困ったー

マイクラ・フォートナイト・オキュラスで困ったことを調べたブログ

「こまったー」は困ったことを調べたブログです。

ARK |  7 Days To Die |  フォートナイト |  マイクラ |   

スポンサーリンク


【任天堂スイッチ】ダイイング:リボーン 序盤攻略・感想は?

ダイイング:リボーンDYING REBORNは、いわゆる脱出ゲーム系の作品です。なぜか?魚の頭をフィーチャーしたメインビジュアルは、ロッテファンもびっくりのインパクト十分です。思わず衝動買いをしてしまいましたので以下レビューしていきます。

ダイイング:リボーンとは?

スイッチ用脱出ゲームです。

シングルプレイヤーのみ対応。

PS4ではすでにリリースされているようです。

 

  • 価格:1,155円
  • メーカー:Coconut Island Games
  • 種類:脱出ゲーム

 

 

ダイイング:リボーンの始め方

起動するとこんな感じ。

ロッテファンもびっくり!の魚のメイン画像はいったい何を意味するのでしょう...

f:id:apicode:20190117232904j:plain

 

まずはセクション1から。

f:id:apicode:20190117232901j:plain

 

部屋は3D空間で自由に見上げたり近寄ったりできます。

視点ポイントが中央に表示され、白色が赤色にかわるとどうやらアクティブポイントとなります。

f:id:apicode:20190117232910j:plain

 

探しているときに見つかったアイテムはLキーで一覧できます。

f:id:apicode:20190117232915j:plain

 

序盤攻略 コイン

壁にかけてある傘をゲット。

f:id:apicode:20190118094213j:plain

 

机の上にある瓶を取り上げて振ってみるとコインが!

f:id:apicode:20190118094232j:plain

 

落ちたコインを傘でゲット。やったぜー。

f:id:apicode:20190118094247j:plain

 

序盤攻略 ピアノ編

いかにも怪しいといった感じのピアノ。

f:id:apicode:20190118094438j:plain

 

最初は適当に引いているだけでアイテムのダーツが登場。

f:id:apicode:20190118094452j:plain

 

いかにも秘密のコードといったデザインのボードがあります。

1つ1つは鍵盤っぽいので弾く順番だと思いますが、わかりません。

でも、ぼーっとこの絵柄全体を見ていると縦長の数字が羅列されていることに気づくかもしれません。

f:id:apicode:20190118094454j:plain

 

秘密のコードを鍵盤で弾くと、ワイヤカッターが出現。やったぜー。

f:id:apicode:20190118094457j:plain

 

序盤攻略 鍵編

気のドアを調べると、落ちてきた絵にドライバーの一部がささっています。I have a ドライバーの先。

f:id:apicode:20190118094856j:plain

 

引き出しにはもうひとつの部品。I have a ドライバーの柄。

f:id:apicode:20190118094859j:plain

 

I have a ドライバーのさき、I have aドライバーの柄、...ううっ、どらいばー!

f:id:apicode:20190118094909j:plain

 

ベッドの横の目覚まし時計にドライバーを使います。

i have a ドライバー、i have a 目覚まし時計 ... ううっ!鍵!

f:id:apicode:20190118094918j:plain



ドア編

ワイヤカッターでワイヤを切断。

f:id:apicode:20190118094747j:plain

 

秘密の装置にコインを挿入。

f:id:apicode:20190118094750j:plain

 

やっと脱出かと思いきや、次なる暗号入力画面が待ち受けているのだった...

f:id:apicode:20190118094752j:plain



 

ダイイング:リボーンの感想は?

まだ序盤しかやってないのですが難易度は高めで、攻略サイトをみないとなかなかすぐには進まないように思いました。

 

視点の自由度が高いので、部屋を結構くまなく探さないといけないことなども影響しています。

 

操作もアイテムのところは若干使いにくい印象でした。

 

とはいえ、スマホの無料脱出ゲームのようにすいすい簡単に進みすぎてもつまらないかもしれません。

食べ応えのある?脱出ゲームが好きな人向けでしょうか。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ