困ったー

困ったことを調べたブログ

節約生活👉👉👉 😊4/20-23は、amazonタイムセール祭りです。 😊4/19-30は、平成最後の超Payトク祭が実施。ラインペイで最大20%還元です。 😊2/12-5/31はペイペイ20%還元第二弾が実施中。

やってくるぞ!令和、連休!👉👉👉 🎌5/1から元号「令和」です。ウィンドウズやエクセルで対応を確認しておきましょう。 🎌4/27-5/7は10連休が実施中。 🎌ディズニーデラックスなら1か月無料で見放題。 🎌連休中はやっぱりゲーム。 フォートナイトマイクラWorld War Zサティスファクトリーなどなど。 😊現在Twitchプライム加入でスイッチオンラインが1年間無料です。

今後何が起きる?👉👉👉 😡10月から増税スケジュール>増税です。 🎌2020/7/24から東京オリンピックです。

【Windows 10】パソコン買うならオフィス付き?不要?

パソコン買うならマイクロソフト(MS)オフィスがついてなきゃ...という人は案外多いです。その割にオフィスがついていても、実際には年賀状程度の利用だったりという方も多いことでしょう。

ここではパソコン購入時、オフィス付きにするかどうかのメリット・デメリットについて解説していきます。

パソコン買うならオフィス付?

World through a S/W Engineer's eyes .........

パソコンでオフィスの付属をオプションで選ぶと、価格も数万円アップします。

最近では無料でオフィスの基本機能がが使えるものはありますので、もし案外そんなに必須でなければ他の代わりとなるオフィスを使うのも手でしょう。

 

MSオフィスが必須の人

「取引先がMSオフィスを利用しており、エクセルやワードでの書類のやりとりが頻繁である」という場合はやはりMSオフィスにしておくとよいでしょう。

 

ただしパソコン購入時にオフィス付属版を買うという方式以外に、パソコンはオフィスなしで購入し「オフィス365」を使ってオフィスを後からダウンロードする方法があります。

 

「オフィス365」は月額制のサービスで、そのかわり購読中はずっと最新のオフィスの機能が利用できます。

複数のPCへインストールしてもOK(ただし一度に利用できる台数は制限があります)。

月額1000円程度です。 

apicodes.hatenablog.com

 

 

MSオフィスが不要の人

年賀はがきや業務報告書の作成、予算書や経費のまとめ程度の利用であれば、必ずしもMSオフィスにする必要はないでしょう。

 

最近では以下のように無料で使えるオフィス製品という選択肢があります。

試してみて機能的に問題なければ、そちらを使ってもよいでしょう。

 

 

MSオフィスが不要の場合は?

j0291978.jpg

業務文書やPDF文書、予算の計算や単なるスライドショーの作成程度であれば、MSオフィスは不要です。

 

オープンオフィス

無料で使えるオフィスの代表格がこの「オープンオフィス」です。

 

リブレオフィス

リブレオフィスも無料で利用可能です。

画面はちょい前のMSオフィスといった感じで、上部にアイコンが並ぶインタフェース。人によっては通常のMSオフィスよりもこちらのほうが使いやすいかもしれません。 

apicodes.hatenablog.com

 

 

グーグルドキュメント

うちでもメインで使っているサービスです。

こちらはオンラインで完結するため、わざわざソフトを入れる必要はありません。

またスマホアプリを使ってスマホからも編集可能です。

 

利用可能なのは

  • グーグルドックス:ワード替わり
  • グーグルスプレッドシート:エクセル替わり
  • グーグルスライズ:パワポ替わり

 

他にもアンケートを撮るのに便利なグーグルフォーム、描画機能のグーグルドローイングなどが利用可能。

 

もし複数のPCやスマホから同じデータを見たり編集することが多い人には、こちらがおすすめです。

基本利用は無料です。

 

 

結局おすすめは?

うちではMSオフィスはオフィス365を利用し、それとグーグルドックスを併用する形式をとっています。

 

オフィスは業務によっては「エクセルでのファイルのやりとり」を要求されるケースもあるので仕事上必須という面もあります。

月額だと長く使うと損...と思われるかもしれませんが、ワンドライブで1TB(テラバイト)の容量もついてくるため、通常のネット上のディスクサービスとして考えても価格は割に合うと思います。

 

個人的なデータや簡単なドキュメントならグーグルドックスで作成しています。

こちらは無料で利用できるうえに、PCかスマホがあればどこからでもアクセスできるためです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。