困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

[イベント情報!] ✅メーカーズフェア。趣味TECH祭 2019(夏)は8/3-4。

[スケジュール] ✅d払いで20%還元は7/1-7/31。 ✅ペイペイのセブンイレブン20%還元は7/31まで。 ✅ファミペイのチャージで最大15%還元は7/1-7/31。

[セール情報!] ✅3000円クーポン付き任天堂スイッチが登場。 ✅Office365が5%オフ!

【エクセル】練習シート 関数編

エクセル初心者の方や、ステップアップを目指すための方の練習シートです。

ここでは関数の使い方を中心に練習してみましょう

😀エクセル練習シート 最大値や平均値などの算出

Math and Pen

エクセルで平均値や最大値などを取得するための関数を使う練習シートです。

 

ここのサンプルデータは、関東の都道府県人口データを使います。

実際にエクセル上でシートを開く場合、以下からシートを無料でダウンロードできます。

www.dropbox.com


 

セキュリティ上の都合でシートのダウンロードをしたくない場合は、以下のテーブルを直接コピペし、東京都がA1セルにくるようにエクセルへペーストして使ってみてください。

東京都 13,839,910
茨城県 2,885,625
埼玉県 7,310,878
群馬県 1,951,183
千葉県 6,256,195
神奈川県 9,161,113

 

最大値、最小値を計算する

シートにある都道府県の人口データで最大値や最小値を、関数を使って計算してみましょう。

 

以下のようになれば正解です。

f:id:apicode:20190613091807p:plain

 

 

[回答]
正解はシート「最小最大」を参照ください。

f:id:apicode:20190613091647p:plain

 

入力は、

最大値の合計に「=MAX(B1:B6)」

最小値の合計に「=MIN(B1:B6)」

と入れて計算します。 

 

 

平均値を計算する

平均値と中央値を計算します。

平均とは総合計を個数で割ったものです。

中央値は、その名の通り中央の値となり、メジアンより大きい数値と小さい数値の個数が半々になります。

f:id:apicode:20190613091937p:plain

 

 

[回答]

解答はシート「平均値」を参照ください。

f:id:apicode:20190613092037p:plain

 

入力は、

平均値に「=AVERAGE(B1:B6)」

中央値に「=MEDIAN(B1:B6)」

をいれます。

 

 

合計を計算する

人口データの合計を算出します。

1~6までの人口データをすべて合算し、以下のようになればOKです。

SUM関数を使って計算してみましょう。

f:id:apicode:20190613092252p:plain

 

 

[回答]

正解は「合計値」のシートを参照ください。

f:id:apicode:20190613092254p:plain

 

入力は、合計値として「=SUM(B1:B6)」のように入力できればOKです。

 

 

条件をつけて合計を計算する

合計するときにある条件のものだけ合計させるのがSUMIF関数です。

これも知っておくと便利です。

SUMIF関数を使って、東京都を除いた人口の総合計を計算しましょう。

以下のようになればOKです。

f:id:apicode:20190613092812p:plain



[回答]

正解は「SUMIF」シートを開くとみることができます。

f:id:apicode:20190613092819p:plain

 

 

ここでは「東京都以外の人口合計」として「=SUMIF(A1:A6,"<>東京都",B1:B6)」のように記述できればOKです。

 

 

😀エクセル練習シート countで集計

よく企業ではアンケートを実施。

そのデータを集計し、利用者の実態把握などに利用しています。

そんな時に便利なcount系の関数をここで試してみましょう。

 

サンプルデータは「スマホの利用時間やアイフォンの所有についてアンケートしたものです。

 

以下より無料でダウンロードできます。

www.dropbox.com

 

セキュリティ等の都合でダウンロードできない場合、以下からコピペすることでも利用できます。  

A1に「名前」がくるようにペーストしましょう。

名前 年齢 利用時間 アイフォン
岸里 20代 10
吉田 10代 3
清宮 20代    
斎藤 30代 8
万波 10代 9
海老原 20代 1  
大谷 20代 0.5
田宮 10代    
有原 20代 2  

 

回答者の数を数える

利用時間を回答した人の数を算出します。

以下のようになればOKです。

f:id:apicode:20190614161854p:plain

 

[回答]

作成例はダウンロードしたファイルのシート「count1」にあります。

 

Cの列に利用時間の回答がありますので、COUNT関数を使って「=COUNT(C2:C10)」のように指定すれば計算できます。

 

空欄の数を数える

アンケートが空欄のままで回答のなかった人の数を算出します。

以下のようになればOKです。

f:id:apicode:20190614162231p:plain


[回答]

作成例はダウンロードしたファイルのシート「count2」にあります。

 

作成手順としては、空欄の数を数えるCOUNTBLANK関数を使います。

 

Cの列に利用時間の回答がありますので、COUNTBLANK関数を使って「=COUNTBLANK(C2:C10)」のように指定すれば計算できます。

 

 

数字以外のデータを数える

上記のcount関数は数字が入っている場合のみ利用できます。

ここではD欄で「アイフォン」に「〇」が入っている人の数を集計しましょう。

以下のようになればOKです。

f:id:apicode:20190614161902p:plain

 

[回答]

作成例はダウンロードしたファイルのシート「count3」にあります。

 

作成手順としては、文字が入っているセルをカウントしてくれるCOUNTA関数を使います。

 

Dの列にアイフォンの回答がありますので、COUNTA関数を使って「=COUNTA(D2:D10)」のように指定すれば計算できます。

 

条件を指定して集計する

特定の条件だけ集計してみましょう。

B列に年齢データがあるので、ここから「20代」とある人だけ集計しましょう。

以下のようになればOKです。

f:id:apicode:20190614161905p:plain

 

 

[回答]

作成例はダウンロードしたファイルのシート「count4」にあります。

 

作成手順としては、文字が入っているセルをカウントしてくれるCOUNTIF関数を使います。

 

COUNTIFではCOUNTIF(範囲、条件)のように指定します。

 

この場合、範囲はB列で、指定条件は「20代」です。

 

「=COUNTIF(B2:B10,"20代")」のように指定すれば計算できます。

 

 

 

 

[エクセル関数の関連記事]

  1. 【エクセル】関数の不具合一覧 表示しない?動かない? - 困ったー
  2. 【エクセル】計算で使う関数のまとめ 種類は?不具合は? - 困ったー
  3. 【エクセル】IF関数のまとめ 種類は?不具合は? - 困ったー
  4. 【エクセル】他のセルを参照・検索する関数のまとめ 種類は?不具合は? - 困ったー
  5. 【エクセル】文字関数のまとめ 種類は?不具合は? - 困ったー
  6. 【エクセル】日付関数のまとめ 種類は?不具合は? - 困ったー
  7. 【エクセル】書式設定の関数まとめ 使い方は?不具合は? - 困ったー
  8. 【エクセル】地理関数のまとめ 使い方は?不具合は? - 困ったー
  9. 【エクセル】株価・ビットコイン関数のまとめ 使い方は?不具合は? - 困ったー
  10. 【エクセル】練習シート 関数編 - 困ったー
このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 ご利用にあたっては、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとしますん。あらかじめご了承ください。