困ったー

政治・経済から野球・ゲームまで困ったことを調べたブログ

政治・経済からゲーム・野球まで、困ったことを調べたブログ。

スポンサーリンク


小泉進次郎官房長官は誕生するか?誕生したら?

9月の自民党総裁選はかなり白熱してきました。人気だった小泉さんの出馬はなさそうですが、もし河野内閣ということになれば重要ポストでの任命があり、華をそえそうです。

小泉進次郎官房長官は誕生するか?

小泉進次郎 日本の未来をつくる言葉 (扶桑社新書)

小泉さんとは?

人気の方ですが、いま一度プロフィールを確認しておきましょう。

1981年4月14日生まれ。父はあの小泉純一郎元首相。

すぐに両親が離婚され、純一郎さんの実姉が面倒見していたそうです。

 

関東学院大学経済学部経営学科を卒業後、コロンビア大学で学位取得。

 

2009年衆議院議員総選挙に神奈川11区から出馬し、初当選。

 

以降は、環境大臣、内閣府特命担当大臣(原子力防災担当)などを担当。

 

妻は滝川クリステルさん。

 

小泉さんの政策は?

首相に意欲を見せるような方は、主張や政策についてホームページに書いていたり、著書を発売していたりするのですが、進次郎さんはそういうのがないです。

 

小泉進次郎 Official Site (shinjiro.info)

f:id:apicode:20210912120225p:plain

首相については現時点ではあまり興味がないのかなという印象です。

 

河野さんとの間柄は?

どちらも若手(といっても太郎さんは58ですが)、神奈川が地盤(小泉進次郎さんは神奈川11区、タロさんは神奈川15区)、留学経験あり(コロンビア、ジョージタウン大学)といった共通点があります。

 

前回の総裁選では、出馬はないものの小泉さんは早々に河野さん支持を発表しており、政治信条も近いものがあるのでしょう。

 

菅政権では、太郎さんはワクチンなどで奮迅。小泉さんも菅さんの相談相手としてよく登場しました。

 

客観的にみれば、両者の関係は良好と思われます。

 

官房長官とは?

日本の内閣官房の長官で、閣議事項の整理、内閣の庶務、行政各部の施策の総合調整、内閣の重要政策に関する情報の収集調査などで首相をサポートします。

 

多忙な首相にかわって政策調整をしたり、記者会見での火消しなどをすることも大事でしょう。

 

近年は安倍長期政権下で、ずっと菅義偉さんが勤めていました。

 

歴代で若手を見てみると

  • 2005年小泉政権 安倍さん(50歳位)
  • 2006年安倍政権 塩崎恭久(55歳位)
  • 2011年菅直人政権 枝野幸男(47歳くらい)

となっています。

 

小泉さんは40歳なので相当若いことになります。

 

逆にいえば河野政権となった場合、フレッシュな印象を世間に与えることができるでしょう。

 

岸田政権、高市政権となると、人気取りとして小泉さんを抜擢する可能性はなくはないですが、若すぎるとして敬遠されるかもしれませんね。

 

 

小泉進次郎官房長官は誕生したら?

もし誕生するとしたらどうなのか、どうなるのか、気が早いですが予想してみましょう。

 

岸田、高市、河野による総裁選では、安定感の岸田さん、安倍後継をうたう高市さん、改革期待の河野さんと非常に読みずらい展開に。

 

といっても選挙への危機感から「選挙の顔」として河野太郎さんへの人気が集中。思わぬ圧勝で河野さんが自民党総裁へ選ばれることに。

 

 

ワクチン接種でコロナ禍がおさまってきたこともあり、自民党は予想されていたほどの大敗を免れることに成功。

 

そんななか船出を迎えた河野首相は、官房長官に小泉さんを指名し、ワイドショーをはじめとして歓迎するムードに包まれました。

 

 

とはいえ、「小泉ポエム」ともよばれる小泉話法のため、官房長官の定例会見は異例の人気となります。

 

かえって河野政権の情報発信力が高まるという不思議な結果に。

 

「あいまいで論拠不明瞭」とされる小泉さんですが、一方で誰も気づつけないように配慮されたその話術は、政界の「ぺこぱ」としてかえって支持する人たちも出てきました。

 

 

船出はまずまずだったものの、閣僚に抜擢した結果若手大臣からは政治資金等の問題など初歩的なミスが続出。次々と謝罪に追い込まれる事態が相次ぎます。

 

またコロナからの経済回復に重要な役割をはたすはずの「グリーンパスポート」も、デジタル庁の設計能力や開発力のなさを露呈し、結果として予定より大幅に遅れることになります。

 

 

徐々に支持率に陰りがみえはじめるなか、河野さんが社会保障の抜本改革をぶちあげ、それに対して既得権を持つ勢力からは一斉に不満の声が続出。国会も紛糾することに。

 

はたして河野政権は、そして小泉官房長官は、この難局をのりこえていくことができるのでしょうか。。。

(予想部分はすべてフィクションです)

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ