困ったー

マインクラフト、ARK、ROBLOX、7 days to die、Meta Quest 2など、サンドボックス・クラフトゲームを中心に攻略紹介。

今こそ聴きたい!ポールマッカートニーおすすめ10曲

ロック界のレジェンドでありスーパースター、ポールマッカートニー。名曲が多すぎますが、独断と偏見で10曲紹介。

初めての人はまずここからどうぞ。

ポールマッカートニーとは?

ビートルズ、ウィングス、ソロと時代をリードしてきたカリスマアーチストです。

 

 

ソロ、ウィングス時代

Another Day

ビートルズ解散後のソロ作品。

https://music.youtube.com/watch?v=LdA2wQXrsfY&feature=share

 

ただビートルズ最後のライブドキュメンタリー「Get Back」をみてみると、AnotherDayはもう完成して歌われていました。

 

ビートルズは解散してしまったので、ソロとしてリリースした感じでしょうか。

 

美しいメロディとやや物悲しい仕上がりの名曲。

 

 

Nineteen Hundred And Eighty Five

www.youtube.com

 

1973年の大ヒットアルバム「バンドオンザラン」収録曲でエンディングを飾る曲。

 

「バンドオンザラン」は、個々の曲のレベルが高いうえ、全体でもコンセプチャルにまとまったウィングス最強のアルバムといってよいでしょう。

 

出だしの「バンドオンザラン」からして何曲もメドレーしたような楽曲ですが、こちら1985もアップテンポやスローな部分など曲調が変化。

 

曲の良さに加えて構成の妙味がすごいです。

https://music.youtube.com/watch?v=Vb2P4xMVWlw&feature=share

 


BAND ON THE RUN [LP] (180 GRAM) [12 inch Analog]
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
楽天 >>
Amazon >>
Yahoo!ストア >>

 

 

007/死ぬのは奴らだ

www.youtube.com

1973年に公開された007ジェームズボンドの映画の主題歌。

 

オーケストラのアレンジはジョージマーティンが担当。

 

従来の007サントラといえばシャーリーバッシーなどが濃厚に熱唱するイメージでしたが、マッカートニー&ウィングスでポップな路線へとシフト。

 

ポップとはいえ007らしいスペクタクルな展開の楽しめる楽曲に仕上がっています。

 

 

Venus And Mars/Rock Show/Jet

www.youtube.com

1975年アルバム「Venus and Mars」収録曲。
アルバムではVenus And MarsからRock Showのメドレー。

USAライブではVenus And MarsからRock Show、さらにJetへのメドレー。

 

つなぎの曲からメインの曲へ、アップテンポからスローへ、飽きさせず聴かせる構成はただただしびれます。

 

 

心のラヴ・ソング

 

www.youtube.com

1976年「スピード・オブ・サウンド」収録曲。

 

バンドオンザランで成功を取り戻し、1975年から1976年にかけてのワールドツアーも大成功。まさにウィングス黄金期といってよいときの作品です。

 

 

原曲は「Silly Love Song(ばかげたラブソング)」で、「馬鹿げた(silly)ラヴ・ソングの何が悪い?」という歌詞は、多くのラブソングを生み出してきたまさにポールらしい作品。

 

楽曲のほうは、特に後半は3つの旋律がたくみに組み合わさって素敵なハーモニーを奏でます。

 

アルバムもいいですが、USAライブアルバム版もおすすめ。

 

ソー・グラッド

www.youtube.com

1979年、アルバム「バックトゥジエッグ」収録曲。

アルバムは商業的にはもうひとつでしたが、「ロケストラ」なる楽曲では

ピート・タウンゼント (ザ・フー)、デヴィッド・ギルモア (ピンク・フロイド)

ジョン・ポール・ジョーンズ (レッド・ツェッペリン)などそうそうたる大御所を集めてライブ一発どりに挑戦。

 

ソーグラッドは「ロケストラのテーマ」とともに、同メンバーらで作られた作品です。

 

正直みんな同じフレーズを引くので?メンバーの醍醐味はわかりませんが、多くの著名アーチストを集めてしまったバブリーな曲として面白いです。

 

「バックトゥジエッグ」でウィングス時代は終了となります。

 

 

ソロ時代

カミング・アップ

www.youtube.com

1980年『マッカートニーII』収録曲。

 

日本公演が大麻所持で強制送還という大失態になってしまった後のアルバムだけにどんな仕上がりか注目されました。

 

オールドファッション風から電子音楽までが、様々なスタイルにどん欲に挑戦した作品集といった感じでした。

 

本人が七変化するPVも観ていて楽しいです。

 

テイク・イット・アウェイ

www.youtube.com

1982年作品。

 

アフタービートルズのプレッシャーをはねのけて称賛を勝ち取ったウィングスのバンド活動も終了。

 

そのあとだけにどんなアルバムに仕上がっているか興味津々でしたが「Tug Of War」は肩の力を抜けた粒ぞろいの楽曲がそろったいいアルバムに仕上がっていると思います。

 

「テイク・イット・アウェイ」はその「タッグオブウォー」からのシングル・カットとなります。

 

なんと元々はリンゴ・スターに提供するために作った曲だそうで、結局自分で歌うことに。

 

 

セイ・セイ・セイ

www.youtube.com

1983年作品。

アルバム「Pipes of piece」収録。

 

ポール・マッカートニーとマイケル・ジャクソンのデュエットコラボ曲で、天下無双。

 

 

Long Tailed Winter Bird

2020年リリースのアルバム「McCartney III」の1曲目。

アルバムは全英アルバムチャートでソロ名義では31年ぶりとなる1位となりました。

 

正直もうポールといえども相当なお年。

 

過去の縮小再生産....と期待せずになめてかかって聞いてみたら、いきなりのキレッキレなインストルメンタルからスタートでびっくり。

 

ボーカリストとしては年齢を感じさせるものの、それを補ってあまりあるサウンドメイキングでした。

 

ポールは永久に不滅です。

https://music.youtube.com/watch?v=TnG_eCu4yBk&feature=share

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ