困ったー

政治・経済から野球・ゲームまで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【ヒット商品】江戸バースって何?いつスタート?儲かるの?

江戸バースは、江戸をモチーフにしたメタバースとなるようです。

ちょっと怪しそうな感じですが、どんなものなのでしょうか。

江戸バースって何?

Project Edoverse – デジタル空間に江戸時代復活

 

フェイスブックがメタバースを推進すべく「META」社となって以降、メタバースにビジネスチャンスを求める会社が増えています。

 

なかには「ネコバース」「鳩バース」などもでてくるほど。

 

で、「江戸バース」ですが、こちらはShinwa Wise Holdings株式会社、德川宗家19代德川家広氏らが立ち上げた江戸をモチーフにしたメタバース・Web3型サービスとなります。

 

Edoverse Foundationが運営する「江戸の町をモチーフとした仮想空間」上で、トークンによるあらたな経済圏を構築されます。

 

サイトによれば「江戸バース上で利用可能なNFTを販売。クリエイター作品も導入し、販売者にはロイヤリティを還元」するとしています。

 

おそらくですが「THE SANDBOX」のように仮想のアイテムや土地の分譲・NFTによる販売などをしていくものと思われます。

f:id:apicode:20220119192940p:plain

 

THE SANDBOXについては以下参照ください。

apicodes.hatenablog.com

 

 

いつはじまるの?

目論見書によれば、NFT販売は2022年7月からとなっています。

 

ゲームの正式ローンチは2023年末。

28c73bc84781f1b117a3f571eb059e1f.pdf (shinwa-wise.com)

 

2022年
2月 プロジェクトキックオフ・発表
4月 要件定義開始・リーガルストラクチャー確定
ホワイトペーパー公開・ランディングページ公開
5月 江戸バースコミュニティオープン・3Dデザインコンセプト確定
7月 Edo Coban及びEdo Zeniの発行
土地NFT販売開始
12月 プロダクトテスト
アートコンプレックス組み込み


2023年
1月―3月【江戸バース】非公開版試作版開始
4月―12月【江戸バース】公開版試作版開始・実証実験
12月末 【江戸バース】ゲーム正式開始

 

 

怪しい?儲かるの?

いわゆるメタバース、トークン系サービスになるものと思われますので、詐欺・ポンチスキームとはなかなかいいがたいと思います。

 

もしきちんとサービスが提供され、話題となって順調に利用者が増えればNFTの販売量も増えてビジネスチャンスはあるかもしれません。

 

一方でサービスが完成しない・ユーザ数が増えないなどの事由で企画倒れになる可能性ももちろんあります。

 

 

ちなみにShinwa Wiseの株価は上昇基調ですから、株買ってたほうが儲かるのかもしれません。責任は一切負いませんが...。

Shinwa Wise Holdings(株)【2437】:詳細情報 - Yahoo!ファイナンス

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ