困ったー

マイクラ・フォートナイト・オキュラスで困ったことを調べたブログ

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【コロナ対策】配膳ロボットとは?価格は?

コロナでは人の接触機会を減らすのがポイントとなります。

そこで注目なのが配膳ロボット。果たしてどんな機能があるのでしょうか?費用は?

配膳ロボットとは?

Robot takes up reading

飲食店では従業員が料理注文を受けて、客席へ届けます。

 

しかし、ウィズコロナ時代では、なるべく人と人との接触を減らすことが求められます。

 

対策として、注文はスマホ経由で送れるようにするところも出てきました。

 

サーブ、つまり配膳はロボットで...というところも徐々に増えつつあります。

 

導入事例としては、玉川高島屋S.C.南館6Fレストラン「THE GALLEY SEAFOOD & GRILL」などがあります。

https://www.qbit-robotics.jp/post/20200706-001

f:id:apicode:20200824153347p:plain

 

人気チェーン店の幸楽苑もテスト導入を開始します。

 

 

配膳ロボット、種類は?価格は?

受託生産のものなどもあり、まだまだ価格が公開されていないケースが多いです。

以下は公開されているものですので、導入にあたっての目安にしてみましょう。

サービィ Servi 月額99,800円

サービィは、ソフトバンクロボティックスが提供している配膳ロボットです。

配膳ロボット Servi(サービィ) | ソフトバンクロボティクス (softbankrobotics.com)

f:id:apicode:20210513102434p:plain

 

付属タブレットで動作を指定。最大30KGまで運搬可能。

動作は3DカメラとLIdar(光によるレーダー)でチェックされます。

www.youtube.com

 

料金は月額99,800円(税別)で3年契約からとなります。

価格 | 配膳ロボット Servi(サービィ) | ソフトバンクロボティクス (softbankrobotics.com)

f:id:apicode:20210513102523p:plain

 

ピーナッツ Keenon Delivery Robot T1 150万円前後

自動配送ロボット・ピーナッツ。

海外サイトでは15000ドルとあるので、1台当たり150万円ぐらいでしょうか。

f:id:apicode:20200818221326p:plain

 

天井にあるマーカーを識別することで現在位置を把握するシステムのようです。

www.youtube.com

 

国内では日本システムプロダクトが取り扱いです。

販売価格250万円ですが、都道府県単位で最初の導入というケースでは150万円程度になるようです。

https://jsprobot.com/lp/

f:id:apicode:20210513102236p:plain

 

Keenon Delivery Robot T5 約150万円

こちらもKeenonの配膳ロボットで収納部が5段あります。 

T1に比べて収納スペースがより高く取れるようになっています。

www.youtube.com

 

海外サイトでは15000ドルとなっています。1台当たりの目安は150万円ぐらいからとなりそうです。

https://www.robotshop.com/en/keenon-delivery-robot-t5.html

f:id:apicode:20200818222155p:plain

 

サービスショット 要問合せ

 配膳・除菌AIロボット「サービスショット」お問い合わせ|アルファクスフードシステム (afs.co.jp)

f:id:apicode:20210513102905p:plain

 

配膳や除菌などに使えるロボットです。

配膳では扉付きモデルにカスタマイズも可能。

www.youtube.com

 

価格は要問合せ。

ただ時給400円程度と換算しているので「400x10時間x30日x12か月」とすると150万程度かもしれませんね。3年縛りなら450万程度でしょうか。

 

Bella 要問合せ

KAIYO ROBOTICS|海容株式会社

f:id:apicode:20210513103347p:plain

 

www.youtube.com

 

今後リリース予定

スマイルロボ ??

元Googleのロボットエンジニアらが開発している配膳ロボット。

 

単に品物を運ぶというだけでなくアームが付属して、より細かい動作が可能となります。プロトタイプでは、料理を置いたり回収する様子がうかがえます。

www.youtube.com

 

「研究開発型スタートアップ支援事業」にも採択され、現在はまだ開発中。今後のリリースに期待しましょう。

https://www.smilerobotics.com/

f:id:apicode:20200818222723p:plain

 

 

 

ロボットの種類や価格まとめはこちら。

apicodes.hatenablog.com

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ