困ったー

政治・経済から野球・ゲームまで困ったことを調べたブログ

政治・経済からゲーム・野球まで、困ったことを調べたブログ。

スポンサーリンク


孤独・孤立対策連携プラットフォームって何?

政府では孤独対策を進めています。その一環として「孤独・孤立対策連携プラットフォーム(仮称)」の準備を始めています。

政府の孤独対策は?

blue lon

イギリス

2018年、イギリスは世界初「孤独担当大臣」を設置。孤独が大きな解決すべき問題として取り組む姿勢をみせました。

 

政府主導の「孤独について語ろう」キャンペーンを開始して啓蒙活動を行ったり、コミュニティスペース拡大の財政的支援を行ったり、郵便局員が人々の孤立を防ぐ支援を行うといった活動もしているそうです。

 

民間でも「メンズ・シェッド(男たちの小屋)」のように、モノづくりを通じて人付き合いが活性化するようなコミュニティ活動が行われたりしています。

世界初「孤独担当大臣」置いた英国 孤立を社会問題と見る国の取り組み:朝日新聞GLOBE+ (asahi.com)

PM launches Government’s first loneliness strategy - GOV.UK (www.gov.uk)

 

日本

日本では2021年、坂本哲志少子化相が兼務する形で「孤独・孤立対策」担当となりました。

 

高齢者の見守り問題など各省庁の連携をうまく調整していくポジションのようです。コロナでの孤立も深刻ですし、もともと少子高齢化にともなって孤立する高齢世帯という問題も抱えていますから、無視できない大きな問題といえるでしょう。

 

2021年3月にはNPO(特定非営利活動法人)等を支援するための60億円の緊急対策も行われました。

新型コロナ: 「孤独・孤立対策」担当に坂本少子化相 首相指示: 日本経済新聞 (nikkei.com)

孤独・孤立対策担当大臣から皆さまに向けて|内閣官房ホームページ (cas.go.jp)

 

フランス

1999年パリでは隣人同士で食事会を行って親睦を深めるという「隣人祭り」の運動が実施されました。

 

 

孤独・孤立対策連携プラットフォーム(仮称)とは?

政府は現在「孤独・孤立対策連携プラットフォーム(仮称)」の準備を進めています。

 

これは単にNPOに予算付けをするだけでなく、複数のNPOや機関が連携して動くためのしくみをうまくつくっていくことが目的となります。

 

 

プラットフォームの詳細のとりまとめは検討がすすんでいくことで具体化していくものと思います。

 

どのような内容になるか注目されます。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ