困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

オキュラスクエスト2 |  ARK |  フォートナイト |  マイクラ |  サティスファクトリー | 

スポンサーリンク


【Visual Studio 2019】C#でラジオボタン・プルダウン・チェックボックス?ウェブ送信するには?

◆Paypayならチャージだけでマイナポイント最大5000円還元( アイフォン(iOS) | アンドロイド)

ネットのページでよく見かけるラジオボタン、チェックボックス、プルダウンといったツールの使い方やウェブへのデータ送信について紹介します。

アンケートなどでよく見るインタフェース

アンケートなどのウェブページでよくみるようなラジオボタン、チェックボックス、プルダウンといった部品は、フォームアプリケーションではツールとして用意されています。

 

チェックボックス Checkbox

Checkmark
Checkmark / Allen McGregor

Checkbox(チェックボックス)は、ウェブのフォームなどでおなじみでしょう。条件に合致したところにチェックマークを入れるためのパーツです。

f:id:apicode:20200822131050p:plain

 

Textプロパティで文面を変更できます。

 

チェックされているかどうかは「checkBox1.Checked」のようにCheckedプロパティで取得することができます。

 

プログラムでチェックを入れるには、以下のようにCheckedをtrueにします。

checkBox1.Checked = true;

 

 

ラジオボタン

Tweetbot
Tweetbot / Gustavo da Cunha Pimenta

RadioBtn(ラジオボタン)は、複数のうちから1つだけ選択...といいう場合によく使われるインタフェースです。ツールボックスからRadioBtnを選んで画面上に配置します。

f:id:apicode:20191205132719p:plain 

 

ラジオボタンは選択肢1つ選ぶと他の選択肢はオフになるように設計します。

パネルを作ってその上にラジオボタンを配置すれば、パネル状のラジオボタンは1つ押されると他のラジオボタンは自動でオフになります。

f:id:apicode:20200822131629p:plain

 

textプロパティで文章を変更できます。

 

プログラムからチェックされているか調べるには「radioButton1.Checked」のようにCheckedプロパティを調べればOKです。

 

プログラムからチェック状態をオンにするには以下のようにCheckedプロパティをTrueにします。

radioButton1.Checked = true;

 

 

プルダウンメニュー

Pulldown Stairs to Rim
Pulldown Stairs to Rim / taberandrew

コンボボックス(ComboBox)を使えばプルダウンメニューのようなインタフェースを使えます。

f:id:apicode:20200822133754p:plain

 

選択肢を追加するには「Items.Add」を使って書いていけばらくちんです。

comboBox1.Items.Add("Tokyo");
comboBox1.Items.Add("Osaka");

 

ただそのままでは文字入力も可能な状態です。単に選択を選ばせるだけなら「DropDownStyle」プロパティを「DropDownList」にしておきましょう。

 

 

選択されたアイテムを取得するには「comboBox1.SelectedItem」を使います。

 

順番のほうを取得するには「comboBox1.SelectedIndex」を使います。「comboBox1.SelectedIndex」の場合、選択されていなければ「-1」が、1つめが選択されれば「0」を、2つ目が選択されたら「1」を返します。

 

 

ネットに送信するには?

Internet
Internet / James Cridland

URLリンクを作成して、ネットのページを開くことでデータを送信させるのが簡単です。

 

それぞれのパーツのオンオフを調べて文字列を作成します。

String sAgree = "off";

if(checkBox1.Checked)sAgree="on";

String sDanjo= "男";

if(radioButton2.Checked)sAgree="女";

String sList=””;

sList = comboBox1.SelectedItem;

 

String sUrl="https://komatter.com/chousa.php?agree=" + sAgree  + "&danjo=" + sDanjo + "&area=" + comboBox1.SelectedItem;

 

System.Diagnostics.Process.Start(sUrl);

 URLリンクができたら「System.Diagnostics.Process.Start」で実行します。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ