困ったー

政治・経済から野球・ゲームまで困ったことを調べたブログ

政治・経済からゲーム・野球まで、困ったことを調べたブログ。

スポンサーリンク


【GoTo商店街】申請するには?どんなアイデアがある?

GoTo商店街の募集が始まります。これはGoToキャンペーンの商店街版ですが、顧客に直接クーポンを配るのではなく商店街が活性アイデアを提案したうえで支援してもらうというわかりにくいものです。

とはいえ、小さいお店ほど自粛などの影響をうけますし、なんとか商店街さんには回復のきっかけにしたいところです。

GoTo商店街とは?

Tamade

政府がうちだしたコロナ不況への対策で、商店街をターゲットにしたものです。

 

イートやトラベルと違ってユーザに直接クーポンや割引を提供するものではありません。商店街が独自に活性化策を考えてそれに対して補助金がつくというものになります。

 

GoTo商店街へ提案するには?

コンセプト

商店街の魅力を発信するものとなります。ただし時期的に3密対策をしっかり講じることが必須条件となります。

 

対象者

法人格を有する商店街振興組合、事業協同組合、商工会等の組織。または、民間事業者等(中小企業・小規模事業者に限る。)。

ただし法人でなくても、会員10者以上で、約7割程が中小規模の事業者であれば申請可能です。

 

補助金額

300万円(税込330万円) × 申請者数 
+ 500万円(税込550万円)(2者以上で連携し事業を実施する場合に限ります)

 

1者なら300万円までですが、3者以上なら 1,400万円まで

 

申請期間

以下が募集期間です。

来年2月までの実施が対象です。

先行募集 
【対象事業】
10月19日(月曜日)~11月30日(月曜日)に開始する事業
【募集開始日】
10月2日(金曜日) ※事業の開始時期ごとに応募締切を設定

通常募集
【対象事業】
12月1日(火曜日)~2月14日(日曜日)に開始する事業
※令和3年2月14日(日)までに事業終了すること
【募集開始日】
10月30日(金曜日)(予定) ※事業の開始時期ごとに応募締切を設定

 

Go To 商店街事業に関するお知らせ (METI/経済産業省)

 

 

提案アイデアの考え方

説明会が各地開催されていますので、基本的にはそちらで質疑をして確認してみてください。

 

アイデアを練る方向性としては、いかのようなところから考えていくといいかもしれません。

 

テーマにフォーカス

コロナ自粛期間は、マスクやデリバリーの容器、家の掃除による大量のごみが話題となりました。

そこで、「リサイクル」にテーマを絞り、商店街で古紙や家電回収・リサイクル品のアイデアコンテスト・リサイクル商品の積極的販売など、リサイクルにまつわるイベント期間を実施。

 

このように、わかりやすいワンテーマを作って、それに関連したイベント・コンテスト・商品販売といったプランをまとめていく方法です。

 

 

参加型イベントの開催

空き店舗やシャッターを学生さんやアーチストの方に開放。「インスタ映え」する空間を作ります。

 

縫製やアパレルに特徴のある町であれば、ソーシャルディスタンス服のコンテストなんか面白いと思います。

自作のソーシャルディスタンス服で来てもらえると面白そうです。

www.instagram.com

 

 

ネットへの情報発信

商店街で開催されるイベントの催事を、ネットでリアルタイム配信。

この場合、ネット配信機材、ネット配信運運営品などを補助対象の経費として申請しやすいと思います。

 

 

テクノロジーの活用

商店街のVR化。実際にVR上でお客さんと店主が会話したり購入できるなど。
この場合、VRデータの作成やVRデータのホスティングなどが費用として申請しやすいでしょう。

 

電子マネーや非接触タッチパネルなどを設置。すべてが非接触で完結する店舗・商店街の実現。

 

 

採択された案件は?

いかに第1次認定の商店街が紹介されています。

https://www.meti.go.jp/press/2020/10/20201016006/20201016006-1.pdf

 

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ