困ったー

困ったことを調べたブログ

オリンピック特集👉👉👉 😊チケット申し込みは5/28まで。

10連休でお金が無くなったところへ、この攻撃は卑怯!👉👉👉 😊エピックストアで、 WorldWarZ 3880->2330円、サティスファクトリー 3380->2380円。 😊マイクロソフトストアで、 Minecraft Windows 10 スターター コレクション 3500->2350円。 😊任天堂ストアで、 2本でお得 ニンテンドー 9980円。マリオメーカー2にも使えるよ。

QQドックス(騰訊文檔)の使い方

QQドックスは、WeChat・テンセント版のグーグルドックスです。

ワープロや表計算がオンラインで利用可能です。

ここではQQドックスの使い方、メリットデメリットなどをまとめていきあmす。

QQドックス(騰訊文檔)とは?

WeChat, QQなどを展開する中国のIT大手テンセントがリリースしたオンライン版オフィスです。

内容的には中国版のグーグルドックスといった感じで、ブラウザからワープロや表計算を作成・編集することができます。

 

メリット

WeChat(中国版のLINE)では、ミニプログラムとしてアプリをすぐ呼び出せる仕組みがあります。

このQQドックスもミニアプリとして登録可能。WeChatからすぐドキュメントを見れるようになります。

 

デメリット

現在は言語指定はなく、中国語のみのようです。

機能も、グーグルドックスがプレゼンテーションスライドや描画などに対応しているのに比べるとまだまだ少ないです。

 

QQドックス(騰訊文檔)の使い方

ログイン

サイトへアクセスします。

https://docs.qq.com/desktop

f:id:apicode:20180824094108j:plain

 

QQやWeChatのアカウントがあればログインできます。

うちは一応WeChatがあるので、スマホのWeChatアプリを開き

「発見>QRコードのスキャン」で表示されているコードを読み込みます。

すると自動的にログインされました。

f:id:apicode:20180824094114j:plain

 

ログインするとこんな感じ。

雰囲気はグーグルドックスのメニュー画面と一緒です。

f:id:apicode:20180824094456j:plain

 

右上にあるメニューからワープロ作成、表計算作成を選びます。

f:id:apicode:20180824094458j:plain

ワープロ

新規文書作成を選ぶとテンプレート画面があります。

f:id:apicode:20180824094549j:plain

 

こちらがワープロの画面。

上に文字サイズや色、並び方などのよくワープロにある編集アイコンが並びます。

f:id:apicode:20180824094552j:plain

 

ちなみグーグルドキュメントのワープロの画面はこちら。

雰囲気は似てますが、コマンドボタンなどはこちらのほうが多いです。

f:id:apicode:20180824094554j:plain

 

表計算

表計算はこんな感じ。

上に編集ボタンアイコンが並び、見た目はグーグルスプレッドシートと同じ感覚です。

f:id:apicode:20180824094926j:plain

 

表計算ソフトではおなじみ「SUM命令」をセルに入れてみました。

無事「合計」が表示されるようになりました。

f:id:apicode:20180824094928j:plain

 

一応こちらがグーグルのスプレッドシートの画面です。

f:id:apicode:20180824094930j:plain

 

 

評価は?

使った感想は?

使った感じ、日本語切り替えなどはないので中国語になじみがないとちょっととっかかりは平易ではありません。

 

しかし中国でビジネスされている方などは、文書や表計算の共有などではグーグルドキュメントの代わりとして使いやすいと思います。

WeChatからドキュメントをすぐ呼び出せると思うので、WeChatでやりとりしている場合には一層便利かなと思います。

 

ユーザ数は?

サービスとしては中国でも後発でありながらすでに1600万人ユーザが登録しています。

先行する石墨文檔が1000万ユーザ程度なので、あっという間に抜き去ったようです。

さすがテンセントといった感じでしょうか。

参考:

中国版Google Docs「騰訊文檔」、ローンチ4カ月で月間アクティブユーザー1600万人 | 36Kr Japan

 

そのほか、中国の人気のWebサービス一覧はこちらです。  

apicodes.hatenablog.com

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。