困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

コロナ対策 |  Teams |  ARK |  Satisfactory |  フォートナイト

スポンサーリンク


デジタル人民元とは?機能は?いつから使える?

WBSでデジタル人民元の進捗具合が紹介されていました。現在はテスト状態とされていながら、画像自体はSNSへ流出。QRコードスキャンやタッチ送金などに対応しているとされています。

デジタル人民元とは?

デジタル通貨は、スマホやネット上だけで決済や送金が完結する通貨です。すでにビットコインが一部のユーザに送金や決済として使用されています。

 

昨今のペイペイやラインペイといったQRやキャッシュレス決済が普及してきており、物理的なキャッシュがないことへの抵抗感も減ってきていると思います。

 

デジタル人民元は、デジタル上で利用できる通貨の一種となります。ただしビットコインやほかのキャッシュレスと大きく違うのは、中国の国家プロジェクトとして行われていることが最大の特徴です。

 

国家の信用のもとに発行される通貨という位置づけになると思います。

 

物理的なキャッシュは作成や輸送コストがかかりますし、偽札対策も大変です。その点、デジタルで処理されると大幅にコスト削減できるうえに送金の監視といったことも実装しやすくなります。

 

いつから使える?

FTによれば来年から徐々に利用され、2022年の冬季オリンピックの時期での普及がゴールとなるようです。

https://www.rt.com/business/489880-china-digital-yuan-olympics/

 

もっとも日本人が利用できるかどうかなど、細かいところは不明です。

 

 

デジタル人民元アプリの機能は?

SNSで流れているのは以下の画像です。見た感じはウィチャペイペイやペイペイなどのいわゆるスマホ決済アプリといった感じでしょうか。

QRコードのスキャン決済や、タッチ送金などに対応しているようです。

f:id:apicode:20200603233305p:plain

https://www.ledgerinsights.com/china-digital-currency-wallet-dcep-cbdc/

 

钱包(e-wallet)と題されたアプリでは、中国人民银行(People's Bank of China)と書かれた紙幣風のデザインがでかでかと表示されています。

 

扫码支付

「Scan to pay」つまりQRコードなどを読み込んで支払いをするための機能と思われます。

 

汇款

「Send money」つまり送金機能と思われます。

 

收付款

「Collect & pay」と表記されています。

 

碰一碰

「Touch phones」で、電話をタッチすることで送金などを実行するためのものと思われます。

 

数字货币

「Digital currency」として以下のようなアイコンがあります。

 

DC兑换

「DC Exchange」でDC(デジタルコイン?)の交換など。「有效管理定向资金(Effectively manage targeted funds)」

 

钱包管理

「Wallet management 」でウォレットの管理機能。「灵活管理您的电 子钱包(Flexibly manage your e-wallet)」

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ