困ったー

政治・経済から野球・ゲームまで困ったことを調べたブログ

政治・経済からゲーム・野球まで、困ったことを調べたブログ。

スポンサーリンク


【Oculus Quest 2】「Mare」の序盤プレイ、感想は?

Mareは、オキュラスクエスト2でプレイできるアドベンチャーゲームです。思ったよりもファンタジックでイマジネーションかきたてる作品となっています。

Mareとは?

オキュラスクエスト2でプレイできるアドベンチャーゲームです。

 

ただ通常のアドベンチャーゲームとは違った趣向も多く、ユニークさが際立つ仕上がりです。

www.oculus.com

 

Mareの序盤プレイ

最初は真っ暗な世界。指標?を選ぶとスタート。

f:id:apicode:20210108145628p:plain

 

雲の上編

こちらは雲の上の世界。

f:id:apicode:20210108145525p:plain

 

操作がわからずうろうろとしていると、止まり木?の上をトリガーを引いて選択。

f:id:apicode:20210108145544p:plain

 

すると鳥がやってきてとまります。どうやら自分は鳥で、移動先のポストを指定して進めていくようです。

f:id:apicode:20210108145550p:plain

 

またエネルギーを放出してかごを開放したりできます。

f:id:apicode:20210108145555p:plain

 

気球を選ぶと、先ほど解放した鳥たちが攻撃をしかけます。きっと敵かなんかなのでしょう。

f:id:apicode:20210108145601p:plain

 

取り逃がした気球を追っていきましょう。

f:id:apicode:20210108145605p:plain

 

暴風雨の中攻撃?しますが、残念ながら取り逃がしてしまいました。

f:id:apicode:20210108145611p:plain

 

 

女の子編

今度はまた別の島。

f:id:apicode:20210108150403p:plain

 

浜辺の物体にエネルギーを放出すると...

f:id:apicode:20210108150124p:plain

 

なんと女の子が!

f:id:apicode:20210108150500p:plain

 

解放してあげると、なついて?こっちにやってきます。

f:id:apicode:20210108150415p:plain

 

直接的なインタラクションはありませんが、こちらが移動すると追いかけてきてくれます。

f:id:apicode:20210108150420p:plain

 

女の子が通ることで次への道が開けました!

f:id:apicode:20210108150426p:plain

 

他にも自分でエネルギーを放出してドアをあけて女の子を通したり、

f:id:apicode:20210108150432p:plain

 

鐘が2つあるところでは、片方を指示するとこでそちらへ女の子を誘導できます。

f:id:apicode:20210108150440p:plain

 

このようにいろんなものを誘導したり、それによってドアを開けてもらったりしながら先へ進めていくようです。

 

言語は日本語対応していますが、ゲームプレイ自体は言語なしで進行しますので大丈夫です。

 

 

感想は?

特に事前情報がないこともあってあまり期待せずに購入しました。

 

しかし操作に慣れてくると非常にイマジネーション溢れるいい作品であることがわかってきます。

 

操作といってもスティックは使わず、選択可能なポイントを選ぶだけですのでかなり簡単です。

 

鳥の視点で操作する爽快感がある一方、移動位置は決まっていることもあってVR酔いなどはありません。

 

人間の女の子との掛け合いで進めていく操作もユニークで面白いです。

 

 

説明がない分最初は戸惑いますが、徐々に制作者の意図が見えてくると面白くなってきます。

 

四の五の言うよりは、あまり期待しないうちにプレイしてみるといいかもしれません。

 

(更新 2020/1/9)

クリアしました。

 

最後まで明確でわかりやすいストーリー紹介はありません。そのため、人によっては「意味わかんねー」で終わりかねない可能性はあります。

 

個人的には、ストーリーははっきりわからないものの、世界にはしっかり入り込めたのよでよかったと思います。

 

また、操作は最後までトリガーボタン1つだけで進めます。できることが少ない分、進むのに詰まった場合にどうやってクリアしていくかを考えるのに頭を使います。この辺りはゲーム制作者のゲームセンスを感じます。

 

人によって好き嫌い分かれそうですが、マシナリウムとか好きな人には合いそうな気もします。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ