困ったー

政治・経済から野球・ゲームまで困ったことを調べたブログ

政治・経済からゲーム・野球まで、困ったことを調べたブログ。

スポンサーリンク


【異常気象】2022年の干ばつは?花粉は?

2021年はアメリカ西部や南米では干ばつがひどかったです。NOAAによれば来年もこの傾向は続くそうです。

2022年も干ばつは続く?

California's Drought

2021年はアメリカ西部や南米での干ばつはひどかったです。

 

カリフォルニアでは、約7割の地域で「極度の干ばつ」または「類のない干ばつ」となりました。

州の主要な貯水池が干上がり、干ばつの非常事態宣言もだされるほど。

写真で見る、カリフォルニア州の危機的な干ばつ | Business Insider Japan

米カリフォルニア、干ばつ深刻で41郡に非常事態宣言(米国) | ビジネス短信 - ジェトロ (jetro.go.jp)

 

南米もひどく、ブラジルでは川の流量は減り、水力発電に支障をきたしました。

トウモロコシが2割減となっており、穀物市場へも大きく影響しています。

【ブラジル】干ばつで電力不足。トウモロコシ2割減。 - 困ったー

 

NOAAによれば、干ばつ傾向は来年も続くようです。

Drought expected to persist in much of the Western US through 2022 and beyond, according to NOAA report (yahoo.com)

 

干ばつは地下水にもダメージを与えます。干ばつの年から回復するには数年を要します。

 

干ばつが続くようだと地下水への影響も厳しいものとなり、汲み上げでの水量の確保がますます難しくなるものと思われます。

 

その他2022年気象予測

花粉

コロナ禍では咳をするだけでも周りの目がいや~な感じになります。

花粉によるくしゃみは、抑えたいものですね。

 

 

来春の予測では、スギ・ヒノキ花粉は関東から九州で少ない見込みです。

 

ただ、北日本や北陸では多くなるとの予測が出ているので注意しましょう。

花粉飛散予想 2022年の花粉は関東〜九州で今年より減少 - ウェザーニュース (weathernews.jp)

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ