困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

コロナ対策 |  Teams |  ARK |  Satisfactory |  フォートナイト

スポンサーリンク


【スナップチャット】Bitmojiの使い方

続々新機能をリリースするスナチャ。アプリは肥大化し、更新もしょっちゅうしないといけないのでかえって不便だったりしますが(笑)。

しかし面白い機能が増えているので許すことにするとして、機能が増えていくと使い方も覚えないといけません。そこで、ここではスナチャの新機能情報をまとめていきます。

3Dステッカー機能

スナップチャットでは自動的に顔の位置や大きさを取得して、人の顔の上に犬のパーツをのせて「犬人間」にしてしまう....など面白いレンズ機能を搭載しています。  

 

今度は3Dスタンプという機能で、特定の場所をマーキングすると、それを追いかけるようにスタンプ(ステッカー)が自動的に動いてくれるというものです。  

 

使い方は?

普通にまずは動画を撮影します。 動画を撮影するには、カメラボタンを長押しすると、その間撮影できます。  

その後は編集画面になります。

上にあるアイコンから「ステッカー」アイコンをタップします。 上にあるアイコンで右から3番目のアイコンです。

f:id:apicode:20160119152428p:plain  

好きなスタンプをタップして選びます。 すると動画の上にスタンプが配置されます。   そのステッカーを長押しします。  

 

すると動画の再生が止まります。

そしたら、スタンプを追跡するアイテムの上に移動します。 例えば猫の動画を撮ったら、猫の顔の位置へとスタンプを移動させましょう。  

するとあとは猫を追いかけるようにスタンプも自動的に移動。サイズも自動的に変更されます。   下はテスト用に作成したムービーです。

youtu.be  

慣れれば簡単に作成できます。  

 

通行人などのたまたま通りかかった人の顔をスタンプで隠しておく、なんてのも簡単にできます。  

 

どんな絵文字がある?

顔の絵文字

最初は定番の笑顔マークが多いです。

f:id:apicode:20160119152428p:plain  

スクロールしていくと、悲しいときやちょっといかったとき、不快なときや眠たいときに使える顔の表情が出てきます。

風邪アイコンなんてのもわかりやすくていいですね。

f:id:apicode:20160119152452p:plain  

いろんな人の顔

続けてスクロールしていきます。

すると、もうちょっと人間の顔をモチーフにした絵文字が出てきます。 中国人やインド人、ロシア人っぽいものまで。 f:id:apicode:20160119152555p:plain  

続いてお化けやエイリアン。 ハートマークや唇、目玉など、使い勝手のよさそうなアイコンも出てきます。これらは便利そうですが、案外下の方にあるので注意しましょう。

f:id:apicode:20160119152736p:plain  

手の絵文字

最後の方では手をモチーフにした絵文字が出てきます。

サムズアップ、サムズダウンや、グーチョキパー、上下左右の方向を指すパターンなどが用意されています。

f:id:apicode:20160119152738p:plain    

指で矢印の絵文字などは、自分をスナップした写真で特定の場所をマーキングして強調するのに便利です。

他自分の好きなアイコンがどの辺にあるか覚えておきましょう。

   

Bitmojiを使うには?

スナップチャットからもアバターを利用できるようになりました。とはいえ、アプリは別です。Bitmojiというアバターアプリと連携することで、アバターをスタンプとして貼ることができます。  

 

アンドロイドはこちら。 play.google.com

 

インストール後、起動するとこんな感じ。 スナチャアカウントでログインすることができます。

f:id:apicode:20160720144826p:plain  

 

アバターの作成

アプリを起動し、最初は自分のアバターを作成することができます。

最初は性別を選びましょう。

f:id:apicode:20160720144819p:plain  

 

顔のタイプや色を選んでいきます。

f:id:apicode:20160720144820p:plain  

 

服装も選んで完成させましょう!

f:id:apicode:20160720144823p:plain    

 

スナップチャットから使うには?

スナチャでまず写真を撮影します。 次に上のアイコンからスタンプアイコンを選びます(Tの横にある、付箋紙をめくるようなアイコンのものです)

f:id:apicode:20160720144547p:plain  

 

画面全体を左へスワイプすると以下のような画面となります。

f:id:apicode:20160720144549p:plain  

 

Bitmojiとリンクされていない場合には、リンクしましょう。

f:id:apicode:20160720144702p:plain  

 

リンクすると、あなたの作ったアバターをスタンプとして貼ることができます。

f:id:apicode:20160720144724p:plain  

 

リンク後、スナチャで写真を撮影し、スタンプ画面を表示してスワイプすると、以下のようにスタンプ一覧が出てきます。

f:id:apicode:20160720151905p:plain  

 

選んで、さらにスタンプを押しながら移動させることで場所を変えることができます。

f:id:apicode:20160720151945p:plain  

 

ピンチ(2本指をおして、その間隔を広げる)すると拡大させることができます。

f:id:apicode:20160720151911p:plain  

 

2本指で押したまま、手を回転させると絵柄も回転してくれます。

f:id:apicode:20160720151913p:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ