困ったー[ゲーム攻略]

マインクラフト、ARK、ROBLOX、7 days to die、Meta Quest 2など、サンドボックス・クラフトゲームを中心に攻略紹介。

【話題の商品】盲盒とは?日本で買うには?

中国で人気だという盲盒についてまとめてみました。

盲盒とは?

中国で人気なのが「盲盒(マンフー)」です。

 

「ブラインドボックス(Blind Box)」「Mystery Box(ミステリーボックス)」とも紹介されていますが、要は届くまで中身がわからないボックスです。

 

価格レンジは25~70元(約370円~約1050円)ですが、だいたい平均すると59元前後(約1000円)ぐらい。

 

日本では、大枠はわかるが実際にどれが出るかわからない「ガチャ」や、値段だけわかっている「福袋」といったシステムに馴染みがあるので、そんなに違和感はありません。

 

 

 

「盲盒(マンフー)」の商品は、非常に可愛くデザインされており、買いたくなるものわかるような気はします。

 

若者に好まれ、半数以上が女性ユーザです。

 

ポップカルチャー専門店「POP MART」では、19年の「独身の日」にブラインドボックスを200万個販売、売り上げは1日で約8212万元(約13億1392万円)にも上ったそうです。

中国の若者熱狂 1日200万個売れたおもちゃ「盲盒」とは?:日経クロストレンド

 

 

ただあまりの人気ぶり?にか、当局から規制が入りそうです。

法外に高い価格設定が禁止され、8歳未満は購入不可となるかもしれません。

中国で大流行のおもちゃ箱「盲盒」、当局が販売規制案を公表 | ロイター (reuters.com)

 

 

日本で買うには?

ポップマートが日本にもありますので、そちらの取り扱い品は購入できるようです。

 

BLINDBOX - POP MART JAPAN オンラインショップ

 

アマゾンやメルカリだと、ほんのちょっと出品がある程度でした。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ