困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

コロナ対策 |  Teams |  ARK |  Satisfactory |  フォートナイト

スポンサーリンク


【ドロップボックス】ペイパーの使い方まとめ

ドロップボックス・ペイパーは、オンラインで共同で文書が作れるコラボツールです。機能はシンプルですが、ドロップボックスらしく非常に使いやすいツールになっています。

ドロップボックスペーパーとは?

  http://www.flickr.com/photos/69428596@N03/7698511058 photo by eugeniot  

ドロップボックスはクラウドストレージを提供しています。

パソコン内の特定のフォルダのファイルを自動的にネット上でも保管してくれるというサービスです。   これによって、パソコンからもスマホからも同じファイルにアクセスすることができるようになります。   そんなドロップボックスは、オンラインで文書を作成したり共有できるサービス「ペイパー」を公開。現在では無料で利用できます。

 

ドロップボックスペーパーの使い方 

登録する

ドロップボックスのアカウントが必要です。 ない場合は以下より登録できます。 ドロップボックス   ドロップボックスペイパーのサイトは以下になります。 「順番待ち」に登録して連絡を待ちます。 うちでは結構早く利用可能のメールが来ました。(1週間ぐらい?) www.dropbox.com なお日本語化はまだされていません。  

(更新 2016/8) 8/3にオープンベータが公開されました。 同時にアプリ版もリリースだそうです。 参考: 「Dropbox Paper」オープンベータ提供開始、Android/iOS/PCで共同編集できるドキュメント作成サービス -INTERNET Watch  

(更新) 日本語メニュー化されています。  

 

文書を作る

ペイパーにアクセスします。 コラボ用なのでチームをもし作っていなければ、チームを先に作るとよいでしょう。

ただしチームがなくても「Use personal account」で利用を開始できます。

f:id:apicode:20151020140400p:plain  

 

すると初めての場合はいくつか使い方の画面が表示されます。

「Next」を押して先に進みましょう。

f:id:apicode:20151020140846p:plain  

 

こちらがメニュー画面。非常にシンプルです。 左上のほうにある「Create」で新規のドキュメントを作ります。

f:id:apicode:20151020140849p:plain  

するとまず中央に文書タイトルを入れるところがデカデカとあります。

f:id:apicode:20151020140854p:plain  

文書をいれ、あとはリターンを押しながら文章を追加していきます。 下のように執筆者の名前が赤字で右側に出るようです。

f:id:apicode:20151020140857p:plain  

ただし完成?した文書は、以下のような感じで表示されます。

f:id:apicode:20151020141358p:plain  

共有する

右上に共有するための「Share」ボタンがあります。

f:id:apicode:20151020141449p:plain

 

すると、編集用の作業リンクを発行できます。

f:id:apicode:20151020141559p:plain  

 

削除する

右上のメニューアイコン「・・・」を押すと、メニューが出てきます。 まずは「アーカイブ」を選びます。 アーカイブとは保存書庫のような意味合いです。  

f:id:apicode:20170425095532p:plain  

 

するとアーカイブされましたとでます。 下の方に「完全に削除」のリンクが表示されます。ので、クリック。

f:id:apicode:20170425095536p:plain  

すると「ドキュメントを完全に削除しますか?」とでるので「完全に削除」を実行します。これで無事削除できます。 f:id:apicode:20170425095538p:plain    

 

感想は?

シンプルで使いやすいです。 ちょっとした文書で、なおかつ相手が修正したり追加などの編集が必要というときは利用できそうです。  

 

類似のものとして、グーグル文書やマイクロソフトワードなどがあります。しかし使いやすさでは断然こちらのほうがいいと思います。 文書のロードも速くてスムーズ。ストレスが少ないです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ