困ったー[ニュース・ゲーム攻略]

マインクラフト、ARK、ROBLOX、7 days to die、Meta Quest 2など、サンドボックス・クラフトゲームを中心に攻略紹介。

【レビュー】「内海産業 じわっととろける アイスクリームスプーン」のレビュー 本当にじわ・とろ?

今年は冷夏な感じですが、無類のアイス好きであるうちには関係ありません。アマゾンプライムデーの買い物の一環として、「すくいやすい」アイススプーンを購入してみたので以下レビューです。

すくいやすいアイススプーンのしくみは?

3 Spoons

アイス党にとっての難関は、なんといっても「冷たくなりすぎているアイス君がスプーンを拒絶する問題」です。

 

それに対する対案が野党から示されました。それがすくいやすいスプーンです。

 

仕組みとしては「スプーンの熱伝導率が高いため、体温が伝わって溶けやすくなる」ということになります。

 

アマゾンプライムデーの実施を根拠に野党が法案を押し切り可決。

 

よってとりあえずアイス用スプーンの購入が決議されたのでした。

 

 

「内海産業 じわっととろける アイスクリームスプーン」のレビュー

今夏は内海産業というところのスプーンを購入してみました。

584円とコスパがいいのが一番の理由です。

 

購入した奴はこんな感じ。

 

裏面はこんな感じ。

 

 

とりだしたところ。

 

で、本体。

 

で食べてみました。

 

 

感想は?

「スプーンの熱伝導率が高いため、体温が伝わって溶けやすくなる」という仕組みは理解していたのですが、まさかこんなにすぐにスプーンが冷たくなるとは思ってなかったです。

 

逆に言えば熱が移動しやすい素材だということがわかります。

 

大きさは靴ベラにしては小さいし、アイスを買うとついてくる木のスプーンに比べると大きい...ってな感じっす。

アイス(あるいは水ようかんなど)などのスイーツ向けのサイズといえるでしょう。

 

で、かんじんの出来ですが、タイトルにあるように「じわっととろける」感はありました。

 

ひょっとすると先に少しスプーンを握っておいて、体温を十分に伝えてからのほうがいいかもしれません。

 

高いアイス用スプーンと比較したわけではないのでなんともいえませんが、「この価格でこの感じ」ならいいかなとは思います。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ