困ったー

マイクラ・フォートナイト・オキュラスで困ったことを調べたブログ

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

ARK |  7 Days To Die |  フォートナイト |  マイクラ |   

スポンサーリンク


祝開幕!2021年プロ野球! ~ 超素人の順位予想。

2021年プロ野球はいよいよ開幕です。

本来はAIとかで予想したほうがヒキはいんでしょうが、単に超素人の個人的見解による順位予想です。

2021年プロ野球のみどころ

今年の見どころは、延長戦中止とオリンピック日程でしょう。

 

まず延長戦中止により、9回めどで選手を投入しやすくなりました。

結果がどうなるかはまだわかりませんが、「引き分け」が増えてくれば日ハムやロッテのようなねちっこい野球をするチームは勝率で上位にという展開があるかもしれません。

 

オリンピック日程も気になるところ。主力選手が抜けたり、あるいは夏場にしっかり休憩が入ってベテランはプレイしやすいとかあるかもしれません。

 

パリーグ

NEWERA ニューエラ キャップ NPB CLASSIC 59FIFTY 日本プロ野球 クラシック フィフティーナインフィフティー 西武ライオンズ エアフォースブルー/チームカラー CAP[11121862/12746970]

1位:西武

菊池雄星が抜け、秋山が抜け、浅村が抜け...となっているので優勝押しにする人は少ないですが、なんだかんだいって2018,2019年優勝チーム。

 

打撃陣とリリーフ陣には定評があるのは言うまでもなく。

 

期待は先発陣で「高橋光成」「今井達也」「松本航」のドラ1組。いまいち開花してませんが、しかし1軍でかなりイニング数は投げてますから何かの気づきで大きく変わるのかな...と期待してます。

 

2位:ソフトバンク

普通にやれば1位ですが、柳田や今宮の怪我離脱なんかありそうということで2位にしてみました。

 

3位:楽天

先発陣はすごいですが、問題は打撃陣。「浅村が打つと勝つけど、打たないとわからない」というのは解消されてないのかなという感じ。

 

ただ斎藤隆さんが言ってましたが「早川リリーフ」というのはありで、そうなるとリリーフ陣はかなり強くなりそう。

 

4位:日本ハム

パリーグで一番好きなのは日本ハムです。

盗塁王西川、出塁率の近藤、打点王中田、新人王に高梨や有原、セットアッパーは宮西...と各ジャンルに鉄人がいるスタイルは、まさに栗山監督のいうドカベンのようなチームだと思います。

 

ただ近年はドラフトと育成がうまくいってないイメージです。

はずれ1位組の「上原」「堀」「吉田輝星」が伸びきれないのはどこかに問題がるような気も。。

 

5位:ロッテ

オープン戦で一番見たくなるチームがロッテ。

1番藤原、4番山口、7番安田...は十分魅力的。平沢の復活にも期待したいですし、佐々木投手の成長も楽しみです。

 

昨年は2位と健闘しました。

 

しかし...ですが、近年のロッテはタイトルホルダーがいなくて、角中ぐらい。図抜けた選手がいないということなのか、チームのまとまりで勝っている点ではすごいのか、なんかもやもやしているところです。

 

6位:オリックス

山本、山岡のダブルトップに田島、さらに宮城が山本昌か...と思うような腕の振りがすごいです。

 

バッターも太田、頓宮など注目選手が多いです。

 

しかし若手主体だと守備ミスが相変わらず多そうで、そうなると1点で抑えておけばいいところを2点取られ、もう1点とれば勝てた試合で点が取れていない....というこの1点の気迫がどうもオリックスには感じられないのが惜しいところ。

 

逆にそこがすごいのがソフトバンク。この差はまだまだ埋められないかなと思います。

 

 

セリーグ

阪神 タイガース 刺繍ワッペン 佐藤 輝明 シルエット 2&サイン 応援 ユニフォーム 佐藤輝明

1位:阪神

阪神は投手力は定評があるのですが、問題は打撃陣。

外人選手が当たると勝つし、外れれば負けるというわかりやすい体質でした。

しかし日本人の中軸として大山が昨年活躍。今年はそれに佐藤がくわわるということで、日本人左右中軸ができると何年にもわたって安定した戦いができそうです。楽しみ。

 

2位:巨人

普通にやれば1位。

 

3位:広島

なんだかんだで投手がそろってきました。

森下の加入が大きいのと、栗林のリリーフ定着がいい材料。

 

4位:ヤクルト

奥川、田口、バーデンハーグ次第。打線は内川が入って安定してよかったですが、山田選手のコンディションは心配。

 

5位:中日

いい選手がたくさんいるんですが、なんか野球がもうちょっと固まってないような惜しさはあります。

ただ、根尾、高橋、平田あたりが軸で決まると、ビシッと

 

6位:DeNA

外国人選手が間に合わないことに加え、ラミレス野球から三浦野球への切り替えがスムーズにいくかどうかが注目点。

 

 

まとめ

昨年も全然あたってないので、下位予想のチームの皆さん、怒らないようにw。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ