 ニンテンドー 9980円。マリオメーカー2にも使えるよ。

【Windows 10】リブレオフィスの使い方 ファイルが開かない場合は?

ウィンドウズ10でオフィスファイルが開かくなるというトラブルが結構あります。

同様にオフィスの代替ソフトとして有名なリブレオフィス(LibreOffice)やでもトラブルが起きているようです。ここで対策をまとめてみました。

リブレオフィスとは?

f:id:apicode:20160905195431p:plain

リブレオフィスは、オープンオフィスなどのようにマイクロソフトオフィスのようなソフトをオープンソースで開発するプロジェクトです。

ソフトはドネーション型、つまりこちらが支援料を決めて応援するタイプです。もちろん無料でダウンロードして、そのまま継続して利用することも可能です。

 

オープンオフィスのプロジェクトが、人材難などを理由に継続が打ち切られる可能性が出てきました。

そういう意味では、オフィスの代替品としてリブレオフィスへ切り替える、といったことも検討してみてもよいでしょう。

 

ダウンロードはこちらから。

https://www.libreoffice.org/download/libreoffice-fresh/

 

リブレオフィスで作成したファイルはMSオフィスで開ける?

例えばリブレオフィスで文書を作成すると、初期設定ではODTという拡張子のファイルが作成されます。

それをMSワードで開くと、...一応開くことはできました。

一応と書いたのは100%完全に再現されるわけではありません。フォントが違ったり、場合によっては一部表示が崩れる、改行が崩れる...という可能性はあります。

 

 

リブレオフィスの使い方

インストール後起動するとこんな感じ。

ファイルをドラッグアンドドロップするか、文書・表計算・プレゼンテーション・図形・数式・データベースから利用したいものを選びしょう。

f:id:apicode:20181129192813j:plain

 

Writer 文書

ライターはMSオフィスでいうところのワードにあたります。

デザインは、昔のワードのようでアイコンが上部に並んでいます。

メニューを押してもこのアイコンは切り替わりません。

「書式」「表」「フォーム」「スペルチェック」など、ワードの主要な機能は結構網羅しています。

f:id:apicode:20181129193029j:plain

 

読み込みでもオープンオフィスやワードのファイルをロード可能です。

出力(エクスポート)ではPDFはもちろんのことePUB形式も可能です。

 

ワードのファイルをリブレオフィスで開ける?

ウィンドウズ10でワードのファイルを、リブレオフィスから開けるか試してみました。

こっちがワード。ハガキのファイルです。

f:id:apicode:20160905200021p:plain

 

今度はリブレオフィスで開いてみました。

100%とはいかないでしょうが、こちらでもファイルを開いて編集したりできました。

f:id:apicode:20160905200120p:plain

 

Calc 表計算

オフィスでいうところのエクセルです。

インタフェースは昔のエクセルといったところ。

スタイル設定、関数はもちろんのこと、グラフやピボットテーブルなども対応。

f:id:apicode:20181129193551j:plain

 

読み込みはオープンオフィスやエクセルのファイルに対応。

出力はPDFが可能です。

 

Impress プレゼンテーション

インターフェースは昔のパワポです。

f:id:apicode:20181129193847j:plain

読み込みはオープンオフィスやパワポのファイルに対応。

出力はPDFが可能です。

 

Draw(図形)

いわゆるフローチャートなどを作成しやすいタイプの描画ソフトです。

f:id:apicode:20181129194059j:plain

 

出力はPDFやSWF、SVGなどに対応しています。

 

Math 数式

数式エディタです。エクセルなどには手書き認識で数式化する機能がありますが、こちらはなさそうです。

f:id:apicode:20181129194307j:plain

出力はPDFに対応。

 

Base データベース

Baseはデータベースですので、オフィスでいうところのアクセスといったところでしょうか。

f:id:apicode:20181129194504j:plain

 

 

リブレオフィスの不具合 

起動しない?

リブレオフィスにはセーフモードでの起動が可能となっています。

セーフモードの場合、シンプルな環境で起動しようとしますから、エラーの原因を迂回して起動できる可能性があります。

 

リブレオフィスはインストールすると、スタートメニューに「LibereOffice(safemode)」というアイコンができていると思いますので、そちらを起動します。

無事起動したら、原因になりそうな設定をオフにしてみましょう。

 

動作が遅い、重い?

リブレオフィスの遅い原因は、ファイルが大きくメモリ不足の場合や、グラフィック処理が悪影響を及ぼすケースが考えられます。

グラフィックでは、設定をオンまたはオフにして動作に変化がないか確認してみるとよいでしょう。

 

まずはツール>オプションを開きます。

「表示」のところに「ハードウェアアクセラレーションの使用」「アンチエイリアシングの使用」「すべてのレンダリングにオープンGLを使用する」といったところがあります。

f:id:apicode:20181129195951j:plain

 

印刷が遅い?

リブレオフィスではグラフィックを簡略化して印刷の速度アップができる設定がありますので利用してみましょう。

まずはツール>オプションを開きます。

「透過性を減らす」「グラデーションを減らす」「色をグレースケールに変換する」は出来上がりの画質は落ちますが、印刷データ自体は小さくなります。

「ビットマップを減らす」では解像度を低くすることで、こちらも画質はおちますが印刷時に必要なデータを小さくしてくれます。

f:id:apicode:20181129200005j:plain

 

リブレオフィスでファイルが開かない場合は?

「ODSやODTファイルを開こうとするとハングする。他のファイルの読み込みはできている」という事例があります。

 

対策として、ユーザプロフィールの変更によって回避できるかもしれません。

 

まずリブレオフィスを一度終了。

ファイルエクスプローラーへ移動して「%appdata%」と入力して実行し、LibreOfficeのディレクトリを探します。

「LibreOffice」のディレクトリ名を変更するか、「LibreOffice」内にある「user」のフォルダを「user-old」のように名前を変更します。

その後リブレオフィスを再起動し、動作を確認します。

参考:

https://ask.libreoffice.org/en/question/56101/files-wont-open-in-windows-10/

LibreOffice user profile - The Document Foundation Wiki

 

 

 


実務で使えるLibreOffice
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 3,024*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア
このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。