困ったー

WIN10・アプリ・ゲームで困ったことを調べてみた

マイクラ攻略フォートナイトDVDUSBPDFエクセル2020

【エクセル2016・2019】データの取得 ビットコイン価格・JSONを取り込むには?

オフィス365のエクセル、またはエクセル2016やエクセル2019では、データの取得を使っていろんなデータを取り込むことができます。

ネットやデータベースへ接続すれば、データが更新されて最新値になります。株価やビットコイン価格、商品の仕入れ価格などの最新データを表計算へ反映させます。

データの取得

LEGO Collectible Minifigures Series 11 : Scientist

「データ」タブではいろんなデータの取得用ツールが置かれています。

CSV、XML、JSONのファイルだけでなく、 SQLサーバーやウェブサイトからもデータをリンクすることができます。

 

うまく使えば、最新の株価や在庫状況、他社の販売価格などの情報を利用できるようになります。

 

JSONファイルを取り込む

エクセルではJSONフォーマットも取り込めるようになりました。

JSONとはAPIを利用時に応答フォーマットとしてよく利用されます。

 

データタブを選びます。リボンから「新しいクエリ>ファイルから>JSONから」を選びます。

f:id:apicode:20181119090708p:plain

 

するとダイアログが出てきます。よければ「テーブルへの変換」ボタンを押します。

f:id:apicode:20160428112023p:plain

 

するとテーブルへ変換したときの結果が出てきます。

f:id:apicode:20160428112133p:plain

 

「閉じて読み込む」を押すと、セルのほうへ反映されます。

f:id:apicode:20160428112248p:plain

 

最新のビットコイン価格を取得する

ビットコインの最新情報を提供しているサイトを使って、最新価格のデータを入手します。

 

コインマーケットキャップへアクセスし、好きな暗号通貨を選びます。

https://coinmarketcap.com/

 

「Tools」タブを選ぶと下のほうに「API Ticker」というリンクがあるのでコピーします。ビットコインの場合は以下になります。

https://api.coinmarketcap.com/v2/ticker/1/

 

内容は以下のようなJSONとなります。

{
"data": {
"id": 1,
"name": "Bitcoin",
"symbol": "BTC",
"website_slug": "bitcoin",
"rank": 1,
"circulating_supply": 17382912.0,
"total_supply": 17382912.0,
"max_supply": 21000000.0,
"quotes": {
"USD": {
"price": 5621.71665948,
"volume_24h": 4157178122.00296,
"market_cap": 97721805981.0,
"percent_change_1h": 0.34,
"percent_change_24h": 1.05,
"percent_change_7d": -12.16
}
},
"last_updated": 1542585374
},
"metadata": {
"timestamp": 1542584626,
"error": null
}
}

 

次にエクセルで「データの取得>その他のデータリソース>Webから」を選びます。

f:id:apicode:20181119090833p:plain

 

コピーしたリンクを貼り付けます。

f:id:apicode:20181119091850j:plain

 

すると読み込まれます。

f:id:apicode:20181119091852j:plain

 

data>quotes>USDとクリックしていくと、価格や24時間の取引高などの情報のある層へたどりつきます。

f:id:apicode:20181119091855j:plain

 

「テーブル変換」し「閉じて読み込む」を実行します。

f:id:apicode:20181119091858j:plain

 

するとテーブル状態でワークシートのほうへ挿入できました。

f:id:apicode:20181119091900j:plain

 

更新するには価格のところのセルを右クリックし「更新」を選ぶと、データが再度読み込まれます。

 

データ取得の不具合

接続が無効?

せっかく外部のサイトへ接続したのに再起動すると、セキュリティ警告で無効にされています。

f:id:apicode:20181119092454j:plain

 

この場合「コンテンツの有効化」を押すと以下のようなダイアログが出ます。

どうやら「信頼済ドキュメント」になっていないためのようです。

「OK」で接続が開始されます。

「今後このメッセージを表示しない」にすると出なくなります。

f:id:apicode:20181119092457j:plain

 

削除したデータ範囲は、外部ソースからデータを取り出すクエリに関連付け

データを外部ソースとリンクしたセルを削除しようとすると「削除したデータ範囲は、外部ソースからデータを取り出すクエリに関連付け... 」という確認メッセージが出てきます。

外部ソースとのリンクが不要の場合は「はい」で一緒に削除して大丈夫です。

f:id:apicode:20181119094027j:plain

 

 

 

 

その他のエクセル関連記事はこちら。 

apicodes.hatenablog.com 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 ご利用にあたっては、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとしますん。あらかじめご了承ください。