困ったー

困ったことを調べたブログ

[管理人の注目情報] ◆12/17-31は、オリガミで吉野家190円オフです。 ◆12/14-31は、LINE PAYで20%還元です。 ◆12/25頃までには年賀状は出しましょう。 ◆12/28はプレミアムフライデーです。 ◆2019年のヒット予測増税スケジュール公開中。

Visual Studio 2019 プレビュー版が登場

Visual Studio 2019のプレビュー版が公開されました。

誰でも無料で試すことができます。VBやCシャープ、UWPの開発以外にPtyhonやnode.js、Azureなどの開発環境も整えることができます。

Visual Studio 2019とは?

マイクロソフトの提供するソフト開発環境です。

古くはヴィジュアルベーシック、最近ではCシャープや、ウィンドウズのユニバーサルアプリ開発環境などがひとまとめとなっています。

 

ダウンロード 

こちらから無料でダウンロードできます。

Visual Studio 2019 | Visual Studio Preview - Visual Studio

f:id:apicode:20181205185359j:plain

 

インストーラを起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20181205190813j:plain

 

いりいろありますが

  • .NET開発環境:ビジュアルベーシックなど
  • Cシャープ
  • ユニバーサルWindwosプラットフォーム:UWPアプリの開発
  • Python

  • Node.js

など種類をチェックしてからインストールを行います。

最近はPythonでの開発も人気になってきてますから、気になる人はPythonなどもいれてみてもよいでしょう。

サーバサイドのプログラミングではnode.jsなどを試してみてもよいでしょう。

 

今回うちの遅いPCでは、.NETとPythonをチェックしてインストールしてみました。

これでも1時間以上は楽にかかりました。

SSDだとまた違うのかもしれません。

 

起動すると、おなじみのウィンドウズフォーム作成画面がでてきました。

f:id:apicode:20181205213502j:plain

 

動作用件

2017とそんなに違わないのと思うので2017のほうでは

  • 1.8 GHz 以上のプロセッサ。 デュアル コア以上を推奨
  • 2 GB の RAM (4 GB の RAM を推奨)
  • ハード ディスク容量: 最大 130 GB の空き領域。SSD推奨。
  • 720 p (720 x 1280) 以上のディスプレイ。 (768 x 1366) 以上推奨。

となっています。

 

実際には4GBでも厳しいです。

 

Python

今回はPythonもいれてみました。

スタートメニューはこのようになります。

f:id:apicode:20181206091317p:plain

 

起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20181206091449j:plain

 

最近は機械学習などでPythonが注目されてますし、Vスタ(VIsual Studio)からインストールしてもいいかもしれません。

 

Visual Studio 2019の不具合

早速エラーとなりました。

「visualstudio.editor.impementation.editorpackageパッケージは正しく読み込まれませんでした。

構成の変更または別の拡張機能のインストールが原因で問題が発生している可能性があります。」となっています。

f:id:apicode:20181205203734j:plain

 

なおアラート内で書かれているログを開いてみましたが、エラー原因はわかりません。

ただし今回はパソコン自体の再起動後、このエラーはでずに起動できました。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。