困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

マイクラ攻略フォートナイトWin10DVDUSBPDFエクセル

「WPS Office 2019」の使い方

「WPS Office 2019」は、マイクロソフトストアからダウンロード可能なオフィスソフトです。

文書、表計算、プレゼンテーション用のドキュメントが作成可能で、オフィスファイルの読み込みもできます。全体的にインタフェースはすっきりしていて使いやすいです。

WPS Office 2019とは?

文書、表計算、プレゼンテーションの作成機能があるオフィスです。

オフィスファイルの読み込みも可能。

デザインはシンプルかつ共通化されています。

特に各文書がタブ形式で表示されるため、いちいち別ソフトを起動してウィンドウが複数開かれる...といった面倒くささもありません。

このあたりの使い勝手は、本家オフィスにも見習ってほしいものです。

 

残念ながら日本語オプションはありません。

 

無料で利用可能ですが、有料になれば「PDFをワードへ」などの機能やクラウド対応などが使えるようになります。

 

以下より無料でダウンロードできます。

www.microsoft.com

 

 

WPS Office 2019の使い方

起動するとこんな感じ。

最初は「Go for free」を選んで無料でお試しをしてみましょう。

f:id:apicode:20190425093146p:plain

 

次にログイン画面。フェイスブック、ツイッター、グーグル、ドロップボックスログインに対応していて便利です。

f:id:apicode:20190425093147p:plain

 

ホーム

メイン画面はこんな感じ。

f:id:apicode:20190425093150p:plain

 

設定から言語変更を選択できますが、日本語はないです。

f:id:apicode:20190425093734p:plain

 

文書

ホームで「Document」を選ぶとテンプレートが多数表示されます。

f:id:apicode:20190425093152p:plain

 

気に入ったものがあれば「Download」でダウンロードしてから開始です。

f:id:apicode:20190425093157p:plain

 

こちらがドキュメントの画面。インタフェースは、昔のワードと現在のワードの中間ぐらいの感じ。

f:id:apicode:20190425093159p:plain

 

挿入(Insert)タブはこんな感じ。

f:id:apicode:20190425093205p:plain

 

レイアウトタブの場合はこんな感じ。

f:id:apicode:20190425093207p:plain

 

もちろん日本語で入力することもできます。

f:id:apicode:20190425093212p:plain

 

表計算

ホーム画面で「Spreadsheet」を選びます。

f:id:apicode:20190425093449p:plain

 

 

ホームのメニューはこんな感じ。

f:id:apicode:20190425093452p:plain

 

挿入(Insert)タブはこんな感じ。

f:id:apicode:20190425093454p:plain

 

レイアウトタブの場合はこんな感じ。

f:id:apicode:20190425093455p:plain

 

関数(Formula)タブはこんな感じ。

f:id:apicode:20190425093457p:plain

 

エクセルのファイルは読める? 

表計算では、試しにエクセルのファイルを読み込んでみました。

そしたら、無事読めました。

和暦表示もそのまま無事反映されていました。

(ただし3D表示など、特殊な機能を使ったものなどは正しく出ない可能性はあります)

f:id:apicode:20190425093450p:plain

 

プレゼンテーション

ホームで「Presentation」を選ぶと、このようにテンプレートが表示されます。

f:id:apicode:20190425093719p:plain

 

開くとこんな感じ。

左側にスライドのページが並び、パワポなどを使ったことがあればすぐなじみそうなデザインです。

f:id:apicode:20190425093720p:plain

 

感想は?

デザインがすっきりしたオフィス互換製品です。

特にタブ型でいろんなファイルを切り替えて利用できるので、非常にすっきりしていて使いやすいです。

オフィスではいくつか互換製品が出ていますが、使いやすさではこれが一番かもしれません。

 

ただし日本語化はされていないので、メニュー類は若干使いにくいです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 ご利用にあたっては、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとしますん。あらかじめご了承ください。