困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

👉👉👉セール情報!

😊3000円クーポン付き任天堂スイッチが登場。 😊Office365が5%オフ! 😊Photoshopエレメンツが30%オフ(-6/26まで)

👉👉👉節約情報!

😊オリガミペイで最大3%オフは6/1-9/30。 😊オリガミペイでケーズ、ヤマダ電機などで10%オフは6/12-25。 😊ペイペイ10%還元は6/1-6/30。

【Windows 10】ペイントの使い方 なくなる?

ペイントは、ウィンドウズ標準でついている画像ビューワ+画像エディタです。

以外に機能はそろってますので、ちょっとした加工はこのソフトだけでもできるので重宝すると思います。

ペイントとは?

ウィンドウズに標準で入っている画像加工ソフトです。

以前のウィンドウズで定番的に入っていましたが、ウィン10でも最初から入っています。

ただしウィンドウズ10では「ペイント3D」なるソフトも加わってきたので、ちょっとわかりにくいです。

「ペイント3D」は、3D機能をペイント感覚で使える便利なソフトですが、普通に写真や画像を開いて修正するだけであれば「ペイント」のほうが楽です。

 

なくなる?

スタートメニューで「Windowsアクセサリ」のなかに「ペイント」があれば、それを起動します。

f:id:apicode:20190117194707p:plain

 

なお今後はウィンドウズインストール後は入らないようです。

その場合マイクロソフトストアから入手しなおす必要があります。

f:id:apicode:20190119105404p:plain


 

 

 

ペイントの使い方

起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20190119104735p:plain

 

ファイルメニューで、開いたり保存したり印刷可能です。

対応ファイルは

  • GIF
  • PNG
  • JPG
  • BMP
  • TIF
  • ICO

といったところです。

ウィンドウズで標準的にに使われるものはとりあえず揃っています。

f:id:apicode:20190119104728p:plain

 

写真を開くと、下のバーにサイズや容量が表示されます。

右端のスライダを使うと表示サイズを拡大したり縮小できます。

f:id:apicode:20190119105009p:plain

 

描画

ペンツールが画面上部のバーに格納されています。

種類、色、幅を指定して、キャンバス上に描画できます。

f:id:apicode:20190119105217p:plain

 

さらに図形を選ぶことで、四角形や円なども描くことができます。

f:id:apicode:20190119105310p:plain

 

文字

文字は文字アイコンをクリック後、キャンバス上で範囲を指定します。

f:id:apicode:20190119105621p:plain

 

あとは文字を入れましょう。

f:id:apicode:20190119105612p:plain

 

リサイズ

画像サイズの変更もできます。

まずは「サイズの変更」アイコンをクリック。

f:id:apicode:20190119110225p:plain

 

あとはパーセントで比率を指定するか、ピクセルで大きさを直接設定するかしましょう。

f:id:apicode:20190119110226p:plain

 

指定範囲の編集

画面上をドラッグして範囲を指定。

コピペできるだけでなく、回転させることも可能です。

f:id:apicode:20190119105111p:plain

 

便利な技は?

グリッドを使う

グリッドを使うと、画面上に格子状の模様がガイド線として表示されます。

利用するには「表示」メニューで「グリッド線」をチェックします。

f:id:apicode:20190119105822p:plain

 

直線を引く

グリッドと組み合わせて使いたいのが直線で線が描ける機能です。

シフトをおしながらペンで自由線を描くと、直線が描けます。

斜め上なら自動的に45度の角度を保った直線が描けます。

f:id:apicode:20190119110020p:plain

 

 

ペイントの不具合

ファイルが開かない?

一部のJPEGは特殊なフォーマットで保存される場合があり、JPEGでありながら開かないという場合があります。

 

 

不具合の場合、ほかの無料ペイントソフトを利用して、開けるか・加工できるか試してみるのがよいでしょう。

 

文字が入らない?

スマホで撮影した写真などはサイズが大きい場合がよくあります。

そこに文字を入れようとすると、11ポイントでは小さすぎて文字が入っていても目で見えない場合があります。

 

文字サイズを大きくしてから入力してみましょう。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。