困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

Windows10、エクセル、ゲームなどで困った不具合と対処を調べたブログ

Windows10 |  オフィス |  スイッチ |  マインクラフト |  フォートナイト

【ワンドライブ】個人用Vaultって何?安全?

ワンドライブによりセキュリティを強化した機能が追加されます。その名も「個人用ボールト(Personal Vault)」。

近年はネットに運転免許証の写しなんかをアップされる方もいるでしょう。この新機能を使えば、重要なファイルをクラウド上に安全に保存できるようになります。

個人用Vaultって何?

Proud lock

ワンドライブに新しい機能が搭載されます。

 

個人用Vault」と呼ばれるものです。

 

Vaultってそもそも何? 

「Vault」は「金庫(貯蔵室や円天井の意味もあり)」という意味になります。

 

その名の通り、ワンドラ内の金庫といった位置づけになります。このフォルダでは2段階認証が適用され、より厳格な操作が適用されます。

 

 

最近では、例えば運転免許証やパスポートをカメラ撮影してそれをネットにアップして本人確認するような場合があります。

 

そのような重要なデータを、ワンドライブ内に安全に保管するための仕組みといえるでしょう。

 

 

 

このVaultは、追加費用等なく利用可能となります。

ワンドライブを無料で使っている場合には、無料のまま使えると思います。

 

 

Personal Vaultの使い方は?

ワンドライブ内に「個人用 Vault(Personal Vault)」というディレクトリが追加されます。

 

これは、ワンドライブのアップデートによって実施されるため、ユーザが特に追加作業は必要ないと思われます。

 

「個人用 Vault」は、マイクロソフト2段階認証で保護されています。共有は自動的にオフされるため、ファイルは非公開になっています。

 

非アクティブ状態が20分続くと自動でロックされます。

その場合「個人用Vaultを使用中ですか」との確認が出ます。これを無視すると5分後にロックされるかたちになります。

 

ワンドライブではPCとファイルが同期されてしまうため、パソコンから覗けるのではないかという気がします。が、PC上では暗号化された状態になります。

 

ウィンドウズ

うちではPCでは以下のように表示されています。

f:id:apicode:20191007164323p:plain

 

起動すると以下の画面から始まります。

f:id:apicode:20191007164327p:plain

 

許可して利用可能にします。

f:id:apicode:20191007164425p:plain

 

マイクロソフトAuthentificatorアプリで認証して確認します。

 

作った後は以下のようになり、普通にファイルを移動して配置します。

ただし一定時間利用しない場合は、再度アクセスするには認証が必要となります。

f:id:apicode:20191007164537p:plain

 

ブラウザ

そこでブラウザでonedrive.comへアクセスします。

すると、以下のように出てくるので「開始する」を選択。

f:id:apicode:20191001203906p:plain

 

認証を済ませるとブラウザ上では無事使えるようになりました。

f:id:apicode:20191001203908p:plain


 

アイフォン

ワンドラアプリでは「個人用Vault」という金庫アイコンのついたフォルダが出てきました。

f:id:apicode:20191001163320p:plain

タップすると説明がでます。

f:id:apicode:20191001163323p:plain

 

本人認証を済ませて利用開始しましょう。

今後はVaultを開こうとする場合にはタッチID等で認証する必要があります。

f:id:apicode:20191001163327p:plain

 

個人用Vaultを開くとこんな感じ。運転免許証やパスポートなどをいれるためのものであることがわかります。

f:id:apicode:20191001163331p:plain

 

もちろん+アイコンからファイルアップロードを選び、重要な書類をこのフォルダにいれておくことができます。

f:id:apicode:20191001163333p:plain

 

アンドロイド

アンドロイドのワンドラでも個人用Vaultができていました。

f:id:apicode:20191001163632p:plain

 

しかしこちらは認証がうまくいかずまだ開けていません。

 

個人用Vaultは削除できる?

一応スマホアプリでは削除のメニューが出せたので試しに押してみたら...

 

f:id:apicode:20191001203708p:plain

 

ということでした。

 

onedrive.com用で有効にしてから削除しようとしても同じメッセージが表示されて削除できません。

 

このあたりの仕様はまだよくわかりませんが、削除というよりは有効をオフにすると利用不可となる...という感じなのかもしれません。

 

容量は?

特に規定はないようなので、ワンドライブ全体の割り当て容量内であれば...という感じではないかと思います。

 

使っていない時間ですぐロックがかかるため、本人証明書のような重要書類以外を入れるのはかえって手間がかかると思います。

 

個人用Vaultは安全?

非アクティブ(使ってない)時間が続くとすぐロックされ、開くには認証が必要となります。

 

ワンドライブはPC画面が開いていると、誰でもアクセス可能状態になります。しかしVaultを開くには認証が必要となるため本人でないと開けなくなります。

 

重要書類を入れておくには安心できる環境であるとは思います。

 

 

Vaultの不具合

Xマークが表示される?

どうやらPCでVaultを利用。

利用がタイムアウトすると、その段階でXマークがついていました。

 

再認証してフォルダに入りなおせばXマークは消えました。

 

ワンドライブアイコンにもXマークが出ていますが、これは残りました。PC再起動後は消えています。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ

困ったことを調べたブログ | 困ったことを話したポッドキャスト | 困ったからつくってみたソフト