困ったー

困ったことを調べたブログ

3Dプリンタ「ダヴィンチmini」 評判は?不具合は?

3Dプリンタブーム?は今は下火な気もしますが、それでも廉価版はかなり手頃です。今回は3万円前後で購入できる「ダヴィンチmini」を購入してみましたので、レビューしてみます。結果から言うと、コスパはまずまずではないでしょうか。ただし印刷時間はやっぱり結構かかります。

ダヴィンチminiとは?

3Dプリンター ダヴィンチ mini w (無線LAN対応 Wi-Fiモデル)

 

先日のアマゾンプライムデーでは、3Dプリンタ「ダヴィンチ」が3万円を切る価格でタイムセールされました。 さすがに好評で、早朝の開始時間をのぞいてみたら「キャンセル待ち」すらないほどあっという間にディールが終わってました。   ただしその後も「ダヴィンチミニ」の商品ページをチェックしていたところ、wifi版でも3万円台で提供されておりました。   ダヴィンチminiは、廉価版の3Dプリンタです。 安いので制限がありますが、それさえクリアできれば購入しやすいです。  

 

◆造形可能サイズ 「15cmx15cmx15cm」が出力できるオブジェクトのサイズ上限です。 ただしレビューを見ると、大きいものを出力しているといろいろ問題はあるようで、実際にはもっと小さいサイズが出力ターゲットとなるでしょう。

 

◆造形方式 3Dプリンタでも造形方法がいくつかあるようで、このダヴィンチの場合PLA方式のみとなっています。 単色フィラメントを使った造形となり、いろんな色が配合されるようなデータでフィギュアのようなものを作るには不向きとなります。  

◆通信方式 「ダヴィンチmini」には、USB接続でデータを送る<「ダヴィンチmini」や、WiFiでも接続できる「ダヴィンチmini w」があります。 今回「ダヴィンチmini w」を購入しましたが、wifiのセットアップなどで最初はUSBでPCとつなぐ必要があります。  

 

評判は?

レビューでの評判を見ると、

  • サポートがよい
  • 耐久性がまずまず

と、廉価版につきものの?ようなトラブルが比較的少なそうでした。   ということで、アマゾンでポチることにしました。     

 

ダヴィンチminiのレビュー

今回はアマゾンで購入。翌日には配送されました。  

箱をあけるとこんな感じ。 上部にはケーブルやハケなどが収納されています。

https://www.instagram.com/p/BXkCG00FrzJ/ #3dprints #3dprinters #davincimini #3dプリンター  

 

本体はこちら。 https://www.instagram.com/p/BXkCM24lKha/ #3dprints #3dprinter #davincimini  

 

フィラメントもこのように付属しています。 お試しでは十分な量かと思います。

https://www.instagram.com/p/BXkCSDwlSdr/ #3dprints #3dprinter #davincimini  

 

本体のセットアップ

本体内部には、梱包用の段ボールや支柱?パーツがあるので取り除きます。

https://www.instagram.com/p/BXkCV1OF9iu/ #3dprinter #davincimini  

 

各部がシールで保護されているので外していきます。

https://www.instagram.com/p/BXkCZfFl2Ib/ #3dprinter #davincimini  

 

プリンタノズル?をはめこみ、細長いケーブルを接続します。

https://www.instagram.com/p/BXkCdUMlnw1/ #3dprinter #davincimini  

 

フィラメントを流し込む?ケーブルをはめ込みます。

https://www.instagram.com/p/BXkCgvAl1-u/ #3dprinter #davincimini  

 

フィラメント部分にはこのようなパーツをはめ込みます。何用でしょうか?

https://www.instagram.com/p/BXkCoEglwA5/ #3dprinter #3dprint #3dプリンター #davincimini  

 

次にサイドの黒いパーツをはずし、フィラメントのケーブルをはめ込む穴を出します。

https://www.instagram.com/p/BXkCs1ulIXM/ #3dprint #3dprinter #davincimini  

 

フィラメントのケーブルをはめこみ、ケーブルの先を上部に差し込みます。

https://www.instagram.com/p/BXkC4hdlrHn/ #3dprinter #davincimini #3dプリンター #ダビンチミニ  

 

最後に台にシールを貼ります。 出来上がるとこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/BXkcZ7nFjuZ/ #3dprinting #3dprinter #davincimini #davinciminiw #xyzprinting #ダヴィンチmini #3dプリンター #stl #wifi #usb #philament #pla  

 

一応日本語マニュアルはついているのですが、写真が黒っぽくてわかりにくかったです。 しかし落ち着いてひとつひとつやっていくと、なんとか機器の組み立て自体はできました。   なお、本体取り付けについては動画も公開されています。細部についてはこちらを参照ください。

www.youtube.com  

3D印刷する

ダヴィンチではXYZプリンティングが無料ソフトを提供しています。 データをそちらで取り込んでから3Dプリントできます。 また3Dプリンタの設定もこのソフトから利用することができます。  

ただしマニュアルに書かれている「XYZウェア」は提供停止のためか見つからず、かわりの「XYZメイカー」というソフトを利用するようです。 マニュアルとは若干内容が異なるため、設定はちょっとしずらかったです。 

 

3D印刷の行程をまとめた動画はこちらです。 www.youtube.com  

さて、うちでは何度か挫折しながらもやっと出力できました。 うまくいかなかったのはフィラメントのロードで、びゅびゅびゅーっとノズルから出てこなかったところにあります。 出てくるまでの時間が結構かかったためです。4,5分?待ちましょう。  

 

こちらが出力風景。 こんな小さなダイスでも20分近くプリントにかかりました。

#3dprinter #davinimini #dice #3dプリンタ #ダビンチ #サイコロ  

 

ダビンチの不具合

紙のプリンタと比べると、まだまだトラブルや大変さがあるかな、というのが率直な印象です。 しかし数万円でこのぐらいの性能ならば、そろそろ3Dプリンタの購入というのも考えてみてもいいかもしれませんね。   

本体の不具合

ノズルがつまる

フィラメントの出がおかしくなった場合には、そろそろ内部のクリーニングを検討しましょう。 参考動画が公開されています。 フィラメントをはずし、ノズルのところにも付属の棒をさしこんで押し出したりしています。 www.youtube.com

 

フィーダーが詰まった場合には、フィーダーの個所を掃除します。 以下動画を参考に、カバーをはずして内部の歯車を掃除しましょう。 www.youtube.com

 

チューブでのトラブルの場合、チューブの端を切断してしまうといいかもしれません。 工程はこちら。 www.youtube.com

 

購入時にフィーダやノズルまわりは先に取り外して確認しておくいいかもしれません。 トラブルのときもスムーズに対応しやすいと思います。  

 

位置が正しくない

印刷モジュールの位置が正しくない場合の調整方法です。 以下動画が参考になります。

www.youtube.com  

 

また、ソフトウェアにもカリブレーション機能がありますから、それを利用してみるといいでしょう。 
   

プリント中に造形物がずれる

ダビンチミニで印刷中、途中で造形物が台座から外れてしまい印刷失敗となってしまいました。

f:id:apicode:20170818093112p:plain  

 

台座では、造形中動かないように固定される必要があり、一方終了時にはちゃんとくっついたのを取り外すという2つの性格が必要です。  

 

うちでは台座にスティク糊を塗布しています。 いまのところ、これで大丈夫です。 https://www.instagram.com/p/BX_pXpRlvWs/ #3dprint #glue #davincimini   

 

ソフトウェアのエラー

データがロードできない

ダビンチでは3Dプリント用ソフトとして「XYZウェア」や「XYZメイカー」といったものを無料提供しています。 しかしあるデータを入れたら「Runtime error!」となってロードできませんでした。 f:id:apicode:20170820090420p:plain  

このロードできなかったデータは、実は100MB以上もある非常にデータ量の大きいものでした。 それ以外のファイルは今のところロードできていますので、巨大すぎるファイルだとエラーで読めないケースがあるのかなという感じがします。   エラーの場合は、ファイル自体のサイズをチェックしてみましょう。

 

感想は?

利用感

機器のセットアップは思ったよりは、なんとか終えることができました。 しかしソフトのセットアップではマニュアルと記載が異なるため苦労しました。   今のところ3Dデータを指定して印刷モジュールが移動するところまでは確認できています。がフィラメントのリリースがうまくいっていません。   またせっかくのwifiモデルなのに設定が完了しません。   また動くようになったら更新したいと思います。  

 

(更新) 無事印刷できました。 フィラメントのリリースで材料が出てくるまでに思ったよりも時間がかかるためでした。   実際に印刷できるとやはりうれしいものです。   印刷中は結構音がします。やはりwifiモデルで好きな位置におけるほうがいいかもしれません。

また、(これは3Dプリント全体の問題でもあると思うのですが)出力サイズが小さくても結構時間がかかります。   ダヴィンチの場合、やはり精度をあまり求めすぎるのも難しいでしょう。   売り物にしたいレベルでキャラクタのフィギュアのような物を作る...というのにはやっぱり向いていません。   自分でちょっとした台や部品を作る....というぐらいがいいように思います。   おすすめの使い方については以下にまとめてみました。

 
  ...とはいえ、この価格でこのぐらいのものが自分で作れるのならば、結構悪くないと思います。  

 

ダヴィンチmini、買うならどれ?

今回買ったのは「ダヴィンチmini w」というwifi対応モデルです。

ただしwifi設定はうまくいきませんでした。

 

「XYZmaker」というソフトではwifiスキャンボタンが効かずです。

 

「XYZware」というソフトでは、wifiが認識されたのですが最後の接続の段階でエラーになります。  

 

もちろんすんなりつながる人もいるのでしょうが、このような場合を考えると、wifiなしでより安いモデルのほうを選ぶのもいいかもしれませんね。    


XYZプリンティング 3Dプリンター ダヴィンチ mini w 無線LAN対応モデル、 PLA/タフPLAに対応 コンパ
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 37,980*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

「買ってよかったもの」「悪かったもの」などのレビュー記事はこちらで一覧できます。

apicodes.hatenablog.com

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。