困ったー

困ったことを調べたブログ

😊2/13-19はオリガミPAYでケンタッキー半額です (首都圏のKFCのみ)。 😊2/1-28はd払いでファミマのコーヒー無料キャンペーンです。 😊2/12-21はファミマのLINEPAYが20%還元です。 😊2/12-5/31はペイペイ20%還元第二弾が実施されます。 😊2/9-16は楽天お買い物マラソン。2000円オフクーポンなどがあります。 💖2019年、2019年は中国語をマスター作戦実施中。 中国語、インドネシア語で内容のチェック協力できるかた、若干名募集中です& 🎌5月から元号変更です。 😡10月から増税です。 🏌2020/7/24から東京オリンピックです。

元号変更は5/1 ウィンドウズ更新は間に合う?ワードやエクセルは対応可能?

いよいよ2019年には新元号が発表されます。書類やシステムで西暦で対応しているところはいいのですが、免許証など元号表記のものは更新日に注意する必要があります。

元号変更 注意点は?

First Calendar Page of the Year

日本では西暦(20xx年)という表記と、元号(平成x年)という表記が混在しています。

 

元号がいいか悪いかという議論は別として、あるものは西暦で表記されあるものは元号で表記されると、なかなか「えっと平成元年はバブルがはじけたころだから19xx年頃で...」と計算するのは大変です。

 

もし元号で処理をする通販サイトなどを持っていたら、新元号に対応させるなどの措置が必要となってきます。

 

いつ公表される?

新年の安倍首相の演説で、混乱をさけることもあって4月1日に発表されることが伝えられました。

 

 

ウィンドウズの更新は間に合う?

退位の1月前に発表となった大きな理由は、なんとウィンドウズでした。

 

ウィンドウズ更新の基本的な日程の方針は、毎月1回、第2水曜日での更新(だそう)です。

 

すると2019年4月は10日、5月は8日です。

そのため、4/11や4/3などの案があったものの、4/1発表ということに収まったようです。

 

通常のパソコン

私たちにどのような影響があるでしょうか。

まず通常のウィンドウズは西暦表示のため、ほぼ影響はないでしょう。

f:id:apicode:20190105103425p:plain

 

業務システム

問題なのはカレンダーと連動したような業務システムです。

昨年末自動車保険を更新したら、なんと?期限は平成31年12月までと表示されていました。

 

で、どのようなものが元号で表記されているかまとめてみました。

 

これらは業務システムの日付に関係する該当部分を変更しないといけません。

ただし、今回はあらかじめ変更されることがわかっているため、各社準備済ではあると思います。

比較的スムーズに移行するのではないかとは思います。

 

マインナンバーやパスポートは西暦表示なので影響はなさそうです。

特にパスポートは、一度作成すると10年有効なため更新頻度は高くありません。

 

ワード

ワードでは日付挿入機能があります。

「挿入」タグを選び、「テキスト>日付と時刻」で選ぶだけで日付を文章内に入れることができます。

文書内に例えば作成日として「平成31年1月6日」として変更しないのであれば特段問題はないでしょう。

f:id:apicode:20190106213053p:plain

 

注意しないといけないのが「自動的に更新する」をチェックして挿入した場合です。

これで入った日付は、文書が開くたびに更新されます。

 

2019/5/1以降は、(新元号)1年5月1日」のように自動で変更されるかどうかです。

おそらく問題ないとは思いますが、無事変更されているか確認作業をしてみるとよいでしょう。

f:id:apicode:20190106213116p:plain

 

エクセル

エクセルではセルを選び「コントロール+;」で日付を挿入できます。

f:id:apicode:20190106213530p:plain

 

書式設定で「日付」を選び、カレンダーを「和暦」にすることで、元号付きの日付に変更することができます。f:id:apicode:20190106213640p:plain

 

問題はセルに関数「=TODAY()」や「=NOW()」を使っている場合です。 

これら関数は現在の日付に更新されるため、2019/5/1以降は新元号への表記に切り替わるかどうかが注意点です。

 

おそらく自動的に変更されるものとは思います。

が、万が一変更されない場合はエクセルのバージョンが低い可能性があります。

アップデートがないか、確認する必要があります。

 

 

元号で表記されている主なシステム

1993-Heisei-1-Yen

運転免許書

運転免許証は元号表記です。

更新日「x年まで有効」も元号表記のままですので、以下のように平成34年までとなっている方もいることでしょう。

 

更新日前には警察署からはがきで更新のハガキが来るので、基本的には大丈夫だとは思います。

f:id:apicode:20180925102046j:plain

運転免許の更新等運転免許に関する諸手続について|警察庁Webサイト

 

なお、今後は記述が西暦へ変更されるとの報道があります。

運転免許証の有効期限、西暦表記に 来春にも :日本経済新聞

 

保険証

元号表記です。

 

保険

会社によって違うとは思いますが、うちの自動車保険でも書類の表記は平成が利用されていました。

ちなみに、某真島誠二さんがいて、コールセンターには土屋太鳳さんがバイトしているという会社の保険です。

 

障害者手帳手帳

元号表記です。  

 

税務書類

確定申告などの提出書類は、「平成●●年分の確定申告書」となっており、生年月日の記述も「昭和や平成」xx年のように記載します。

 

今回の元号変更で大きな支障はないものとは思いますが、そろそろ西暦で統一してくれたほうがいいのではないかと個人的には思います。

  

コイン

通貨は元号表記です。

よって造幣局が対応すべき問題なので、通常の人には影響がないでしょう。

 

ただし平成31年や、新元号1年の通貨は希少価値が出る可能性があります。

タンスのうらにでもこっそりとっておくといいことがあるとか、ないとか....

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。