困ったー

困ったことを調べたブログ

オリンピック特集👉👉👉 😊チケット申し込みは5/28まで。

10連休でお金が無くなったところへ、この攻撃は卑怯!👉👉👉 😊エピックストアで、 WorldWarZ 3880->2330円、サティスファクトリー 3380->2380円。 😊マイクロソフトストアで、 Minecraft Windows 10 スターター コレクション 3500->2350円。 😊任天堂ストアで、 2本でお得 ニンテンドー 9980円。マリオメーカー2にも使えるよ。

プリンター、量販店での選び方・注意点[2019年版]

新学期や新入社でパソコンを買いたい場合、ついでにプリンタの購入も考えたいところ。うちでもちょうどプリンタ買い替えを検討中です。メモがてらチェックするポイントをまとめていきます。

プリンタは必要?

dell printer

プリンタは必要か検討する

そもそも年数回印刷するぐらいであれば、コンビニで印刷しても問題ないでしょう。

 

うちでもここ数年はプリンタの字がかすむようになっていて使えなくなっています。

そのかわり、コンビニでプリントすることが多くなりました。

行くのは多少手間ですが、買い替えるよりはコストは全然いいです。

apicodes.hatenablog.com

 

とはいえ、「はがきをよく作る」「ビジネス資料はうちでも印刷したい」「地域の役員となり、なにかと文書を作って配る必要がある」「学校の宿題等の提出が多い」「CDラベルを印刷したい」...など、目的があってプリンタを購入したいこともあるでしょう。

 

うちでも、たくさんコピーをしそうなどの理由でプリンタを買うことにしました。

 

価格帯を調べる

リサーチがてら店頭でプリンタを見ると、1万円以下の初心者向けモデルか、2~3万前後のものが多い感じでした。

 

楽天やアマゾンでは、必要な機能のだけチェックしてフィルタリングしながら検索できます。

「自分が求める機能のプリンタがどのぐらいの価格帯なのか」を確認するためにアマゾンなどを見てみるのもいいかと思います。

 

 

チェックポイント

必要な機能を検討する

アマゾンのプリンタページでは、画面左側にチェックがあります。

チェックを入れると、その機能に対応した製品が一覧できます。

f:id:apicode:20190322090901p:plain

 

基本機能

f:id:apicode:20190318175126p:plain

プリンタでは印刷以外にも、コピー、スキャン、写真プリント、FAXなどの機能を持つものがあります。

 

コピーがあれば、紙のファイルをスキャンしておなじものを複製してくれます。

スキャンはスキャナー機能で、データ化してパソコンなどに取り込みます。

写真プリントは、写真のような高画質印刷が可能。

FAXならファックスをうけたり、相手のファックスへ文書を流したりできます。

 

今回うちは、「コピー」機能ぐらいまであればいいかなという感じです。

 

カテゴリ

プリンタでは、インクジェット、レーザープリンタなどの区分があります。

印刷方式は画質へ大きく影響します。

家庭用の安価なプリンタならインクジェットが多いと思います。

f:id:apicode:20190318175121p:plain

 

うちでは、そんなに画質や印刷速度にはこだわらないのでインクジェットプリンタにしようと思います。

 

出力タイプ

f:id:apicode:20190318175124p:plain

カラーかモノクロでも選択可能。

 

一応うちではカラーにしようかなと思います。

 

用紙サイズ

通常はA4ぐらいまででそんなに大きなものを印刷することもないかと思います。

f:id:apicode:20190318175123p:plain

 

今回はA4程度があればいいかなと思います。

 

その他の特徴

他の検討事項としては

  • 接続方法(USBやWiFi)
  • 両面印刷への対応
  • CDラベルへの対応

などがあります。

自分の目的に応じて選んでみましょう。

f:id:apicode:20190318175128p:plain



インクに注意!

Printer

プリンタは購入時だけがお金が掛かるというものではありません。

 

実はインクカートリッジが曲者です。

 

インクの情報は、上記のように検索で調べるというのは難しいです。

そこでレビュー欄をよくみてみましょう。

 

互換インクは使えるか?

インク代を安く提供する互換インクがあります。

通常はメーカーが純正インクを出していますが結構高いです。

それに対し、外部企業が勝手に?対応インクを作って販売しています。

 

安くプリンタを買ったとします。

でも純正インクしか利用できない機種であれば、結果的にインク代がかさみ、トータルのコストが高くなります。

 

ちょっと高いプリンタであったとしても、純正インクで対応可能だとします。結果的に、トータルでは安くなるかもしれません。

 

レビューによっては、「互換インクが使えない」と指摘してくれるケースもあります。

量販店店頭ならば「互換インク」対応か店員さんに確認してみましょう。

 

インクは単体で用意できるか?

ある機種のレビューを見ていたら、インクカートリッジでバラ売りがないもがあるようでした。

 

カラープリンタでは、黒・赤・緑色などの色別にインクカートリッジがあります。

 

印刷内容によって使うインク量が異なります。

先に赤のインクだけなくなったりします。

通常はなくなった色のインクカートリッジだけ買って入れ替えればいいはずです。

 

しかしカートリッジが色ごとではなく、4色で1つのカートリッジという仕様だとします。すると、1色分使いきっただけでも4色丸ごと入れかえとなります。

 

このように買い替え頻度があがってしまうと、ランニングコストが高くことになります。

 

量販店店頭であれば「インクはバラで買えるか?」といったことも店員さんに確認してみるとよいでしょう。

 

 

1万円以下ならどれがいい?

ということでいろいろ調べたりした結果、1万円以下のものを購入してみました。

レビューはこちら。 

apicodes.hatenablog.com

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。